管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで カレンダースプレッド大研究
カレンダースプレッドについて研究してみました。
・有効な戦略かどうか、どういう場合に使えるか
・権利行使価格はどのように選択すればよいか、またコールとプットのどちらで建てるか
・カレンダースプレッドと他の戦略の比較

■はじめに・・・カレンダースプレッドとは
・コールまたはプットの異限月間のスプレッド取引である
・ある権利行使価格の期近限月を売り、期先限月を買う取引をいう(逆に期近限月を買い、期先限月を売る場合は、リバースカレンダースプレッドという(今回の大研究の対象外))
・カレンダースプレッドは、価格が一定レンジの範囲内で動く場合に利益が出る戦略である
・カレンダースプレッドで利益が出るのは、2つの限月のタイムディケイの差があるからである(直近限月の時間価値が剥げるのが早い)
・期先限月のIVが期近限月のIVより急激に減少する場合は価格が一定レンジ内であっても利益にならない場合がある

─────────────────────────────────
この先の説明では図を使っています。図が大量にあるので
下の方にある『 [カレンダースプレッド大研究]の続きを読む 』
をクリックしてご参考にしてください
また、以下は素人の私の考察なので、間違いがあればご指摘ください
─────────────────────────────────

■権利行使価格の選択について(利益になるのはどういう場合か)
 カレンダースプレッドでは、価格が一定レンジの範囲内で動く場合に利益になります。では、想定する価格レンジに対してどの権利行使価格を選べばよいのでしょうか。
●結論:想定するレンジの中間の権利行使価格を選ぶ
 現時点でスプレッドを組み、2月SQ前に決済する場合、選択した権利行使価格で決済した場合に利益が最大になり、その±500円程度の範囲内で利益になる
※参考図
   図1-1-1~3・・・コール180でのカレンダースプレッド
   図1-2-1~3・・・コール175でのカレンダースプレッド
   図1-3-1~3・・・コール170でのカレンダースプレッド
   図2-1-1~3・・・プット175でのカレンダースプレッド
   図2-2-1~3・・・プット170でのカレンダースプレッド
   図2-3-1~3・・・プット165でのカレンダースプレッド

■コールで組むか、プットで組むか
 この議論をする場合に、本来IVの影響を考える必要があります。今後コールのIVが上がるのならばコールで組むのが良いし、プットのIVが上がる上がるのならばプットで組むのが良いです。しかし、一般的にIVが上がる局面は価格変動が激しくなる局面と考えられるので、その場合、カレンダースプレッドの戦略は適切でありません。この議論ではIVの影響を無視します。
●結論:権利行使価格がATMならばどちらでも良い、そうでなければOTMを選ぶ(コールがOTMならばコールを、プットがOTMならばプットを選ぶ)→理由は、権利行使価格が同じであればコールで建ててもプットでも損益曲線はほぼ同じです。ならば、プレミアムが低いOTMのほうが有利と考えます。
※参考図
   図1-2-1~3・・・コール175でのカレンダースプレッド と
   図2-1-1~3・・・プット175でのカレンダースプレッド を比較

   図1-3-1~3・・・コール170でのカレンダースプレッド と
   図2-2-1~3・・・プット170でのカレンダースプレッド を比較

■ショートストラドルとの比較
 カレンダースプレッドとショートストラドルにリスクヘッジをかけた場合を比べると、その損益曲線は比較的似ています。どちらが有利でしょうか
●結論:どちらが有利とはいえないが、カレンダースプレッドの方が利益になりやすい。コール175で比較すると
・カレンダースプレッドが利益になる価格幅が約1000円に対して、ショートストラドルは約800円弱と幅が狭い
・最大利益は、カレンダースプレッドが10万円あまりに対して、ショートストラドルは20万円以上と高く、その点でショートストラドルに魅力がある
・最大損失はどちらも限定されているが、ショートストラドルの方が損失が少ない
※参考図
   図1-2-1~3・・・コール175でのカレンダースプレッド と
   図1-4-1~3・・・175でショートストラドルをヘッジ付で建てた場合 を比較

   図2-2-1~3・・・プット170でのカレンダースプレッド と
   図2-4-1~3・・・170でショートストラドルをヘッジ付で建てた場合 を比較

■現在価格とかけ離れた権利行使価格のカレンダースプレッドは利用価値があるでしょうか
 仕掛けるとしたら、将来価格が上昇または下降を予測していることになります。将来価格をピッタリと予想すれば利益にはなるが、もっと有利な方法があるのではないか
●結論:利用価値はほとんどない。他の戦略を使うべきである。参考として、デビットスプレッドと比較しましたが、利益になる価格幅、またその利益の額のいずれにおいてもデビットスプレッドが有利である。
※参考図
   図1-1-1~3・・・コール180でのカレンダースプレッド と
   図1-5-1~3・・・デビットスプレッド を比較

■カレンダースプレッドの合成ポジションについて
 日経225の権利行使価格は500円刻みになっている。例えば、今後の価格変動が17250円を中心に動くと想定するときにプット170のカレンダースプレッドとコール175のカレンダースプレッドの合成ポジションで利益を狙う方法が考えられます。その方法は有効なのでしょうか。
●結論:利益が少ない割にはリスクが高いのでやめたほうが良い。それよりは、ショートストラングルが断然有利である
※参考図
   図1-2-1~3・・・コール175でのカレンダースプレッド
   図2-1-1~3・・・プット175でのカレンダースプレッド
   図1-3-1~3・・・コール170でのカレンダースプレッド
   図2-2-1~3・・・プット170でのカレンダースプレッド
   の以上の4つと
   図3-1-1~3・・・プット170とコール175のカレンダースプレッドの合成ポジション を比較

   図3-1-1~3・・・プット170とコール175のカレンダースプレッドの合成ポジション と
   図3-2-1~3・・・ショートストラングルをヘッジ付で建てた場合 を比較

■■最終結論 カレンダースプレッドは使えるか
 使える戦略だ思います。但し、使うタイミングが難しいです。(日経225は1ヶ月で1000円の変動幅があります-実際に2005年8月以降はだいたい1000円以上の変動幅がありました)
今回の研究でカレンダースプレッドの特徴がわかったので、適切なタイミングが来たときに利用を検討したいと思います。

──────────────────────────────────
【図の説明】
 ・3枚で1セットになっています
   1枚目・・・ポジション設定(価格は1/19終値、手数料は考慮しない)
   2枚目・・・現時点での損益曲線
   3枚目・・・2月SQ前日時点での損益曲線
 ・図は次のポジションの損益表です
   図1-1-1~3・・・コール180でのカレンダースプレッド
   図1-2-1~3・・・コール175でのカレンダースプレッド
   図1-3-1~3・・・コール170でのカレンダースプレッド
   図1-4-1~3・・・175でショートストラドルをヘッジ付で建てた場合(図1-2-1~3との比較用)
   図1-5-1~3・・・デビットスプレッド(図1-1-1~3との比較用)
   図2-1-1~3・・・プット175でのカレンダースプレッド
   図2-2-1~3・・・プット170でのカレンダースプレッド
   図2-3-1~3・・・プット165でのカレンダースプレッド
   図2-3-1~3・・・プット165でのカレンダースプレッド
   図2-4-1~3・・・170でショートストラドルをヘッジ付で建てた場合(図2-2-1~3との比較用)
   図3-1-1~3・・・プット170とコール175のカレンダースプレッドの合成ポジション
   図3-2-1~3・・・ショートストラングルをヘッジ付で建てた場合(図3-1-1~3との比較用)

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image111.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image112.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image113.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image121.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image122.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image123.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image131.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image132.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image133.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image141.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image142.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image143.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image151.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image152.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image153.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image211.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image212.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image213.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image221.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image222.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image223.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image231.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image232.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image233.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image241.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image242.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image243.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image311.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image312.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image313.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image321.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image322.gif

20070120_1_カレンダースプレッド研究_image323.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今回は力作でしたね!
すごい分せきですね。
で、カレンダースプレッドのタイミングは難しいとのことですが、適切なタイミングとはどんなタイミングでしょう?相場が動かないときですか?それはだれにもわかりませんね?
2007/01/21(日) 17:40 | URL | OP初心者 #-[ 編集]
Re:OP初心者さんへの返信です
OP初心者さん、コメントありがとうございます。
そうなんです。力作なんです。昨日から足掛け二日間かけて書きました。
タイミングが難しい件ですが、相場が動かない日を予想するのは簡単でありません。それも1日程度動かない程度では利益になるかどうかも難しいです。せめて1週間程度の日数が欲しいです。その時に目標の権利行使価格になっていれば、決済してサヤ取りができます。例えば今現在の状況ですが、17500を目前に足踏みしています。これがある程度の時間をかけて17500に到達すると判断すれば仕掛けると良いと思います。しかし私が考える現在の状況は17500は2~3日後にも到達し、その後も上昇すると考えているのです。なので、私にとって今は仕掛けるタイミングではないと考えています。
2007/01/21(日) 18:08 | URL | てつや #-[ 編集]
なるほど
勉強になりました。
しかし、今後、1週間動かないかどうかって、やっぱり予測不可能ですよね?
一点。説明のクレジットスプレッドは、デビットスプレッドのまちがいでは?
2007/01/21(日) 19:37 | URL | OP初心者 #-[ 編集]
Re:OP初心者さんへの返信です
OP初心者さん、コメントありがとうございます。そしてご指摘ありがとうございます。
>しかし、今後、1週間動かないかどうかって、やっぱり予測不可能ですよね?
そうですよね。しかし、全く動かなければ儲からないわけではなく、予想した権利行使価格の方へ向かって動き、その価格あたりで値動きが小さければよいので予測不可能というわけではないと思います。でも簡単ではないですよね。私もそう思います。
>説明のクレジットスプレッドは、デビットスプレッドのまちがいでは?
その通り、間違いです。修正します。でも修正大変なんです。泣き。
2007/01/21(日) 20:03 | URL | てつや #-[ 編集]
追伸
>説明のクレジットスプレッドは、デビットスプレッドのまちがいでは?
→修正完了しました。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
2007/01/21(日) 20:38 | URL | てつや #-[ 編集]
いつも覗かせてもらってます。
全然関係のない話ですが、
画面のハードコピーは
どこの証券会社のものでしょうか?
私が使用している証券会社では
そのような損益分析機能がついていないので教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。
2007/01/21(日) 22:09 | URL | kuma #-[ 編集]
Re:kumaさんへの返信です
kumaさん、コメントありがとうございます。また、いつもご訪問いただき大変うれしく思います。
ご質問の件ですが、証券会社のものではありません。どういう会社が運営しているのか私もよくわからないのですが、下記URLで利用できます。
http://www.dreamvisor.com/option/index.cgi
私も、これを本格的に使ったのは今回が初めてなんです。結構利用価値がありそうです。
今後ともよろしくお願いします。
2007/01/21(日) 22:53 | URL | てつや #-[ 編集]
こんばんは、カレンダーの話題が出ていたので、私見を述べさせてもらいます。
期近を売り、期先を買う、というスプレッド、エントリーの時期と手仕舞いの時期を間違えなければ、確実に利が乗ります。

このポジションは、225がどうなれ、期近は、ゼロに近く下落し、期先は、プレミアムがさほど減少しない、時に利益が上がります。
では、それは、いつか??

上昇相場が、続くと想定されるとき
には、当然プットで仕掛けます。
この取引は、デルタの差を利益としているので、ストライクプライスが同じであれば、期近のデルタが、上昇した時に、つれれて上昇したプレミアムを「売る」訳です。しかし,期近は、ボラティーにも敏感になっておりますので、そのハイボラを売り、時間のある期先(プレミアムの変化は、乏しい)で、逆方向のヘッジ、時間のヘッジを行い、sq近くになった頃、1円2円になった期近を買い戻し、さほど減らなかった期先を若干の損で、手仕舞うことでしょうか???

期近を結構の枚数を売らないと、確実な利益が乗らないのでしょうか??
2007/01/22(月) 01:43 | URL | 225knockout #8qQXnh36[ 編集]
カレンダーは難しい!?
はじめまして。
わかりやすい図表ですね。
DereamVisorは私も愛用しています。
カレンダーは何度か試みましたが実際仕掛は難しいですね。
結果私は1段ずらした変則カレンダーに行き着きました。
2007/01/22(月) 07:41 | URL | すみパパ #-[ 編集]
Re:225knockoutさんへの返信です
225knockoutさん、コメントありがとうございます。また、貴重なご意見をありがとうございます。
ちょっと考えてみたのですが、私には理解できません。
具体的に例示して考えたいと思います。
①上昇相場が続くと考える(現在、17300→近い内に17500になると考える)
②プットで仕掛ける(2月限プット175を売り、3月限プット175を買う・・・図2-1-1~3に相当する)
ということだと思います。
解らないのは、この時、コール175で仕掛けるよりプット175で仕掛けるのがなぜ良いのか、また、そもそも上昇相場が続くと考えるならば、単純なコール買やその他の戦略の方が有利なのではないだろうか、ということです。
この件は、改めてじっくりと考えてみたいと思います。
2007/01/22(月) 07:51 | URL | てつや #-[ 編集]
Re:すみパパさんへの返信です。
すみパパさん、コメントありがとうございます。
是非是非、教えてください。
>結果私は1段ずらした変則カレンダーに行き着きました。
具体的にどのような戦略なんですか?
すごく知りたいです。よろしくお願いします。
2007/01/22(月) 07:55 | URL | てつや #-[ 編集]
変則カレンダーは、期近売り、1つアウトの期先買いにより
純粋にタイムディケイを狙う戦略です。
ただし、売玉がITMにならないことが大前提。
以下を参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/masure4/e/59717d7ea6b22bf13dffc52bd681d458
スプレッドが小さいのでカレンダーより負けにくい。
逆にカレンダーはスプレッドが大きいので、はずしたときの損失がやや大きい。
いずれも証拠金が少ないというメリットがあります。
なお、カレンダーは停滞相場の買い戦略(デルタはプラス)なので、
上昇予測ならコールでセットするのが基本ですが
実際は、SQ値の1つ下のプットでも利益になることはあるようです。
ずーっと上昇することを予測するるなら先物買い、コール買い、デビットの方がよいでしょう。
なお単純コール買いのリスクは、動かなかったときや調整したとき、
例えばSQ前の急落などでプレミアムを失うことです。
2007/01/22(月) 18:56 | URL | OP初心者 #-[ 編集]
すみません、投稿時にコピーミスで他の方のハンドルが間違って入力されたようです。上記投稿は私のものです。失礼しました。
2007/01/22(月) 19:00 | URL | すみパパ #-[ 編集]
Re:すみパパさんへの返信です
すみパパさん、ご説明ありがとうございます。大変良くわかりました。リンクはすみパパさんのブログですね。今度じっくりと読ませていただこうと思います。
変則カレンダーでシミュレーションしてみました。現状を次の状態と判断した場合→17500を目前に足踏み&当面の天井は17500あたりであろう&暫くはこの状態が続きそう。この場合、02C175売り&03C180買いで建てると理想的な損益曲線になりますね。しかもネットで受け取りのポジションであり、利益を得る可能性が非常に高い戦略と思います。
今私は日経225はまだ暫く上昇すると考えていますが、18000を超えるかどうかは微妙だと思っています。18000に近づいてきたときに変則カレンダーの戦略を検討してみたいと考えています。
ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
2007/01/22(月) 20:04 | URL | てつや #-[ 編集]
カレンダーは未体験
期近がタイムディケイが激しいので云々の理屈では分かるのですが、体感的にいつ仕掛けて、いつイグジットすればいいのか分からないので、カレンダー・リバースカレンダーともに建てたことはありません。Sストラドル・Sストラングル・ホライゾンタルスプレッド・コンドル・バタフライ等普通の戦略のみで戦ってます。それにしても力作ですね。お疲れ様です。
2007/01/23(火) 17:58 | URL | たかし #8yRZ.Oq.[ 編集]
Re:たかしさんへの返信です
たかしさん、コメントありがとうございます。
やはり、カレンダーは仕掛けのタイミングなど難しいんですね。今回の研究で特徴はわかったので、良いタイミングがあれば試してみたいと思います。
P.S.たかしさんのブログをのぞかせていただきました。おもしろいポジションを作ってらっしゃいますね。目指せ18000超え。私も希望しています。
2007/01/23(火) 23:35 | URL | てつや #-[ 編集]
てつやさんの疑問について
こんばんは、上昇時のプットがよいといったことについてです。
言葉足らずだったので、補足いたします。ファーアウトのコールなら、
たとえば、185,190ならコールがよいと思います、ただ、9円,10円,15円のところが板が厚いための執行ロスと手数料のコストを考えると、薄利多売が出来る、ブローカーには、かないません。

あと、
 <解らないのは、この時、コール175で仕掛けるよりプット175で仕掛けるのがなぜ良いのか、

ですが、これは、急騰した場合のコール175の売り玉の証拠金が、突如,膨大となり、枚数が多いとアット間に、「強制決済」となるリスクがあるからです。プレミアムだけでしたら、コールのほうが、瞬間的利益は、多いと思います。

>また、そもそも上昇相場が続くと考えるならば、単純なコール買やその他の戦略の方が有利なのではないだろうか

ですが、
そのとうりです。
sqまで、一本調子で、上昇、しかも500円上、とか750円上とかわかっているなら、コールのネイキッドが、最高です。

しかし、残念ながら、コール買いには、
1)引けのじり安(1月22日の後場のようなとき)、

2)持ち合い(本日のように、先物10円高なのに、プレミアムの減少)

3)急落(1月sqの直前)

という弱点があるので、先が見えるときにしか、ポジションが傾けられません。(もっとも、有限の資金では、弱点のない合成は、考えられません)
ちょっと、臆病なノックアウト君でした。
2007/01/24(水) 00:49 | URL | 225knockout #8qQXnh36[ 編集]
Re:225knockoutさんへの返信です
225knockoutさん、補足のご説明ありがとうございます。
コール175よりプット175で仕掛ける方が有利な点として証拠金があったのですね。その点に関して私は全く考えていませんでした。今度、コールとプットの必要証拠金について、シミュレーションしてみたいと思います。大変参考になりました。ありがとうございました。
2007/01/24(水) 01:11 | URL | てつや #6AObPM3w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkei225indexoption.blog86.fc2.com/tb.php/42-f15d358b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カレンダー・プット・スプレッドの集合は結局、上がっても下がってもダメな典型的なガンマショートポジションなのに何が暴落対策なのだ?という質問に答えよう。 キーワードは"維持"である。 上昇相場で踏まれてマイナスが出るポジションは維持が難しい。維持するためのトレーディング=新規ポジションの積み重ねについては既に述べたが、さらなる維持によってこのポジションがどのように変化していくか? 想像して欲し...
2014/09/11(木) 21:10:57 | 投資一族のブログ