管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで 20080815の記録
FC2ブログ

2019/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/01

■本日の日経225
 現在値13019.41(+62.61)
■本日の評価損益
 +0円
■通算評価損益(since20061127)
 +12,542,404円

■本日の売買記録
 売買なし

■現在のポジション
  ノーポジ

■リスク指標など
  限月   デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  ノーポジのため指標なし

  SPAN証拠金額×120% 0円
  ネット・オプション価値総額 0円(終値で計算)
  必要証拠金額 0円
  証拠金余力 5,542,404円(※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています)

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 省略します。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています
ご無沙汰しています。
トレードを休止して随分たちましたね。
いかがお過ごしですか?

2/14 +559円
2/20 -448円
3/ 3 -611円
3/17 -455円
4/ 3 +533円

上位,5番が24週外になりつつあります。
これに伴い,プライス・スキャンレンジは・・・

570円
8/11 540円
9/ 1 480円 予定

一方,ボラティリティ・スキャンレンジも・・・

11.6%
7/28  8.2%
8/ 4  7.0%
9/ 1  6.1% 予定

これらは日経平均のボラティリティ低下に伴い,オプションのIV低下に繋がっています。
いわゆる『ボラは微笑まない』状況になりつつあります。
しかし,逆にSPAN証拠金の低下にもつながり,レバレッジを掛けられる事になります。
つまり,ポジションサイズの調整が必要になりますね。

てつやさん,大阪証券取引所のHPを隅から隅まで,熟読すると良いですよ。
本の延長やギリシャ文字の追求とは違った,別の切り口が見えてくるかもしれません。

2008/08/16(土) 18:40 | URL | GA #-[ 編集]
Re:ご無沙汰しています
GAさん、コメントありがとうございます。
私は最近は相場を見ているだけです。一時は必勝の方法がないかを探してたのですが、なかなか難しいですね。必勝法探しはあきらめました。現状はコール買いで勝負をしようかどうか迷っててタイミングをみている状況です。(こんな状況が3か月ぐらい続いているのですが、これぞと感じるタイミングがいまのところありません。)
>大阪証券取引所のHPを隅から隅まで,熟読すると良いですよ。
今度、読んでみます。
2008/08/16(土) 23:38 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
無題
>現状はコール買いで勝負をしようかどうか迷っててタイミングをみている状況です。

てつやさんは株式や先物(相場の上げ下げに賭ける)の経験はお持ちでしょうか?
コール買いで成功された,2006年12月から翌2月までの上昇局面で,明快な損切りルールとポジションサイズで先物買いをした場合とコール買いではどちらに優位性があったのでしょうか?

>一時は必勝の方法がないかを探してたのですが、なかなか難しいですね。
>必勝法探しはあきらめました。

私も株式投資の時代から必勝法探しはしていました(笑)
今はどの様な局面(たとえば暴落)でも最悪±0にする投資法を探しています。
長年やっていた株式からオプションに換えた理由もこの辺にあるのですけど。
株でポジションを持ったときすでにマイナス損益からスタートしています。

投資法としてシンプルな株式や先物に対して,複雑なオプションをあえて選択する意味や優位性はどこにあるのでしょうか?
私はオブションの本に書かれている相場の上げ下げに賭ける手法すべて優位性は無いと考えています。
オプション投資の意味はタイムバリューをいかに安全に自分の物にするかと言うことだと思います。
この手法が自分なりに確立できなければ,オプション投資にこだわる必要はありません。
タイムバリューと言うと,ショートストラドルやストラングルが思い浮かびますが・・・
これらの手法はリスク管理について何も考慮されていません。
つまり,損切りポンントの設定しか無いって事は,まだ株式や先物に対して何も優位性なんてないですね。

だらだらと書いてしまって,てつやさんを迷わす事にならなければよいのですが・・・

2008/08/17(日) 08:57 | URL | GA #-[ 編集]
Re:無題
コメントありがとうございます。
いくつか質問されてますので、私なりの考えを述べてみます。

>てつやさんは株式や先物(相場の上げ下げに賭ける)の経験はお持ちでしょうか?
ありますが、オプションに比べるとポジションは小さかったです。

>コール買いで成功された,2006年12月から翌2月までの上昇局面で,明快な損切りルールとポジションサイズで先物買いをした場合とコール買いではどちらに優位性があったのでしょうか?
相場が大きく変動するタイミングでは、オプション買いが有利だと思います。損失を限定しつつより高いレバレッジで利益を得ることができると思います。

>投資法としてシンプルな株式や先物に対して,複雑なオプションをあえて選択する意味や優位性はどこにあるのでしょうか?
デルタ以外のリスクに投資できることだと思います。IVの上下を狙った手法などがその一例だと思います。

>私はオブションの本に書かれている…まだ株式や先物に対して何も優位性なんてないですね。
オプションの優位性は、相場変動(=デルタ)にかかわらず、利益を得ることができることだと思います。デルタで勝負するならば先物が優位でしょうね。
2008/08/17(日) 10:10 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
無題
てつやさん,早い回答ありがとうございます。
てつやさんの考えは解りました。
2,3番目は,成功体験から来ているのだろうと思います。
『コール買いで勝負』が成功するのは,アメリカ様のノー天気な買いが復活した時だと思います。
がんばって下さい

2008/08/17(日) 21:53 | URL | GA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkei225indexoption.blog86.fc2.com/tb.php/513-dfc2879e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック