管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで 2010年07月
 7月の月間まとめです。憂鬱ですが、書きます。
 先月に引き続き、今月も大きく損失。とうとう年間損益もマイナスに転落です(涙)。
 まずは、敗因から。
  1.優位性がさしてないポジションを拡大してしまった
    (値洗い悪化→積みまし、の繰り返し)
  2.ポジが大きくなるにつれて、プット買いのヘッジも増強(これが悪手)
あたりかと思っています。
さらに、優位性という部分ですが、客観的に優位かどうかの評価が出来ていないことも
敗因だと思います。
 ということで、今後の対策。「優位性」にこだわって取引していこうと思います。
具体策としてはツールの改善からはじめます。データの蓄積と活用で、優位性のある
取引をしていきたいと考えています。
 で、そのツールですが今使ってるのがかなりツギハギになっていて手を加えるのが
困難になってきているので、岡三RSSをベースに新規作成しようと思います。
実は早速とりかかっていて、まず建玉一覧を作りました(優位性とは無関係ですが…)。
ツール作るのは私にとっては結構な作業で、現在使用しているのは作成に約3ヶ月
ぐらいかかったのですが、今回はもう少しスピードを上げていきたいところです。
頑張ります。

■今月のトレード関連データ
●相場状況
 ・日経225(毎日の終値ベース)
   始値:9,191.60 高値:9,795.24 安値:9,191.60 終値:9,537.30
 ・基準IV(修正ATMの残存30日換算、毎日の終値ベース)
   始値:28.49% 高値:28.64% 安値:22.05% 終値:23.88%
 ・HV(営業日数21日分を計算) 23.98%%

 荒れ気味の相場が続いています。7月1日には年初来安値を更新しました。しかし
IVは、その日やそれ以降大きな上昇はしませんでした。相場の変動速度がそれほど
大きくならなかったことが理由と考えています。

●取引データ
 ・SPAN証拠金額使用状況
   最小:1,064,449円 最大:2,581,288円 平均1,813,249円
 ・値洗い勝敗
   11勝10敗(勝率52.4%
 ・損益(手数料無視)
   勝ちトレードの平均利益 +115.7
   負けトレードの平均損失 -240.5
   損益率 48.1%
 ・破産確率 99%ぐらい?
  ※破産確率表(下記URLの一番下)
   http://www.kogures.com/hitoshi/webtext/stat-hasan-kakuritu/index.html
 こんなひどい成績でも破産しない可能性が残っているようです・・・

■月別の損益の履歴
        TOTAL評価損益  月間評価損益
───────────────────────────
2010 年07月末  +12,793,764円  -1,266,392円
2010 年06月末  +14,060,156円  -1,252,986円
2010 年05月末  +15,313,142円  +1,524,242円
2010 年04月末  +13,788,900円   -104,420円
2010 年03月末  +13,893,321円    -3,128円
2010 年02月末  +13,896,449円   +537,864円
2010 年01月末  +13,358,585円   +427,357円
2009 年 12月末  +12,931,228円       円
(この間、証券会社変更などあり損益計算がうまくできてません)
2009年 08月末  +12,970,811円   -151,084円
2009 年 07月末  +13,121,895円   +516,746円
2009 年 06月末  +12,605,149円   +376,146円
2009 年05月末  +12,229,003円   +424,970円
2009 年04月末  +11,804,033円    -39,639円
2009 年03月末  +11,843,672円  -1,051,565円
2009 年02月末  +12,895,237円   +703,211円
2009 年01月末  +12,192,026円   -111,856円
2008 年12月末  +12,303,883円   +565,625円
2008 年11月末  +11,738,257円   -709.337円
2008 年10月末  +12,447,594円     -9,744円
2008 年09月末  +12,457,338円    -85,066円
2008 年08月末  +12,542,404円       +0円
2008 年07月末  +12,542,404円       +0円
2008 年06月末  +12,542,404円       +0円
2008 年05月末  +12,542,404円    +53,170円
2008 年04月末  +12,489,234円    +83,530円
2008 年03月末  +12,405,704円  +1,035,452円
2008 年02月末  +11,370,252円   -269,716円
2008 年01月末  +11,639,968円   -491,985円
2007 年12月末  +12,131,953円   -109,250円
2007 年11月末  +12,241,203円  +1,730,718円
2007 年10月末  +10,510,485円  +1,436,959円
2007 年09月末  +9,073,526円   +352,723円
2007 年08月末  +8,720,803円  +6,085,366円
2007 年07月末  +2,635,437円  -2,415,593円
2007 年06月末  +5,051,030円   +328,085円
2007 年05月末  +4,722,945円   +136,956円
2007 年04月末  +4,585,989円  +1,013,464円
2007 年03月末  +3,572,525円  -1,716,327円
2007 年02月末  +5,288,852円  +1,475,031円
2007 年01月末  +3,813,821円   -577,749円
2006 年12月末  +4,391,570円  +2,816,048円
2006 年11月末  +1,575,522円  +1,575,522円
2006 年11月27日開始(資金100万円)
スポンサーサイト
■2010年7月30日 後場終了
 日経225:9537.3 (前日比-158.72)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 23.88% (前日比+0.50%)
  5営業日間のHV: 23.36%
 20営業日間のHV: 23.49%
 60営業日間のHV: 25.37%

■値洗い前日比:+186

■リスク指標
 デルタ:-0.1
 ガンマ:-0.71
 ベガ :-244
 セータ:-12

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,706,224
 証券会社の値:1,874,595


 相場は、それなりの幅で下落。しかしIVはそれほど上昇せず落ち着いています。
 取引はプット買いコール売りにより調整した感じです。
 夕場で、もうすこしデルタをマイナスに振っておこうと思います。
■2010年7月29日 後場終了
 日経225:9696.02 (前日比-57.25)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 23.39% (前日比+0.40%)
  5営業日間のHV: 25.91%
 20営業日間のHV: 23.88%
 60営業日間のHV: 26.02%

■値洗い前日比:-198.9

■リスク指標
 デルタ:-0.5
 ガンマ:-0.43
 ベガ :-268
 セータ:2

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,799,524
 証券会社の値:2,069,193


 相場は反落。
 IVが上昇気味で、値洗いが悪くなってます(泣)
 取引はほとんど行ってません。IVが上昇したいところを売りたいところですが、しばらくはポジション縮小方向の取引で行うつもりなので、今日の日中は見送りました。夕場でもう少し上昇するなら売り増ししていこうと思います。
■2010年7月28日 後場終了
 日経225:9753.27 (前日比+256.42)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 22.99% (前日比-0.91%)
  5営業日間のHV: 25.95%
 20営業日間のHV: 24.78%
 60営業日間のHV: 26.11%

■値洗い前日比:+64.6

■リスク指標
 デルタ:-0.8
 ガンマ:-0.46
 ベガ :-262
 セータ:-2

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,614,636
 証券会社の値:1,659,180


 今日は上昇でした。しかも結構な上昇幅となりました。HVが高止まりしていると感じているのですが、上昇時のスピードが早いのが近頃の特徴でしょうか。7月に入って以降で200円以上上昇した日は、今日で4日目となります。上昇相場なのにIVがなかなか低下しませんが、HVが高止まりしている状態なので、当然といえば当然なんでしょう。
 取引は、昨日の夕場にIVの上昇にあわせてある程度行ないました。今日の日中は調整程度でした。
■2010年7月27日 後場終了
 日経225:9496.85 (前日比-6.81)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 24.21% (前日比-0.62%)
  5営業日間のHV: 17.66%
 20営業日間のHV: 23.31%
 60営業日間のHV: 26.05%

■値洗い前日比:-4.7

■リスク指標
 デルタ:-0.7
 ガンマ:-0.41
 ベガ :-250
 セータ:-8

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,221,651
 証券会社の値:1,064,449


 相場はほとんど動きなし。IVは少し低下しました。
 取引は、ポジを縮小の方向で調整しました。
■2010年7月26日 後場終了
 日経225:9503.66 (前日比+72.7)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 24.84% (前日比-0.01%)
  5営業日間のHV: 19.42%
 20営業日間のHV: 23.36%
 60営業日間のHV: 26.07%

■値洗い前日比:-23.3

■リスク指標
 デルタ:-0.7
 ガンマ:-0.43
 ベガ :-254
 セータ:-15

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,309,807
 証券会社の値:1,290,000


相場は堅調です。相場やや上昇の場合、IVは低下しやすい傾向があるとおもうのですがATMではほとんど変わらずでした。
 取引は調整程度でした。
■2010年7月23日 後場終了
 日経225:9430.96 (前日比+210.08)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 24.84% (前日比-1.25%)
  5営業日間のHV: 27.51%
 20営業日間のHV: 24.17%
 60営業日間のHV: 26.44%

■値洗い前日比:+162.5

■リスク指標
 デルタ:-0.5
 ガンマ:-0.29
 ベガ :-235
 セータ:-25

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,406,922
 証券会社の値:1,410,000


 相場は急上昇。60営業日間HVは年初来高値を更新。
 デルタをマイナスに傾けたとたんにコレですからたまりません。今までのようにデルタフラットなら利益は倍ぐらいあったのに(涙)。
 取引の方は、①利益がでたポジを利食い、②新規のポジを仕掛け、③ATMの移動に伴う建玉の移動、あたりを行いました。
 証拠金ですが、久々に最低額(売り枚数×売オプション1単位当たりの最低証拠金額 (円))となり、端数がなくなりました。もう少しリスクをとっていったほうが良さそうです。ということで、夕場以降、状況を見ながらOP売りを入れていこうと思います。
■2010年7月22日 後場終了
 日経225:9220.88 (前日比-57.95)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 26.57% (前日比+0.93%)
  5営業日間のHV: 23.67%
 20営業日間のHV: 22.79%
 60営業日間のHV: 26.03%

■値洗い前日比:+57.2

■リスク指標
 デルタ:-0.7
 ガンマ:-0.6
 ベガ :-212
 セータ:-36

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,319,675
 証券会社の値:2,415,942


 相場はじりさげ。日経225は本日で5営業日連続の下げとなりました。
 取引の方ですが、相場下落にあわせてのスクロールを主にしました。また、現状のポジはジリ安に滅法弱いので、昨日の夕場よりデルタをややショートに振ってみました。もう少しマイナスに傾けてもよさそうですが、これぐらいで様子見してみようと思います。
■2010年7月21日 後場終了
 日経225:9278.83 (前日比-21.63)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 25.70% (前日比-0.27%)
  5営業日間のHV: 30.11%
 20営業日間のHV: 23.63%
 60営業日間のHV: 26.13%

■値洗い前日比:-509.2

■リスク指標
 デルタ:0.2
 ガンマ:-0.47
 ベガ :-218
 セータ:-24

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,813,005
 証券会社の値:1,784,100


 昨日から夕場が延長されましたが、相場は結構激しく動いて、結局前日とほぼ同じところにもどってきました。
 IVは期近とプットのファーOTMが安くなりました。
 それにしても値洗いがひどいです。方針の見直しをしなきゃならないと思い始めました。しばらくポジを抑えめにしつつ、対策を検討しようと思います。
■2010年7月20日 後場終了
 日経225:9300.46 (前日比-107.9)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 25.97% (前日比-0.33%)
  5営業日間のHV: 30.08%
 20営業日間のHV: 24.01%
 60営業日間のHV: 26.37%

■値洗い前日比:+206.8

■リスク指標
 デルタ:-0.1
 ガンマ:-0.43
 ベガ :-203
 セータ:-47

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,926,245
 証券会社の値:1,658,697


日経225は続落(3日連続)。先週末金曜深夜のNY市場が急激に下がり険悪な雰囲気になったので、どこまで下がるか懸念されたのですが、結局はそれほど大きい下げ幅とはなりませんでした。
 HVはまた上昇しました。5営業日間HVは、6月11日以来の久々の30%台。60営業日間HVは年初来高値を更新。
 取引の方ですが、たくさんしました。相場変動に伴う建玉の移動やIVの上下に合わせた売買などを行っています。
 今夜から、夕場取引が延長されて23:30までとなります。さすがにずっと取引するわけにはいかないので、途中で夕食休憩をとりますが、どういう生活リズムにするかが悩ましいところです。
■2010年7月16日 後場終了
 日経225:9408.36 (前日比-277.17)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 26.35% (前日比+2.82%)
  5営業日間のHV: 29.09%
 20営業日間のHV: 25.18%
 60営業日間のHV: 26.26%

■値洗い前日比:+211.6

■リスク指標
 デルタ:0.4
 ガンマ:-0.63
 ベガ :-254
 セータ:-56

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,884,225
 証券会社の値:1,843,413


 相場は大きく下落しました。IVはそれに伴い上昇し特にファーOTMプットの上昇が大きくなりました。
 5営業日間HVは、2010年6月11日の31.60%以来の高値、60営業日間HVは年初来高値更新となりました。
 相場が激しく動いたので取引はかなり行いました。数えてみたら約定した注文の件数だけで約50件もありました。
 夕場ですが、ポジのバランスが悪くなっている部分の調整を中心に行なう予定です。
 

 
■2010年7月15日 後場終了
 日経225:9685.53 (前日比-109.71)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 23.43% (前日比+1.00%)
  5営業日間のHV: 21.22%
 20営業日間のHV: 23.05%
 60営業日間のHV: 25.85%

■値洗い前日比:-320.9

■リスク指標
 デルタ:0.2
 ガンマ:-0.47
 ベガ :-274
 セータ:5

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,633,002
 証券会社の値:1,924,888


 相場は反落。IVは期先ATMを中心に全体的は上昇しましたが、期近プットやOTMプットは下落となりました。
 取引は、少しだけですが、IVの安いところをかって高いところを売りました。
 値洗いは最悪の状態です(泣)。夕場も値洗いが悪いようなら積みましをしようと思います。
■2010年7月14日 後場終了
 日経225:9795.24 (前日比+258.01)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 22.05% (前日比-1.29%)
  5営業日間のHV: 27.72%
 20営業日間のHV: 22.84%
 60営業日間のHV: 25.94%

■値洗い前日比:-17.1

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.25
 ベガ :-206
 セータ:-4

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,643,660
 証券会社の値:1,790,227


 相場は大幅上昇、前日比の+258.01は、今年4番目の上昇幅です。
 またHVも上がっていて、60営業日間HVは年初来高値更新となりました。

 取引は大量にしました(つかれた~)。ATMの移動に伴い建玉を移動したのと期先の拡大が主な内容です。
■2010年7月13日 後場終了
 日経225:9537.23 (前日比-10.88)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 23.37% (前日比-0.29%)
  5営業日間のHV: 20.54%
 20営業日間のHV: 21.70%
 60営業日間のHV: 25.37

■値洗い前日比:+63.3

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.52
 ベガ :-218
 セータ:-1

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,574,396
 証券会社の値:1,492,373


 相場は高値で始まったもののじり安。IVは前場寄りあたりは低かったもののその後は戻し気味の展開となりました。(特筆すべき内容がない平凡な相場でした)
 相場安定してくるとIV20%以下になってくると思うのですが、高止まりしているようです。米国決算発表にあわせたOP買いとかが結構あるのかな??

 取引は、期先を拡大気味に調整しました。引き続きIV低下希望中です。
■2010年7月12日 後場終了
 日経225:9548.11 (前日比-37.21)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 23.66% (前日比+0.18%)
  5営業日間のHV: 21.24%
 20営業日間のHV: 21.70%
 60営業日間のHV: 25.39%

■値洗い前日比:-134.8

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.51
 ベガ :-211
 セータ:-9

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,480,401
 証券会社の値:1,651,640


 相場はあまり変化なしです。参院選挙が終わればIVが低下するかもという淡い期待ははずれてしまいました(泣)
 取引の方は微調整程度でした。この後どういう方針でいくか悩ましいです。
■2010年7月9日 後場終了
 日経225:9585.32 (前日比+49.58)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 23.47% (前日比-0.35%)
  5営業日間のHV: 21.61%
 20営業日間のHV: 22.57%
 60営業日間のHV: 25.43%

■値洗い前日比:+6.1

■リスク指標
 デルタ:0.1
 ガンマ:-0.46
 ベガ :-190
 セータ:-30

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,563,379
 証券会社の値:1,663,181


相場はやや上昇。相場が安定してるのでIVが大幅に低下してもよさそうな感じなのですが、ほとんど変動なし状態です。HVが高止まりしているからでしょうか??
 そのHVですが、60営業日間HVは、連日の年初来高値更新です。

 取引の方は、建玉の移動をせっせせっせと行っています。引き続きIV低下希望中です。
■2010年7月8日 後場終了
 日経225:9535.74 (前日比+256.09)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 24.53% (前日比-1.86%)
  5営業日間のHV: 21.31%
 20営業日間のHV: 23.29%
 60営業日間のHV: 25.42%

■値洗い前日比:+112.4

■リスク指標
 デルタ:-0.4
 ガンマ:-0.51
 ベガ :-189
 セータ:-30

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,492,967
 証券会社の値:1,507,405


 相場は、昨晩のNY株式高を受けて大きく上昇しました。
 IVはコール側を中心に結構下がりました。
 60営業日間HVは年初来高値を更新しています。

 取引はSQを迎えるにあたって、期近で合成先物作成などを行った他は、相場変動にあわせた建玉の移動程度です。引き続きIV低下希望のポジです。
■2010年7月7日 後場終了
 日経225:9279.65 (前日比-58.39)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 26.58% (前日比-0.24%)
  5営業日間のHV: 16.76%
 20営業日間のHV: 21.50%
 60営業日間のHV: 24.80%

■値洗い前日比:-60.8

■リスク指標
 デルタ:0.1
 ガンマ:-0.57
 ベガ :-156
 セータ:-77

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,666,318
 証券会社の値:1,673,255


 相場は、結果としてやや下げ。ここのところの相場の前日終値比ベースでの落ち着きを反映してHVが低下傾向です。特に5営業日間HVが10%台になったのは約20ぶりです。
 取引の方は、微調整程度でした。
■2010年7月6日 後場終了
 日経225:9338.04 (前日比+71.26)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 26.81% (前日比-0.41%)
  5営業日間のHV: 21.31%
 20営業日間のHV: 21.70%
 60営業日間のHV: 24.86%

■値洗い前日比:+86.5

■リスク指標
 デルタ:-0.4
 ガンマ:-0.69
 ベガ :-209
 セータ:-62

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,366,442
 証券会社の値:2,505,556


 日経225は3連騰。今日のざら場はかなり動きました。高値安値の差が259.41円ですがこれは、2009年12月3日の270.65円以来の幅になります。
 60営業日間のHVは、こっそりと年初来高値を更新。
 取引の方は、おもに売りOPの買い戻しとスプレッド追加を実施。
 夕場以降については、現在の方針を維持(ベガショート継続、取引はポジション軽減方向で実施)
■2010年7月5日 後場終了
 日経225:9266.78 (前日比+63.07)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 27.22% (前日比-1.20%)
  5営業日間のHV: 22.48%
 20営業日間のHV: 21.54%
 60営業日間のHV: 24.82%

■値洗い前日比:+115.5

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.71
 ベガ :-171
 セータ:-89

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,061,420
 証券会社の値:2,099,057


 相場は安定でじり高となりました。私のポジにとっては絶好の相場状況なのですが、実際はなんとか黒字を確保した程度。先週の大損失から比べれば焼け石に水程度でした。
 相場安定を受け、5営業日間、20営業日間のHVが低下傾向を示しています。特に20営業日間HVは、5月6日に記録したGW後の最安値21.65%を下回りました。4月末から始まったハイボラ相場は終焉を迎えつつあるといえるかもしれません。そんな中60営業日間HVは僅かではありますが年初来高値を更新しています。
 取引の方は、OPの買い戻しが中心。もともと買っていたOPのプレミアムの減価が激しくベガ&ガンマが減ってしまったので、どんどんOP買いを実施したにもかかわらずベガ&ガンマは先週末と同程度です。今後はベガが-200を下回らない程度に調整しつつ、ベガショートを継続の予定です。

■2010年7月2日 後場終了
 日経225:9203.71 (前日比+12.11)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 28.64% (前日比+0.15%)
  5営業日間のHV: 22.18%
 20営業日間のHV: 25.35%
 60営業日間のHV: 24.80%

■値洗い前日比:-628.2

■リスク指標
 デルタ:0.1
 ガンマ:-0.66
 ベガ :-143
 セータ:-126

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,640,952
 証券会社の値:2,581,288


 下落がつづいていた相場ですが、やっとひと息つきました。こういう場合はATMのIVが低下するのが一般的だと思うのですが、今日は上昇しています。今晩の米国雇用統計のイベントを警戒したIV上昇なのかもしれません。
 取引の方は、コール売りでデルタ調整をした程度。IVが上昇をチャンスと考えて、OP売りやスプレッド追加などを行いたいところでしたが、オーバーポジ気味になっているので見送りました。
 値洗いがひどい状態で、3日間で140万円のマイナスはちょっときついです。さすがに全部取り戻すのは難しいと思うので、夕場以後は大怪我をしない方向に舵を切っていこうと思います。
■2010年7月1日 後場終了
 日経225:9191.6 (前日比-191.04)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 28.49% (前日比+0.68%)
  5営業日間のHV: 26.00%
 20営業日間のHV: 25.35%
 60営業日間のHV: 24.81%

■値洗い前日比:-507

■リスク指標
 デルタ:0.5
 ガンマ:-0.46
 ベガ :-51
 セータ:-169

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,785,542
 証券会社の値:2,119,787


昨日に引き続き日経225は年初来安値を更新。また同様に、60営業日間HVも年初来高値を更新。
 日経225は、8営業日間で1000以上安くなりました。ここまで安くなるとIVもかなり上昇するだろうと事前に考えていたんですが、実際は低下気味です。過去の経験が通じない相場のようです。
 取引は調整程度しかしていません。もう少しIVが盛り上がったところを売ろうと待ち構えていたのですが、願い叶わずでした。