管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで 20080115の記録
FC2ブログ

2019/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2019/10

★ざら場の記録
 下の方にあるリンク [2007XXXXの記録]の続きを読む、をご覧ください

■本日の日経225
 13972.63(-138.16)
■本日の評価損益
 -80,000円
■通算評価損益(since20061127)
 11,188,995円

■本日の売買記録
 なし

■現在のポジション
 <ロングコンドル>
   0802限P-130 買建 4枚(@ 90)
   0802限P-130 買建 4枚(@125)
   0802限P-135 売建 4枚(@160)
   0802限P-135 売建 4枚(@220)
   0802限C-150 売建 4枚(@140)
   0802限C-160 買建 4枚(@ 25)

■リスク指標など
  限月   デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  採取もれ

  SPAN証拠金額×120% 772,800円
  ネット・オプション価値総額 -1,320,000円(終値で計算)
  必要証拠金額 2,066,160円
  証拠金余力 5,442,835円(※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています)

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 日経225がとうとう14000割れとなり13000台に突入しました。もうしばらく低迷するのかもしれませんね。
 戦略は変化なしです。もうしばらくロングコンドルを維持する予定です。



★ざら場の記録

■寄り前
 CME日経先物 14210(大証比+40)

■ 9時01分 、先物: 14180 ( 10 )、値洗い: 89.0 、平均IV: 30.24
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      89.0         0.18      -0.16      32.1      -54.9
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 寄り付きは少し弱めです。

■ 9時34分 、先物: 14220 ( 50 )、値洗い: 148.4 、平均IV: 29.87
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      148.4         0.11      -0.16      31.4      -55.6
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 相場は小動きです。IVが若干低下しているようで、値洗いが少し良くなっています。

■ 10時12分 、先物: 14190 ( 20 )、値洗い: 154.3 、平均IV: 29.96
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      154.3         0.14      -0.16      30.1      -54.3
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 平和な相場です。相場の動きは少ないです。IVも高いですが安定しています。今日はこのまま変化なく終わるのでしょうか?

■ 11時00分 、先物: 14210 ( 40 )、値洗い: 166.7 、平均IV: 29.93
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      166.7         0.11      -0.16      30.2      -54.7
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 平和なうちに前引けです。

■ 12時30分 、先物: 14190 ( 20 )、値洗い: 128.6 、平均IV: 29.93
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      128.6         0.16      -0.16      31.0      -54.8
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 後場です。

■ 13時10分 、先物: 14020 ( -150 )、値洗い: 42.8 、平均IV: 30.83
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      42.8         0.38      -0.14      26.9      -48.0
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 相場は下落しています。一時的にですが、先物が13000台まで下げました。IVは少し上昇しています。

■ 14時17分 、先物: 13980 ( -190 )、値洗い: 30.5 、平均IV: 31.17
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      30.5         0.42      -0.14      25.6      -46.3
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 相場は低迷中です。IVは大分上昇しています。

■ 15時10分 、先物: 13980 ( -190 )、値洗い: -30.4 、平均IV: 31.70
      値洗い前日比   デルタ    ガンマ    セータ    ベガ
 【①デイトレ用1】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【②デイトレ用2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0
 【③ロングコンドル】2P130L8,2P135S8,2C150S4,2C160L4
      -30.4         0.40      -0.13      26.6      -46.2
 【④戦略2】
      0.0         0.00      0.00      0.0      0.0

 大引けです。引け値でも13000台に突入しました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ノックイン債爆弾炸裂に向けて後場急落.
2008/01/15(火) 13:02 | URL | いちろー #-[ 編集]
いちろーさん、コメントありがとうございます。
先日、コメントにも書いたのですが、ノックイン債が相場に及ぼす影響はほとんどないと考えていますが、どうでしょうね。
何か詳しい情報をお持ちでしたら教えてください。
2008/01/15(火) 13:21 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
ノックイン債の仕組みについては先週リンクを張ったはずです.それを読まれましたか?
・ノックイン価格までは先物の買い需要になる.
・買い需要の分はプットのオーバーヘッジになってたまっていく.
・ノックインした瞬間,オーバーヘッジ分の先物が巨大な売り需要になって炸裂する.
ということです.

なぜてつやさんがノックインしても売り需要にならないと考えているのか僕には理解できません.
2008/01/15(火) 13:32 | URL | いちろー #-[ 編集]
もちろんプットのカバーが先物のみでされているわけではないだろうから,どのくらいの売り需要になるかは炸裂してみないとわかりません.
2008/01/15(火) 13:36 | URL | いちろー #-[ 編集]
ノックイン債
はじめまして。
ノックイン債について次のページにも書かれています。ご参考にどうぞ
http://www.vistanews.co.jp/modules/topics5/
2008/01/15(火) 13:40 | URL | TY #-[ 編集]
それから,ノックイン債の販売金額ですが,てつやさんはたいしたことないと言っていましたが,それはどこのソースからの情報ですか?

もちろん正確な金額はわかりませんが,14200円以下のノックイン債の販売金額は1兆円以上だと言われています.すでに14200,14000がノックインしました.
この情報ソースはMrデリバティブ,ひまわり証券の堀川さんです.彼自身も元ディーラーであり,現在でもディーラーの友人がたくさんいるそうです.また証券会社の人間なので少なくともいい加減な情報ではないと思いますが.
2008/01/15(火) 13:42 | URL | いちろー #-[ 編集]
リンク債よりサブプライム
いつも楽しく読ませていただいております。

リンク債の件ですが、マスコミの論調だと、ノックインした瞬間に成り行きでデルタヘッジが解消されるような言われ方がされていますが、自己のオペレーターが指くわえて待ってるもんじゃないでしょう。
B&S式以前のオプショントレード時代ならいざ知らず、オーバーヘッジ分の調整は数学的に随時行っているはずです。

そんなことより、サブプライムローン問題をもっと深刻に考えるべきだと思います。
http://blog.livedoor.jp/booboowambo/archives/51022600.html
2008/01/15(火) 13:58 | URL | booboowambo #-[ 編集]
ノックイン債
個人でも計算できるようなBS式を使わないエキゾチックオプションをわざわざ使うというのは、できるだけ原価をあやふやにしてボッタくろうという魂胆なんでしょうが、余計な疑心暗鬼を生じさせている面もありますね。結局は幽霊の正体見たり枯れ尾花、の類の話なんだろうとは思いますが。皆がそう思いこめば根拠がオカルトだろうとなんだろうと事実になるのが市場というものですからねえ。
まあ、我々ゴミトレーダーは理屈よりも現実に起きている変動を収益に変えていくのがまず第一ということで。
2008/01/15(火) 14:20 | URL | AC #gjyayttY[ 編集]
ノックイン債
皆さん、たくさんのコメントありがとうございます。

●私がわからないこと
 ノックインすると大量の先物売りがでるということ。
 機関投資家はノックイン債(プット)を買っているので、先物買いでデルタヘッジをしているといいいます。ノックイン価格を割り込んだ際にその先物を売ってしまうとすると、今後デルタリスクが発生することになるのではないでしょうか。このメカニズムを詳しくしりたいと考えています。←私は大量先物売りの発生をうそくさいと考えているのです。

●ノックイン債の規模は過去と比べて小さいらしい。
 ただ、「2001年頃の設定規模と比べれば格段に少ないはず。ノックイン価格も1万1000―1万2000円が中心であり、現在の水準で過度に警戒することもないのだが」と壁谷氏は指摘している。
 ソース:http://jp.reuters.com/articlePrint?articleId=JPJAPAN-29724620080111

●TYさん
 参考になります。この記事を書いたかたも私と同じく「ノックインが価格下落になる理由が良くわからない」というスタンスですね。

●booboowambo
 サブプライムローンは確かに大問題なのですが、深刻な問題なのは米国経済なのに、米国株はそこそこ元気で日本株は瀕死になっているという、不思議な現象がおきていますね。

●ACさん
>皆がそう思いこめば根拠がオカルトだろうとなんだろうと事実になるのが市場というものですからねえ。
 そういった類かもしれないですね。
2008/01/15(火) 14:40 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
相場のことは相場に聞けといいます.
現実に起こっていることに対処することがもっとも大事であるとマーケットの魔術師にも書いてあります.

日本市場は年初から明らかに下げトレンドにありますが,PERの面から見ると今日の14000割れで15倍を割り込みました.2003年日経8000円の時と違い,企業の利益はしっかり出ています.どう考えても割安な水準に近づいてきていますが,現在の需給は最悪です.この需給がいつ反転するかが(いつ外国人が買ってくるかが)重要だと思います.
2008/01/15(火) 14:41 | URL | いちろー #-[ 編集]
落ちこぼれ?
>米国株はそこそこ元気で日本株は瀕死になっている

カゼをひくと弱い部分がやられるみたいなモノですかね
私の場合は腰の関節とか

すいません、茶々でした
2008/01/15(火) 14:47 | URL | 銀次郎 #-[ 編集]
引き続き、ノックイン債
ノックイン債に対して、先物のオーバーヘッジという言葉が出てきていますが、これも良くわかりません。

例えば、下記のようなノックイン債もどきを考えてみます。
・現在の日経平均14000
・3月SQまでに、12000を割るとノックイン
・販売額、14億円(※先物100枚分相当)
これはつまり、ノックイン債の買い手は、3月限120プット(3P120)を合計100枚売っているようなもので、逆に販売側は、3P120を買っているようなものだと思います。

3P120のデルタは、-0.14なので、販売側はデルタヘッジの為に、14枚の先物を買うことになります。
今後下落して、日経平均が12000に近づけば、3P120のデルタは-0.5に近づき、デルタヘッジの枚数は、最大50枚になります。
さて、とうとう日経平均が12000を割れてノックインしました。この時点で債権の買い手は、プット売りのポジションが解消され、先物買いのポジションと変わります。(今後は債権価格が日経平均に連動するようになります。)
売り手は、デルタヘッジとして、合計100枚の先物が必要になります。

さて、上記のように考えると、ノックインした瞬間に、デルタヘッジの先物が不足するので、50枚の先物買いが必要になります。
不思議です。先物の大量売りも発生しないし、オーバーヘッジもあり得ません。
では、これらの矛盾を解決するには?
そうです。商品設計を変えるのです。最初に3P120を100枚売買するのではなく、たとえば、300枚とか売買するのです。そうすれば、オーバーヘッジにもなりますし、ノックインで大量の先物売り浴びせも発生し得ます。
実際はどういう商品設計になっているのでしょうね。不思議です。
2008/01/15(火) 15:34 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
ノックイン債の話
過去の例を見るとノックイン債の話が出ると、そこは底です。
エド・スィコータが「雑誌の表紙を見ろ」と言っていますが、
同じようなサインだと思います。
景気・業績悪化の予想があったとしても、現在の世界や企業は
好調すぎます。

景気悪化の予想で株が下げてるのに、とうとう行き場を失った
お金が非鉄にまわってきました。

みんなが待ってる株式市場の暴落はあるでしょうか??
2008/01/15(火) 15:37 | URL | pequ #wptFEmvE[ 編集]
まず徹底的に勘違いしているのは3ヵ月もののノックイン債など誰も買わないということです.それがほしいなら自分でプットを売ればいいでしょ?それこそが猿の商品設計です.わざわざ高い手数料を払ってノックイン債を買う必要など全くありません.
ノックイン債は通常2~3年後のものです.2~3年後の満期で現状の日経平均より20~30%低い値段がノックイン価格になります.そのプットは時間的価値がものすごく大きく,デルタは0.0003とかとても低くなります.このプットが0.5に向けて上昇するのです.オーバーヘッジになるのもわかりますよね?
2008/01/15(火) 15:48 | URL | いちろー #-[ 編集]
いちろーさん、コメントありがとうございます。
3P120を例に出したのは、身近な問題に置き換えた方がわかりやすいと思ったからです。

>…デルタは0.0003とかとても低くなります.
逆ですよ。期先のオプションはデルタが0.5に近づきます。

>オーバーヘッジになるのもわかりますよね?
先ほど私が例示した場合だと、オーバーヘッジにはなりません。何に対してオーバーなのかの定義があいまいですが、ノックイン後の日経平均にリンクした債権価格のデルタのヘッジとすれば、オーバーヘッジは理解に苦しみます。やはり私が想定している商品設計が間違っているのでしょうね。

>それこそが猿の商品設計です.わざわざ高い手数料を払ってノックイン債を買う必要など全くありません.
そんな商品の気がしてきました。サブプライム問題も、中身のわからない投資家が高金利だと喜んで手をだしたことが問題になっています。ノックイン債も同様かもしれませんね。
2008/01/15(火) 16:02 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
ノックイン型プットの最終的な買い手は、一部は証券会社のホールセールやヘッジファンド等の大型投機家ですが、ほとんどは年金や生命保険など、長期で株式を持つ必要がある機関投資家です。
年金や生命保険など、長期で株式を持つ必要があるので、これらのエキゾチックオプションをひつようとしてます
『ノックイン債(プット)を買っているので、先物買いでデルタヘッジをしている』というのはあやまりで、
『現物株を長期で買いもちするので、長期のエキゾチックオプションを買って、ヘッジしている』というのが本筋
2008/01/15(火) 16:29 | URL | 南瓜 #-[ 編集]
オーバーヘッジ
いつも拝見させていただいております。ノックイン債オーバーヘッジに関し私なりの理解ですが、
ノックインオプションを売った証券会社の損益線を考えてみると、
-必ずノックインするとの前提では、単なる先物売と同じになるはず
-ノックイン価格以上では必ずノックインしないと考える(ノックインして戻ってくる可能性を考えない=最終価格でノックイン判定を行う)と、ノックイン価格以上は損益0の横線、ノックイン価格で垂直に立ち上がり、以下では上記先物と同じ
この2つの線でできた三角形の間にあると思われます。ノックイン価格に近づくほど、先物に近く、遠いほど横線に近くなるはずので、おそらく下に凸の曲線になると思います。そうであれば、確かにオーバーヘッジの必要があるように見えますが、どうでしょうか?
2008/01/15(火) 17:09 | URL | Bob #SFo5/nok[ 編集]
南瓜さん
コメントありがとうございます。
こんがらがってきました。
ノックイン債を買う≒プット売り、
だと思いますがちがいますか?
とすれば、ノックイン債は現物株のヘッジにならないと思うのですがいかがでしょうか
2008/01/15(火) 18:10 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
Re:オーバーヘッジ
Bobさん、コメントありがとうございます。
ご説明いただいた内容が理解できないのですが・・・

仮にオーバーヘッジ状態が存在するとします。
ノックインは、必ずしもざら場におこるとは限りません。むしろ、夜間や休日に起こる可能性が高くなります。
とすれば、オーバーヘッジを投げるタイミングは朝寄りの可能性が高くなります。それも不利な価格で投げざるを得ません。

さて、商品設計をする立場にたってみます。万が一の時に利益を吐き出してしまうかもしれないような設計をするでしょうか。そう考えると大規模な先物売りはあり得ないような気がしてくるのですが…
2008/01/15(火) 18:18 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
IVで試算してみます.
現在14000,残存730日,IV36%とすると110Pの価値は1300でデルタは0.24でした.先ほどのコメントのデルタが非常に低くなるというのは間違いでした.

たぶん証券会社はノックイン債を売ってもすぐプットを買ってフルカバーすることはないと思います.なぜならプットの買いは時間とともに減っていくからです.時間の経過とともに少しずつプットを買っていくのでしょう.
ここで
http://www.irnet.co.jp/k-report/archives/2006/06/post_20.html
によるとオーバーヘッジは満期までの期間が短くなればなるほど,急落が起きれば起きるほど,発生し,理論的には発行価格の5倍以上のオーバーヘッジになることもありうる.
つまり充分に減価したプットは急落が起きると暴騰することによっていると思います.
この試算では100億円のノックイン債で3200枚もの先物売が爆発するものです.
2008/01/15(火) 19:31 | URL | いちろー #-[ 編集]
>機関投資家はノックイン債(プット)を買っているので、先物買いでデルタヘッジをしているといいいます。
 
てつやさんの上記書き込みを引用して、ややこしくなってしまいました

>ノックイン債を買う≒プット売り、だと思いますがちがいますか?
 
そのとおりです。
で、ノックイン債を買ってるのは個人投資家をはじめとした素人さんです。
ノックイン債を売ることで派生したプットを買って、現物株のヘッジに使ってるのは、生命保険等の機関投資家です。
 
●生命保険等の機関投資家
 ・現物株買
 ・ノックイン型プット買
●ノックイン債を買った個人投資家
 ・定期預金+プット売り
 
証券会社は基本的に、両者の仲介をしているだけです
2008/01/15(火) 19:36 | URL | 南瓜 #-[ 編集]
>逆に販売側は、3P120を買っているようなものだと思います。

期日までに日経平均が1度12000円を割らないと0円になるという条件付きの3P140ではないでしょうか。
で、
日経平均12500円の時点で、先物買い400枚でヘッジ、
日経平均12000円の時点で、3P140が先物化、ヘッジ解消先物返済売り300枚。
2008/01/15(火) 21:16 | URL | 通りすがりB #USufH/tE[ 編集]
いちろーさん、コメントありがとうございます。
私が不思議だと思うのは、オーバーヘッジがあり得るのかということです。

仮に先物1枚分の日経リンク債(この単位を日経リンク債1枚とする)の売買があったとします。売り手はプット買い何枚分相当のポジションをもっているのでしょうか。

プットの権利行使価格=ノックイン価格、だと仮定します。
ちなみに、この場合、権利行使価格でのプットのデルタは0.5となります。

まず最初に考えるのは、日経リンク債1枚に対してプット1枚です(日経リンク際は、ノックインプットを1枚売る商品だと考えればそうなります)。その場合は、ノックイン時の先物ヘッジが0.5枚になります。この場合は、ノックイン時に先物買いが少ないので、更に0.5枚追加しなければなりません。

ノックイン時の先物ヘッジが丁度1枚になるように考えれば、プットは2枚となります。
この割合が、ノックイン時に売り手が損も得もしない割合だと思います。
(ちょっと変なんですが、買い手は日経リンク債を1枚買っているのに対して、売り手は2枚分を想定して運用を行い、デルタヘッジも日経リンク債2枚分に対して行っていることになります。ここにノックインが存在する理由があり、レバレッジを効かせた運用ができるのです。ノックインが存在しなければ、売り手は1枚分のプット相当の運用しかできないはずです)

上記を超えた場合、つまり、プット枚数が3枚とか4枚とかそれ以上の時に先物オーバーヘッジ状態があり得ます。
その場合、ノックイン債の売り手は損失を出す可能性があります。そんな商品設計をするのでしょうか?
私が不思議に思っているのはその点です。ちなみに、そんなややこしい商品設計をするぐらいならば、オプションや先物などを自己売買すれば良いだけだとおもいます。そうではなくて、売り手にとって安全な商品設計をしているならば、オーバーヘッジはあり得ないと考えているのです。
2008/01/15(火) 21:57 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
南瓜さん、コメントありがとうございます。
すっきりしました。
しかしそうすると生保などの機関投資家はおいしい思いをしていることになりますね。
2008/01/15(火) 22:01 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
通りすがりBさん、コメントありがとうございます。
仮に、P140だとしても、オーバーヘッジになる理由の説明がつかないと思うのですが、その点はいかがでしょうか?
2008/01/15(火) 22:04 | URL | てつや #6AObPM3w[ 編集]
ノックイン
世の中には恐ろしいものがあるもんですね。
それにしてもてつやさん・・・
いまだにアクセス禁止にされていないとは、意外です。
2008/01/15(火) 23:12 | URL | ドキュヤ #vZbA1Su2[ 編集]
ノックイン債
こんばんは、ノックイン債について参加させてもらいます。

そもそも、日経のリンク債は、
高利回りを約束する代わりに、
ある価格(例えば、225で、14000円)を割り込んだら、元本しか保証しません(なかには、元本割れ)という約束事で成立しています。

従って、発行元は、プット買いで、高利回りを確保しようとするのですが、14000円割れたら、もう高利回りは、必要がなくなるので、この時点で、先物買いのヘッジは、不要となります。(リスクは、リンク債の購入者がかぶります)

その結果、先物買いが、宙ぶらりん
となり、市場で、解消の売りとして、大量の先物売として、登場するということです。

てつやさんが疑問に感じているデルタのリバランスは、不要なのです。
2008/01/15(火) 23:28 | URL | 光秀 #fRaibc.2[ 編集]
Re:ノックイン債
光秀さん、コメントありがとうございます。

>その結果、先物買いが、宙ぶらりん
そうなることが変だと私は考えています。ノックインすれば日経リンク債は日経平均と連動するようになります。なので、売り手は日経先物買いのポジションで、相場変動リスクを避けるのが普通じゃないかと思います。とすれば、大量の先物は発生しないことになると思います。

ここまでの皆さんの議論の多くは、どこどこの誰かが言っていた、とか、自分はこう考えている、といったものになっていますね。私も含めてです。なので、いつまでたっても議論が収拾しません。
こういったことに関してきちんと書かれたサイトがあると良いですね。あるいは、それ関係の仕事をしている方の話を直接聞いてみたいところですね。…難しそうかな…
2008/01/15(火) 23:45 | URL | てつや #Ju3Ta2N2[ 編集]
オーバーヘッジになる理由
>仮に、P140だとしても、オーバーヘッジになる理由の説明がつかないと思うのですが、その点はいかがでしょうか?

日経平均が期日までに1度12000円に到達しなければならない、という条件は厳しいので、その分プレミアムが下がります。
P140なのにP120に近いプレミアムとなるわけです。
3月1日に日経平均が12500円だったとすると、
この「条件付3P140」のプレミアムは100円くらいでしょう。
それが日経平均12000円に到達した時点で、プレミアムというか実質価値が2000円となるわけです。
原資産価格の変動500円に対してプレミアムの変動が1900円、つまりデルタは4近くあることになります。
ノックイン時、デルタが4から一瞬で1になりますので、先物をデルタ3ほど返済売りしなければなりません。
2008/01/16(水) 00:16 | URL | 通りすがりB #USufH/tE[ 編集]
ノックイン債のデルタヘッジ
デルタは原資産の変動によりオプションのプレミアムがどれだけ変動するかを表す指標であり、オプションのプレミアムの損益曲線の傾きによって求められます。

上の方でBobさんからの説明がありましたが、ノックイン債の売り手(ノックインオプションの買い手)の損益曲線はノックイン価格に近づくにつれて急激に上昇します(損益曲線の傾きが急激に大きくなる)。また、残存期間が短いほど、ノックイン価格に近づいた場合のプレミアムの上昇が激しくなります。

通常のオプションのデルタの最大値は1ですが、ノックインオプションの場合、ノックイン価格近辺で損益曲線が急激に上昇することから、その損益曲線の傾きであるデルタも1を超える場合があり得ます。

この1を超えたデルタに対して先物を買ってデルタヘッジをするわけですが、問題はその後ノックインした瞬間に、損益曲線が突然変異し、損益曲線がデルタ-1の先物売りポジションに変化するため、デルタが1を超える部分の先物買いポジションがオーバーヘッジとなり売りに出されることになります。

オーバーヘッジの先物を処分する際には、損失(ヘッジコスト)が発生しますが、ノックインによる利益>ヘッジコスト+支払プレミアムである限り、ノックイン債の売り手は儲かることになり、ノックイン時にオーバーヘッジ分を処分してデルタニュートラルにすることにより、当該利益が確定します。
2008/01/16(水) 00:26 | URL | Taku #mQop/nM.[ 編集]
修正:オーバーヘッジになる理由
すいません、最初の書き込みは間違いで、
日経平均12500円の時点で、デルタ2だとして先物買い200枚でヘッジ、
日経平均12100円の時点で、デルタ4だとして先物買い追加200枚でヘッジ、
アバウトにこんな感じです。

プットの買い方は、
この場合、先物平均取得価格12300円、期日までに12300~∞円が先物400枚買いの利益ゾーン、
0~12000円が固定額(P140のプレミアム2000円 マイナス 先物400枚*300円 =800円)の利益ゾーン、
期日当来の瞬間に12001~12300円が損失ゾーンではないでしょうか。

12300~∞円で利益確定後、再度下落を待って先物買いを組めます。

プット買いの
コストは現物株の配当あたりから出すのでしょう。
先物ナンピン買いが、元から持っていたプット買いでヘッジされているわけですね。

このプットは、「インした瞬間にP140へ変化するP120」といったところでしょうか。
2008/01/16(水) 02:35 | URL | 通りすがりB #USufH/tE[ 編集]
遅くなりましたが
私の不正確な書き込みにより混乱を招いてしまったようですみません。通常のプット購入と、ノックイン債の一番の違いは、ノックイン価格に達した時点で、一気に20%分の利益(ノックイン債を購入した個人の損)が出る事だと思います。損益線にすると下のような感じでしょうか。
*
  *
    *
    *
    *
    *************

そのためノックイン価格近辺になると急激にデルタがマイナスとなり、デルタフラットにしようとすれば、相当に先物を買って利益確定する必要がある事になります。これをオーバーヘッジと呼んでいるのではないでしょうか?

それとノックインの判定は、東京の終値でしますので、ザラ場や夜間に確定することは無いはずです。またデルタヘッジしていればどっちに動こうが利益になりますので、変動するほど利益を生むような商品設計になっています。

こういう商品のイメージから、南瓜さんご指摘のような機関投資家の現物株ヘッジというよりは、UBS等が直接運用して利益を出しているものと思っておりました。

再度混乱を招いてしまったらスミマセン・・・。
2008/01/16(水) 03:16 | URL | Bob #SFo5/nok[ 編集]
人の行く裏に道あり花の山・・・
総弱気場面となってきたようです。買い転機となるような材料は何でしょうか?yosokuya様のおっしゃることが良くわかるような気がします。そろそろ、先物の買い場を探したいところです。yosokuya様また教えて下さいね。

ノックイン債についてよくわかりませんでしたので、コメント欄一通り読ませていただきました。要するに、ノックイン債は発行する時点ですでに発行側に利益がある仕組みで、ノックインすれば損を被るのは購入した個人のみということではありませんか?購入者は、ノックイン債と名を変えたオプション売りのリスクを背負ったままノックインするのを何も出来ずにただ指をくわえて見ているしかないという事ですよね。発行者はプロなのですから、ノックイン債を売りつけた時点で客に支払う最大限の利息を見込んでもまだ利益があるようにプレミアムで得てしまっているということではないのですか?ヘッジの先物買い?もしもそんなものがあるのなら、プロなのですからすでに売ってしまっていませんか?ノックインが視野に入った時点で探られぬよう小出しに売りに出してしまわないでしょうか。額も額なので更に別立てでオプションなど組んで儲けようとしませんか?そして、報道を利用してノックイン入りなどと煽って今度は私達を鴨にしようとしてはいないでしょうか。私が○村證券にでもいれば後ろ髪を引かれながらそうするかもしれません。いえ、きっと証券会社の裏を見て入社したとたんに辞表をたたきつけているでしょうが・・・
2008/01/16(水) 09:27 | URL | ハニー #Zq.a93B6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkei225indexoption.blog86.fc2.com/tb.php/369-785ad744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック