管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで 2010年04月
 4月の月間まとめです。
 先月に引き続き、冴えない月間となってしまいました。
 最近の私のポジは、主にベガショート・ガンマショートにしていますが、今月の相場状況に合いませんでした。4月の中頃までは相場が安定しIVも低下していたので特に問題なかったのですが、中頃~終わりにかけてはIVが上昇し相場が激しく動いたので、前半の利益を吐き出してしかもマイナスまで転落しました。
 ただ、私なんかはマシな方だったようで、ガンマショート中心で運用している方の多くは結構な被害になっていて、4月28日の相場急落のタイミングでは相場から退場された方もいたようです。(その裏でたっぷり儲けている人もいるハズですが…)
 今月は反省点も多いですが、急落時の対処で学んだことなどもあり、収穫もそれなりにありました。簡単に儲けさせてもらえませんが、めげずに頑張っていこうと思います。

■今月のトレード関連データ
●相場状況
 ・日経225(毎日の終値ベース)
   始値:11,244.40 高値:11,339.30 安値:10,914.46 終値:11,057.40
 ・基準IV(修正ATMの残存30日換算、毎日の終値ベース)
   始値:17.56%% 高値:20.70% 安値:15.72% 終値:19.24%
 ・HV(営業日数21日分を計算) 18.54%

 日経平均は、4月の滑り出しは上昇で始まりその後高値安定、後半は波乱で激しい相場となりました。この期間のHVは18.54%で3月よりは上昇していますが、1月2月と比べれば低HVでした。但し、今月は夕場で動きが激しかった印象があり、それを考慮すると体感的なHVはもっと大きいかと思います。また、激しく動いた日もあり、ガンマショートのポジをこまめにデルタヘッジをしていくタイプのトレーダーにとっては受難な月となりました。

●取引データ
 ・SPAN証拠金額使用状況
   最小:425,124円 最大:2,470,890円 平均1,351,106円
 ・値洗い勝敗
   9勝12敗(勝率42.9%
 ・損益(手数料無視)
   勝ちトレードの平均利益 +215.5
   負けトレードの平均損失 -147.1
   損益率 146.5%
 ・破産確率 60%ぐらい
  ※破産確率表(下記URLの一番下)
   http://www.kogures.com/hitoshi/webtext/stat-hasan-kakuritu/index.html

  儲けてないと破産確率が高いですね

■月別の損益の履歴
        TOTAL評価損益  月間評価損益
───────────────────────────
2010 年04月末  +13,788,900円   -104,420円
2010 年03月末  +13,893,321円    -3,128円
2010 年02月末  +13,896,449円   +537,864円
2010 年01月末  +13,358,585円   +427,357円
2009年 12月末  +12,931,228円       円
(この間、証券会社変更などあり損益計算がうまくできてません)
2009年08月末  +12,970,811円   -151,084円
2009 年 07月末  +13,121,895円   +516,746円
2009 年 06月末  +12,605,149円   +376,146円
2009 年05月末  +12,229,003円   +424,970円
2009 年04月末  +11,804,033円    -39,639円
2009 年03月末  +11,843,672円  -1,051,565円
2009 年02月末  +12,895,237円   +703,211円
2009 年01月末  +12,192,026円   -111,856円
2008 年12月末  +12,303,883円   +565,625円
2008 年11月末  +11,738,257円   -709.337円
2008 年10月末  +12,447,594円     -9,744円
2008 年09月末  +12,457,338円    -85,066円
2008 年08月末  +12,542,404円       +0円
2008 年07月末  +12,542,404円       +0円
2008 年06月末  +12,542,404円       +0円
2008 年05月末  +12,542,404円    +53,170円
2008 年04月末  +12,489,234円    +83,530円
2008 年03月末  +12,405,704円  +1,035,452円
2008 年02月末  +11,370,252円   -269,716円
2008 年01月末  +11,639,968円   -491,985円
2007 年12月末  +12,131,953円   -109,250円
2007 年11月末  +12,241,203円  +1,730,718円
2007 年10月末  +10,510,485円  +1,436,959円
2007 年09月末  +9,073,526円   +352,723円
2007 年08月末  +8,720,803円  +6,085,366円
2007 年07月末  +2,635,437円  -2,415,593円
2007 年06月末  +5,051,030円   +328,085円
2007 年05月末  +4,722,945円   +136,956円
2007 年04月末  +4,585,989円  +1,013,464円
2007 年03月末  +3,572,525円  -1,716,327円
2007 年02月末  +5,288,852円  +1,475,031円
2007 年01月末  +3,813,821円   -577,749円
2006 年12月末  +4,391,570円  +2,816,048円
2006 年11月末  +1,575,522円  +1,575,522円
2006 年11月27日開始(資金100万円)
スポンサーサイト
■2010年4月30日 後場終了
 日経225:11057.4 (前日比+132.61)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 19.24% (前日比-1.84%)
  5営業日間のHV: 26.12%
 20営業日間のHV: 18.35%
 60営業日間のHV: 18.57%

■値洗い前日比:+627.8

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.1
 ベガ :-271
 セータ:-22

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,677,553
 証券会社の値:1,920,611


 今日の相場は一昨日の急落から一転して反発しました。IVも寄り直後は高かったですがあとは低下傾向となりました。
 取引の方ですが、一昨日の夕場のIVが高かったので売り増しをしておきました。そして、今朝の寄りもIVが高かったのでさらに追加で売り増しをしました。その対策がうまくいって、今日の値洗いは絶好調となりました。今回の急落&IV上昇で失った利益の7割程度を取り戻した換算です。大引けにかけてベガ&ガンマを縮小し、G/W持ち越しても大丈夫(だろう)ぐらいまで縮小しました。夕場は状況をみて対応を決めようと思います。
■2010年4月28日 後場終了
 日経225:10924.79 (前日比-287.87)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 20.70% (前日比+2.56%)
  5営業日間のHV: 26.25%
 20営業日間のHV: 18.51%
 60営業日間のHV: 18.70%

■値洗い前日比:-785.8

■リスク指標
 デルタ:0.1
 ガンマ:0.03
 ベガ :-186
 セータ:-27

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:575,463
 証券会社の値:1,499,886


 久々に急落となりました。この下落幅は、2月5日の-298.89円以来です。ただ、相場参加者は以外と冷静だったようで、前場の早い時間こそIVが上昇したものの前引け前にIVは急落し後場も平穏な相場となりました。
 取引のほうですが、昨日の夕場にオプションを売り乗せてしまいました。…失敗。
 今朝は昨夜のNY市況から、日経はかなり安く始まることが予想されたので、リスク軽減をする対応からポジ操作を開始しました。つまり、ガンマをだいたいフラットにしてデルタもフラットにする対応を寄り直後に行いました。で、IVがどんどん上昇していくのをみて、ガンマ&ベガロング追加で追撃態勢。これがうまくいって、一時は損失が大分減ったのですが、前引け前のIV急落で吐き出してしまいました(泣き)。後場は、早々にオプションを売ってベガをフラットに戻す操作を行ったのですが、この後にIVが上昇して損失が拡大(再び泣き)。大引けにかけては、さらに売り増しをして、ガンマフラットあたりまで調整しています。いろいろ操作しましたが、操作での利益はほんのわずかで、大損失をほんの少しだけカバーした程度で終わりました。夕場で、もう少し売り増ししておく予定です。
 あ~疲れた。明後日は値洗い回復しますように…。
■2010年4月27日 後場終了
 日経225:11212.66 (前日比+46.87)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 18.13% (前日比+0.28%)
  5営業日間のHV: 22.60%
 20営業日間のHV: 16.13%
 60営業日間のHV: 17.95%

■値洗い前日比:-137.4

■リスク指標
 デルタ:0.2
 ガンマ:-0.52
 ベガ :-244
 セータ:33

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,566,337
 証券会社の値:1,244,535


 相場はやや上昇。こういう場合はIVが下がるのが普通だと思いますが、IVも上昇しました。なので、ベガショートに振っているポジの値洗いは当然のように悪化しています(涙)
 昨日夕場からの取引ですが、実施したのは先物でデルタ調整のみ。大引け前に気持ちロングにしてみました。IVが上昇したので売っていきたいところなんですが、普段なら下がる場面での上昇だったので様子見としています。夕場の状況を見て売りのせをしようと思います。
■2010年4月26日 後場終了
 日経225:11165.79 (前日比+251.33)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.85% (前日比+0.32%)
  5営業日間のHV: 22.41%
 20営業日間のHV: 16.45%
 60営業日間のHV: 18.42%

■値洗い前日比:-18.2

■リスク指標
 デルタ:-0.1
 ガンマ:-0.51
 ベガ :-242
 セータ:24

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,375,336
 証券会社の値:1,013,115


 まず相場の状況ですが、今日は大幅高となりました。前日比+251.33円は、2月22日の+276.89円以来の大幅な上昇です。また、ここのところ激しめの相場が続いた影響でHVがじんわりと上昇しています。5営業日間のHVは3月11日の22.54%以来、20営業日間のHVは2010年3月19日の18.10%以来の高い値となっています。但し、60営業日間のHVは直近の最低値が4月20日の18.05%なのでそれほど上昇しておらず、依然として低下傾向といえます。
 取引の方ですが、金曜夕場にプット売りの買い決済を少し行いガンマリスクを減少させておいたのですが、これがナイスプレーとなり本日の損失減少に貢献しました。今日の前場は、相場上昇で大きく傾いたデルタを緩和すべくコール買いを少し行い(相場急上昇には焼け石に水程度の効果しかありませんでしたが…)、大引け間際にプットを新規売りするとともにデルタをフラットにする為にミニ先物を追加買いして終了。今後の予定ですが、相場変動がなければ、ガンマリスクをしばらく現在と同程度(-0.5ぐらい)に保ちながら、建て玉操作をしていこうと考えています。





■2010年4月23日 後場終了
 日経225:10914.46 (前日比-34.63)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.54% (前日比+0.33%)
  5営業日間のHV: 19.72%
 20営業日間のHV: 14.30%
 60営業日間のHV: 18.11%

■値洗い前日比:+65.5

■リスク指標
 デルタ:-0.2
 ガンマ:-0.78
 ベガ :-288
 セータ:32

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,449,728
 証券会社の値:1,459,666


 まず相場の状況です。前日比を見れば別にどうってことないのですが、昨日の夕場はかなり激しい相場となりました。先物が100円程度の中規模な下げとなったのですが、IVが値幅からは想像できないぐらいの上昇となり、まるで暴落時のようでした。
 昨日の夕場は、昨日の日中に建てたLSの撤収からはじめたのですが、これが結果的に大失敗。その後IVがぐんぐん上昇して対応が後手後手となりました。夕場にやったことは、ガンマリスクをあまり増大させないようにしながらベガショートのスプレッドを積み増していきました。
 今朝は、昨日の米国株が落ち着いていたのをうけてIVが落ち着きそうだったので、プット買いの返済から始めました。ところがこれも結果的に失敗。前場はIVがどんどん上昇していき昨日の夕場と似たような状況となりました。ガンマを緩和したかったのですが、前場ではタイミングがなくデルタヘッジをしながら後場へ持ち越し。後場はプット売りの買い戻しを徐々に行いました。
 今日の夕場の対応ですが、IV低下ならば、ガンマを緩和しておこうと思います。上昇ならば、気合いを入れてスプレッドを増強しようと思います。
■2010年4月22日 後場終了
 日経225:10949.09 (前日比-140.96)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.21% (前日比+0.99%)
  5営業日間のHV: 22.35%
 20営業日間のHV: 15.27%
 60営業日間のHV: 18.15%

■値洗い前日比:-167.7

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.17
 ベガ :-205
 セータ:-7

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:689,580
 証券会社の値:711,629


 まず、相場ですが、前日比で大幅安となりました。日中の最安値は前日比 -223.82円までさがり、そのタイミングではIVもかなり上昇していきました。理由がよくわからない中で下がっていったので気持ち悪かったです。
 取引の方です。ざら場開始直後はちょっと安い程度で急反発もありそうと考え様子をみていたのですが、ずるずると下げていたので、プットを買ってデルタとガンマを補給しつつデルタフラットまで調整。さらに相場が下がっていったので再びIVが低いところを買ってガンマプラスまで調整し、変動OK状態にしました。が、この後相場は反転しヘッジ損となってしまいました。引け間際に期先を売って再びややガンマショートまで戻しています。夕場でさらに売りを追加する予定です。
■2010年4月21日 後場終了
 日経225:11090.05 (前日比+189.37)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 16.33% (前日比-2.09%)
  5営業日間のHV: 20.92%
 20営業日間のHV: 14.60%
 60営業日間のHV: 18.33%

■値洗い前日比:+350.9

■リスク指標
 デルタ:-0.3
 ガンマ:-0.68
 ベガ :-263
 セータ:31

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,379,507
 証券会社の値:982,671


 今日は良く上げました。そしてIVは大幅下落しました。ゴールドマンサックスの詐欺提訴のニュースが流れる以前まで平均株価もIVも戻ったようです。また、それに伴って出してしまった損失も完全回復したのでホッとしてます。
 取引の方ですが、今日もデイトレで小銭稼ぎができました。それ以外はポジの調整程度でした。引き続きIVの低下を希望中です。
■2010年4月20日 後場終了
 日経225:10900.68 (前日比-8.09)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 18.16% (前日比-0.33%)
  5営業日間のHV: 18.07%
 20営業日間のHV: 13.41%
 60営業日間のHV: 18.79%

■値洗い前日比:+135.2

■リスク指標
 デルタ:0.7
 ガンマ:-0.68
 ベガ :-244
 セータ:28

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,393,708
 証券会社の値:1,075,378


 まず、相場の状況ですが、まさかの日経前日比マイナスとなっています。海外強くて為替も安定しているのに日経だけ弱いのは理由がよくわかりません。IVはコール側中心に低下しました。しかし、日経が前日比プラスで推移してたざら場はもっと低かったので、相場が安定すればまだまだ低下する余地がありそうです。
 取引の方は、今日の前場にデイトレで少し稼いだのと、プット売りでデルタヘッジをしました。後場に相場が下げたのでデルタヘッジが余分な取引となってしまいました。今後の予定ですが、引き続きIV低下希望です。
■2010年4月19日 後場終了
 日経225:10908.77 (前日比-193.41)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 18.49% (前日比+1.35%)
  5営業日間のHV: 18.07%
 20営業日間のHV: 13.41%
 60営業日間のHV: 18.79%

■値洗い前日比:-238.7

■リスク指標
 デルタ:0.3
 ガンマ:-0.65
 ベガ :-227
 セータ:26

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,113,381
 証券会社の値:904,169


 相場の方は大幅な下げ。ゴールドマン・サックスが証券詐欺で提訴されたというのが理由らしいです。下げの割にはIVはあがらず冷静な相場といえそうです。
 取引の方ですが主に金曜夕場にオプション買い戻し、今日はプット新規買い+プットバック追加、という感じです。金曜夕場のポジ縮小のおかげで被害の拡大を抑えられたのはラッキーでしたが、今日の取引はタイミングが悪く失敗しています。夕場以降は相場の状況をみながらポジ操作していこうと考えています。
■2010年4月16日 後場終了
 日経225:11102.18 (前日比-171.61)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.20% (前日比+0.93%)
  5営業日間のHV: 13.56%
 20営業日間のHV: 12.21%
 60営業日間のHV: 18.61%

■値洗い前日比:-91

■リスク指標
 デルタ:0.9
 ガンマ:-0.84
 ベガ :-360
 セータ:47

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,491,572
 証券会社の値:2,242,085


 久々に値幅を伴った下げとなりました。これだけ下げたのは、2010年2月19日の-212.11円以来。
 取引の方はちょっと失敗しています。今週の前半が当面のIV底値圏だったようでIVが上昇気味です。で、IVを上昇したところを売っていっています。昨日の夕場でちょっと売り、今朝の寄りでちょっと売り、前引け直前に追加売りというように売り乗せして、これが現在のところ裏目。SPAN証拠金額も自主上限に到達してしまいました。夕場にIVが下がることを希望中です。どういう状況にしろ、夕場でデルタをフラットに戻す予定です。
 

■2010年4月15日 後場終了
 日経225:11273.79 (前日比+68.89)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 16.45% (前日比+0.54%)
  5営業日間のHV: 8.56%
 20営業日間のHV: 11.46%
 60営業日間のHV: 18.36%

■値洗い前日比:-89.1

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.57
 ベガ :-250
 セータ:33

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,534,312
 証券会社の値:1,211,834


 終値前日比でみた場合ですが、相変わらず変動が少ない相場が続きます(ざら場はそこそこ動いているんですが…)。HVがすべて年初来安値になってます。直近の安値はそれぞれ5営業日間HVは2009年12月21日の7.57%、20営業日間HVは2007年7月26日の11.10%、2007年8月17日の17.99%でした。HVからみた相場は、サブプライムやリーマンの影響以前の平時に回帰したと言っていいと思います。
 そういう落ち着いた相場状況ではありますが、IVは少し上昇しています。相場過熱や高値更新への警戒感とか、米株決算発表や各国経済指標発表への警戒感などが考えられそうですが、理由はよくわかりません。
 取引の方ですが、OP売りの積み増しを軽くしましたが変更なしに等しい状態です。相場変動待ちです。
 

■2010年4月14日 後場終了
 日経225:11204.9 (前日比+43.67)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 15.76% (前日比-0.13%)
  5営業日間のHV: 10.74%
 20営業日間のHV: 11.99%
 60営業日間のHV: 18.39%

■値洗い前日比:+39.7

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.56
 ベガ :-232
 セータ:29

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,361,105
 証券会社の値:946,832


 相場の方は、終値比でみればあまり変動なし。IVもやや下げ程度。(ざら場の高低差は結構あるんですけどね…)
 取引の方ですが、小さくスプレッドを追加したのと期先で売り増しをしておきました。
■2010年4月13日 後場終了
 日経225:11161.23 (前日比-90.67)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 15.88% (前日比+0.08%)
  5営業日間のHV: 10.39%
 20営業日間のHV: 11.95%
 60営業日間のHV: 18.53%

■値洗い前日比:-58.9

■リスク指標
 デルタ:0.1
 ガンマ:-0.37
 ベガ :-168
 セータ:14

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:699,316
 証券会社の値:425,124


 相場は少し下げました。日経平均が11100を下回った時間帯あたりではIVが上昇するかものドキドキ感が少しありましたが、これぐらいの下落ではIVは上昇しませんね。平穏な相場でした。
 取引の方ですが、昨日の夕場は取引なし(デルタヘッジしとけばよかった(泣))。今日の前場は相場がじりじりと下がっていったのでそれ合わせてプット売りの返済やデルタヘッジをしました。ポジが身軽になり暴落カモーンの状態だったのですが、そうそう暴落はありませんね(汗)。大引け前に少し売りを入れてセータ補給しておきました。
■2010年4月12日 後場終了
 日経225:11251.9 (前日比+47.56)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 15.96% (前日比+0.29%)
  5営業日間のHV: 9.39%
 20営業日間のHV: 11.60%
 60営業日間のHV: 18.51%

■値洗い前日比:-17.2

■リスク指標
 デルタ:0.7
 ガンマ:-0.53
 ベガ :-200
 セータ:26

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,410,911
 証券会社の値:1,063,047


 相場は上抜けしそうでしません。しばらくこの辺りをうろうろするんでしょうか。
 今日の取引は期先を買い戻してポジを軽くした後、IVの高かった期近プットを売りました。午前中の相場が高い時にデルタヘッジを入れてその後何もしなかったので、デルタの傾きが大きくなっています。夕場で緩和予定です。
■2010年4月9日 後場終了
 日経225:11204.34 (前日比+36.14)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 15.72% (前日比-0.92%)
  5営業日間のHV: 9.50%
 20営業日間のHV: 11.86%
 60営業日間のHV: 18.78%

※基準IVは連続性なし(4月限がなくなったので、利用データが変更になった)。但し、前日比は正しい(4月限を使わないデータで前日を算出し、その差を出してます)

■値洗い前日比:+347.4

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-0.47
 ベガ :-205
 セータ:19

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,033,453
 証券会社の値:674,591


 相場はあまり変動なしですが、IVの低下が強烈でした。
 おかげで値洗いは絶好調です。
 取引ですが、昨日夕場の相場下落でさらなる下落に備えてプットを買ったのですが失敗。今朝それを返済したのですが、前場下げたのにプットのIVが低かったのでまたまた買い戻し。その部分が結構な含み損になってます(泣)。それはさておき、想像以上に値洗いがよかったので月曜日までベガショートを引っ張る予定でしたが、一部を買い戻ししてポジを軽くしました。
■2010年4月8日 後場終了
 日経225:11168.2 (前日比-124.63)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.62% (前日比+0.02%)
  5営業日間のHV: 9.59%
 20営業日間のHV: 12.28%
 60営業日間のHV: 18.96%

■値洗い前日比:+263.5

■リスク指標
 デルタ:0.4
 ガンマ:-0.7
 ベガ :-280
 セータ:38

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,661,125
 証券会社の値:1,415,201


 相場は程よい押し目と思われます。通常相場が下がるとIVは上がる傾向にありますが今日はIVは下がりました。下がった理由は、(1)上昇が続いた相場がやっと押し目となったことによる安心感、(2)もしかしたらSQ前日の特殊要因(売建玉の期先へのロール)、あたりかと思います。
 ※基準IVを残存30日換算で出してますが、この出し方良くないかもです。5月限の残存日数が現在36日なのですが、IVが高めの4月限の影響をかなり受けています。で、6月限りのIVも高めなので、4月限がなくなるとこの基準IVは約17%弱ぐらいになると思われます。1%の誤差は結構厳しいなぁ。ちょっと出し方を考えてみます。残存35日換算がいいのかなぁ…。※※ちなみに残存30日としたのはVIXに合わせたからです。

 IVが下がったので、値洗い絶好調でした。やっとベガショートが効いてきました。順調にIVが下がるようなら、ポジを少しずつ縮小しながら月曜までベガショートをひっぱっていきたいと考えています。
 取引は少しだけ実施。プットを少し買い戻して、ベガショートを緩和した程度です。
■2010年4月7日 後場終了
 日経225:11292.83 (前日比+10.51)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.98% (前日比-0.15%)
  5営業日間のHV: 11.32%
 20営業日間のHV: 11.64%
 60営業日間のHV: 18.89%

■値洗い前日比:-19

■リスク指標
 デルタ:0.1
 ガンマ:-0.79
 ベガ :-330
 セータ:54

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,199,511
 証券会社の値:1,677,059


 日経平均はわずかに上昇、ボラティリティの低い相場が続きます。
 その割にはIVが低下しません。特にATMはほとんど変わらずで基準IVは7日連続で四捨五入の値が18%となってます。逆にOTMの遠いところはIVが低下しています。(そのIVが低下しているあたりに、買玉を多く持っているので、ここのところ値洗いがさえません(泣))

 今日の取引は調整程度でした。
■2010年4月6日 後場終了
 日経225:11282.32 (前日比-56.98)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 18.13% (前日比-0.20%)
  5営業日間のHV: 11.31%
 20営業日間のHV: 11.65%
 60営業日間のHV: 19.02%

■値洗い前日比:+106.5

■リスク指標
 デルタ:0.4
 ガンマ:-0.52
 ベガ :-295
 セータ:32

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:1,958,454
 証券会社の値:1,618,863


 久しぶりに明確な押し目となった日です。日経225が10円以上下げたのは、3/23日の-50.57円以来なので、2週間ぶりのことです。
 最近とても相場が安定していてHVが低下傾向にあります。20営業日間のHVが11%台なのは、2007年7月26日の11.10%以来です。当時は日経平均が高値で安定していた頃でした。

 今日の取引はコール側の建玉の調整を中心に行いました。ここのところの急騰でポジション全体のバランスが自分の目指すところから崩れていたのですが、大分きれいになってきました。
 引き続き、IV低下を希望中です。
■2010年4月5日 後場終了
 日経225:11339.3 (前日比+53.21)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 18.32% (前日比+0.47%)
  5営業日間のHV: 12.88%
 20営業日間のHV: 13.69%
 60営業日間のHV: 19.01%

■値洗い前日比:+2.6

■リスク指標
 デルタ:-0.1
 ガンマ:-0.84
 ベガ :-303
 セータ:61

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,111,995
 証券会社の値:1,627,185


相変わらず強い相場が続いています。
取引は、金曜夕場に買建玉の売決済、本日は売建玉の買決済を主に行っています。
なかなかIVが下がりませんねぇ。早く買い戻ししたいと思っているんですが…
■2010年4月2日 後場終了
 日経225:11286.09 (前日比+41.69)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.85% (前日比+0.17%)
  5営業日間のHV: 12.46%
 20営業日間のHV: 15.65%
 60営業日間のHV: 19.01%

■値洗い前日比:-99.4

■リスク指標
 デルタ:0
 ガンマ:-1.06
 ベガ :-296
 セータ:65

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:2,345,830
 証券会社の値:2,188,853


 日経225は今日も上昇。強い相場が続きます。IVは、ほぼ全面高。期近のコール側のみ多引けにかけてIVが下がって前日比マイナスとなりました。

 取引の方です。昨日大量にOP売りをしたのですが希望は叶わず昨日の夕場からIV高が続いています。ちょっと気持ちが悪くなって昨日は大きくマイナスになっているガンマを緩和する為に期近でロングストラドルを建てました。これがうまくいってちょっとプラスで今日撤収。また、昨日の夕場より、OP売りのリスク緩和の為にFOTMのプレミアム小さいところを買い増しをしたり、ポジのバランスが崩れていたのでポジション移動をしたりしました。
 売りが多くてちょっと負担なので、はやくIVに下がってもらって、買い戻しをさせて欲しいです。
■2010年4月1日 後場終了
 日経225:11244.4 (前日比+154.46)
 基準IV(修正ATMの残存30日換算): 17.56% (前日比-0.28%)
  5営業日間のHV: 16.37%
 20営業日間のHV: 16.03%
 60営業日間のHV: 19.00%

■値洗い前日比:-43.4

■リスク指標
 デルタ:0.5
 ガンマ:-1.09
 ベガ :-347
 セータ:68

■SPAN証拠金額
 自作近似計算:3,004,795
 証券会社の値:2,470,890


 日経平均は堅調で、今日も上昇してしまいました。値幅を伴った上昇が理由だと思われますが、IVは期近ATMが低下した以外は、前日比で上昇あるいは変わらずです。午前中はIVが低くその後上昇したので、気分的にかなり上昇したような感じです。

 取引は、オプションを売りまくりです。数えたら今日1日で39枚売っていました(買いは1枚のみ)。新規売りも決済売りもありましたし、プットもコールも期近も期先も売ってました(笑)。気が付いたら証拠金が自己規制を超えてました(汗)。IV低下したところで買いを入れてポジのバランスをとりたいです。早くIV低下しないかな…。