管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで 2009年03月

2009/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2009/04

さらに追記

朗報です。5月18日(月)からだと思われますが、証拠金のSPAN対応をするようです。しかも、手数料半額キャンペーンまであります。
おそらく、オプションを扱う証券会社としては、最もお得な会社となると思われます。

http://www.okasan-online.co.jp/corporate/release/2009/info00500/
「先物・オプション手数料が今なら半額!キャンペーン」実施のお知らせ~新登場の岡三デスクトップ&岡三RSSで先物・オプション取引を体感しよう~

岡三オンライン証券株式会社(所在地:東京都中央区、取締役社長:池田嘉宏)は、平成21年4月20日(月)から、先物・オプション手数料が今なら半額!キャンペーン」を実施いたしますのでお知らせいたします。

すでにお知らせのとおり、当社では4月17日(金)から「岡三デスクトップ」および「岡三RSS」の提供を開始いたします。「岡三デスクトップ」は、株式はもちろん、日経225先物、日経225mini、日経225オプション取引に対応したガジェット形式のトレーディングツールです。また、「岡三RSS」はExcel(R)上でリアルタイムの情報取得から取引までできるアドインツールで、高度なプログラム知識がなくても、先物・オプション取引のシステムトレードに応用が可能です。

今回、先物・オプション取引にも活用できるこれらの新ツールのサービス開始を記念いたしまして、日経225先物および日経225mini取引手数料を4月20日(月)から6月30日(火)までの間、半額でご提供いたします。この機会に是非「岡三デスクトップ」および「岡三RSS」をご体感ください。

また、日経225オプションにつきましては、多くのお客さまからご要望をいただいている必要証拠金計算ロジックの改修完了後、5月18日(月)から取引手数料を通常の半額といたします。

岡三オンライン証券は、今後とも投資家の皆さまの取引コスト低減を図ると同時に、価値あるサービスの提供に努めてまいります


───────────────────────────────────
追記:岡三の証拠金計算はSPANを採用してないようです。他のところにあった情報ですが、コピペします。
 4c850-2
 5c875+1
 5c900+1
 で必要証拠金は1,535,982でした
 4p750中心ののバタで1,944,720円でした
どういうロジックかは不明ですが、裸売りの証拠金がそのまま加算されているようなイメージです。ということで、口座を作ってもOP取引には実質使えないでしょう。(例外として、先物取引専用やOP単純売り買い専用としてなら、証拠金安いし手数料も安いので有用だと思います)
口座開設しても、楽天RSSのバックアップとしてぐらいしか使い道がないかもしれません。ものすごく期待が大きかったので、残念です。

───────────────────────────────────

今までRSSは楽天のみしかやってませんでしたが、ついに岡三オンライン証券も参入するようです。しかも発注までできるそうです。
その他、文面を見る限りにおいては、岡三は手数料、証拠金とも業界最低水準のようです。まさに、理想の証券会社といえましょう。私は、早速口座開設の申し込みをしました。(但し、しばらくは使いません。いろんな不具合があるかもしれないので、落ち着くのを待ちたいと思います。また、証拠金がSPANを採用しているのか疑わしい点があります。これは要確認です。)

以下、情報です。

●RSSについて
http://www.okasan-online.co.jp/corporate/release/2009/info00486/
「岡三RSS」画面構成
「岡三RSS」を利用すると、Excel(R)上で板情報やクォート、歩みなど各種リアルタイム情報が表示できます。システムトレードへの応用が可能な四本値は、日足なら過去3年分の取得が可能です。また、当日の注文・約定情報、保有銘柄の取得やExcel(R)上から直接発注もできるほか、IF関数などExcel(R)で定義された関数を利用することで逆指値などの特殊注文のロジックも簡単に作成できます。岡三RSSからの発注は、日本株取引※(現物、信用)および先物・オプション取引(日経225先物、日経225mini、日経225オプション)に対応しています。
また、関数入力ダイアログボックスを利用すれば関数を直接入力することなしに、株、先物・オプションのリアルタイム情報をExcel(R)上に表示できます。

●取引ルール
http://www.okasan-online.co.jp/products/fop/rule.html
15. 建玉上限
先物およびオプションの建玉の合計で200枚が建玉上限となります。なお、オプションについては、売建玉のみが加算されます。また、日経225mini は1枚あたり0.1枚として換算します。

20. 委託証拠金
1. 委託証拠金の前受け
当社の先物・オプション取引は完全前受制です。新規建は「取引余力」の範囲内とし、決済は建玉の範囲内とします。必要証拠金の拘束は建玉と注文の両者に対して行われます。
決済注文は、決済することで余力が不足する場合であっても決済可能です。 2. 証拠金について
当社での先物取引には金融商品取引所が定める証拠金所要額(SPAN証拠金)の計算方法に準じて当社が別に定める計算方法により算出した証拠金所要額が必要となります。また、当社の先物・オプション取引で差入れまたは預託していただく証拠金は全額現金のみとさせていただきます。代用有価証券での差入れまたは預託は承っておりませんのであらかじめご了承ください。 最低必要証拠金
先物・オプション取引に係る最低必要証拠金はありません。

必要証拠金
必要証拠金=(SPANに基づき当社が計算する証拠金額×1.0)-ネットオプション価値の総額

最低維持証拠金
維持証拠金=(SPANに基づき当社が計算する証拠金額×1.0)-ネットオプション価値の総額

ネットオプション価値の総額
ネットオプション価値の総額=買いオプション価値の総額から売りオプション価値の総額を差引いて得た額


手数料
日経225先物 1枚 420円
日経225mini 1枚 42円
日経225オプション 売買代金の0.21% 最低手数料210円

※SPANに基づき当社が計算する証拠金額 ですが、具体的にどういうことか書かれていない点がちょっと怪しいです。

とはいうものの、SPANを使っているという記述が別のところにありました。

http://www.okasan-online.co.jp/support/qa/d/06/00081/
Q.SPAN(R)証拠金とは何ですか。
A.保有するポジションのリスクを相殺して証拠金を計算する方法です。SPAN(R)とは、大阪証券取引所が毎月一回、過去一定期間での価格変動を元に計算している数値で、証拠金の基準となっています。当社もSPAN(R)証拠金に基づき証拠金を算出しています。
SPAN(R)は、Chicago Mercantile Exchangeが開発した証拠金計算方法で、The Standard Portfolio Analysis of Riskの略です。先物・オプション取引全体の建玉から生ずるリスクに応じて証拠金額が計算されます。

※でも、上記に毎月1回とありますが、毎週1回の間違いだと思われます。こんな表記をしてるようでは信頼が薄いです。まあ、そういうわけで、本当にSPANを使っているかどうかは、ちゃんと確認した方がよさそうです。

以下、アフィです。


スポンサーサイト
この1か月は総論でいうと、相場好調、私のトレードは大失敗といったところです。2月の中旬頃より、VVスプレッドと称して新たな試みのポジを運用していますが、このスプレッドを1月末から2月中旬のデータで最適化したのが間違いのもとでした。運用開始当初はかなり好調だったのですが、相場上昇しだしてから極端に成績が悪化していきました。成績が悪化しだした当初は、単に値洗いのブレがあるだけで、そのうち良化するんだろうと思っていたのですが、全然良くならず。で、再度、ポジションの見直しをかけたところ、相当な悪手だと気がついたのですが、その時には時すでに遅しという状況でした。で、やっと上昇にも強いポジに組み替えたのですが、これだと薄利になってしまうかもしれません。もう少し運用してみればある程度結論が見えてくると思いますが、この手法は主力にするにはちょっともの足りないかもしれないという気がしてきました。また、いろいろと戦略を練っていこうと思います。

           TOTAL評価損益  月間評価損益
───────────────────────────
2009年03月末  +11,843,672円  -1,051,565円
2009年02月末  +12,895,237円   +703,211円
2009年01月末  +12,192,026円   -111,856円
2008年12月末  +12,303,883円   +565,625円
2008年11月末  +11,738,257円   -709.337円
2008年10月末  +12,447,594円     -9,744円
2008年09月末  +12,457,338円    -85,066円
2008年08月末  +12,542,404円       +0円
2008年07月末  +12,542,404円       +0円
2008年06月末  +12,542,404円       +0円
2008年05月末  +12,542,404円    +53,170円
2008年04月末  +12,489,234円    +83,530円
2008年03月末  +12,405,704円  +1,035,452円
2008年02月末  +11,370,252円   -269,716円
2008年01月末  +11,639,968円   -491,985円
2007年12月末  +12,131,953円   -109,250円
2007年11月末  +12,241,203円  +1,730,718円
2007年10月末  +10,510,485円  +1,436,959円
2007年09月末  +9,073,526円   +352,723円
2007年08月末  +8,720,803円  +6,085,366円
2007年07月末  +2,635,437円  -2,415,593円
2007年06月末  +5,051,030円   +328,085円
2007年05月末  +4,722,945円   +136,956円
2007年04月末  +4,585,989円  +1,013,464円
2007年03月末  +3,572,525円  -1,716,327円
2007年02月末  +5,288,852円  +1,475,031円
2007年01月末  +3,813,821円   -577,749円
2006年12月末  +4,391,570円  +2,816,048円
2006年11月末  +1,575,522円  +1,575,522円
2006年11月27日開始(資金100万円)
───────────────────────────
■本日の日経225
 終値8109.53(-126.55)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 +30,283円

■通算評価損益(since20061127)
 11,843,672円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  72,630円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 2,840,592円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,934,440円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 1,934,440円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 8226.46
  デルタ : -0.02
  ガンマ : 0.016
  セータ : 7.86
  ベガ  : 7.20

■相場感やトレードについて
 相場の上下が激しい日々が続いています。ポジの方は、先週末から考え方を変更して組んでいますが、相場の上下に対してかなり頑丈になっているようです。言いかえれば、損もしないけど、儲けも少ない状況です。まだ、結論を出すには早いですが、この考え方でいいのかは再検証しなければならないかなと感じている状況です。
 今日のざら場も相場が結構動きましたが、風邪の為体調不良でほとんど場を見ていませんでした。本来は建て玉の移動をしたかったのですが、移動せずに調整程度になってしまいました。
■本日の日経225
 終値8236.08(-390.89)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -5,108円

■通算評価損益(since20061127)
 11,813,389円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -118,398円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 2,169,604円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,815,440円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 2,766,068円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 8176.84
  デルタ : -0.06
  ガンマ : -0.085
  セータ : 29.04
  ベガ  : -4.46

■相場感やトレードについて
 今日の相場は、大幅な下落となりました。下落率だけみれば大暴落と言っていいぐらいなんでしょうが、これぐらいは皆さん慣れっこなんでしょう。とはいえ、一方通行に下げていくばっかりなので、下への警戒感はありありで、IVがかなり上昇しました。ただ、IVは最後は低下してますので、参加者の多くは冷静な対応をしたことが想像されます。
 さて、トレードの方は、ATMの移動に伴って建玉を動かすとともに、プット売りを少し多めに積んでみました。久々にガンママイナスとなりましたが、ここより下は屑プット買いのお守りがありますので、大暴落となっても大被害にはならないと思っています。明日はどんな相場になるのでしょうか?
■本日の日経225
 終値8626.97(-9.36)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 +27,856円

■通算評価損益(since20061127)
 11,818,497円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -56,687円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 2,170,866円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,769,694円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 2,707,678円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 8552.33
  デルタ : -0.08
  ガンマ : 0.027
  セータ : 3.97
  ベガ  : 14.66

■相場感やトレードについて
 昨日の予告通りのポジ修正を行いました。やったことは、本ポジの売り増し、ヘッジポジの縮小のリバランスと、証拠金抑えの屑プット買いです。パラメータ的にはまずまずなんですが、暴落にはやや弱いと思われます。まあSPANを信じるならば、損失は最大でも証拠金程度のはずなので、それほど心配しなくてもよいでしょう。
 3/13から2週間も続いていた値洗いマイナスの連続から抜け出し、やっと薄日が見えた感じがします。間違いに気づくまでに時間がかかり大分証拠金を減らしてしまったのですが、今度は大丈夫でしょう。しばらくは今の方針で運用してみようと思います。
■本日の日経225
 終値8636.33 (-156.34)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -95,038円

■通算評価損益(since20061127)
 11,885,679円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  1,071,608円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 2,534,503円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,927,628円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 1,187,995円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 8706.49
  デルタ : 0.06
  ガンマ : 0.235
  セータ : -28.31
  ベガ  : 62.22

■相場感やトレードについて
 先週相場の予想を書きました。上昇相場は続くものの今週は停滞するとのようなことを書きましたが、やはりというか予想が外れてます。思ったより早い上昇スピードです。
 今のポジ的には、ひと押しして欲しいなと思っているのですが、これはわかりません。以前にくらべると上昇にある程度強くなっているのですが、ポジ全体がベガロングになっているのでIVが低下するとその分損失になってしまいます。そのベガロングですが、主にヘッジポジの影響です。昨日の予告通り今日は本ポジの拡大とヘッジポジの縮小を行ったのですが、相場が変動することにより、またヘッジポジが強くなりすぎた状態になってしまいました。で、ヘッジポジを縮小しようかとも考えたのですが、そうすると証拠金が膨らんでしまうといジレンマに陥ります。ということで、夕場でもあまり調整をしなかったので、ヘッジポジが強い状態が継続しています。明日は、相場状況を見つつですが、ベガロングのヘッジポジを縮小するとともに、証拠金抑えの屑プット買いをして、全体をリバランスしようかなと考えています。
■本日の日経225
 終値8479.99(-8.31)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -46,825円

■通算評価損益(since20061127)
 11,885,679円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  755,760円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 866,435円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 555,346円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 3,266,634円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 8377.84
  デルタ : -0.13
  ガンマ : 0.197
  セータ : -23.40
  ベガ  : 49.07

■相場感やトレードについて
 連日の値洗いマイナスです。原因はヘッジポジが本ポジに比して大きすぎることです。ヘッジポジ事態自体は長期的に運用すれば損得がほぼ0になる(すなわち、損得なし)と考えているポジなんですが、それが大きすぎると、日々の値洗いがヘッジポジに振り回されることになってしまいます。ということで、明日は相場状況をみながら、本ポジ積み増しかヘッジポジ縮小かして、バランスをとっていこうと思います。
■本日の日経225
 終値8488.30(+272.77)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 +2,412円

■通算評価損益(since20061127)
 +11,932,504円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  566,514円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 786,606円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 495,832円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 3,428,149円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 8355.57
  デルタ : -0.14
  ガンマ : 0.183
  セータ : -20.13
  ベガ  : 59.61

■相場感やトレードについて
 私の相場感では、相場上昇は続けるもののそろそろ一旦頭打ちし、行っても今週末に日経が8500あたりなんじゃないかなんと思ってたのですが・・・、思ってた以上に強いようです。どこまでいくか見ものです。(今のポジはガンマをロングに振っているので、相場変動は歓迎のハズです)
 さて、ポジの方ですが、昨日比で結構上昇してきたため、ポジの一部をロールアップしました。また、売り玉の一部を単純に決済して、ベガロング、ガンマロングに振ってみました。本ポジは上昇にも強いはずなのですが、ヘッジポジの存在感が強くなっています。なので、全体では、どっちかというと下落に強いポジになってます。
■本日の日経225
 終値8215.53(269.57)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -18,987円

■通算評価損益(since20061127)
 +11,930,092円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  731,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 1,351,374円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,027,684円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 2,850,343円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 8248.39
  デルタ : 0.22
  ガンマ : 0.158
  セータ : -20.54
  ベガ  : 39.76

■相場感やトレードについて
  さて、予告通り、今日は大幅にポジを組みかえました。先週までのポジを分析・反省したところ、相場横這いや下落には強いものの相場上昇にはとても弱いポジとなっていることがわかりました。(うすうす感じてたんですが、データを確認することにより、確信にかわりました)。そこで、相場上昇にも強いように、権利行使価格の選び方や売り買いの比率などを新たなものにしました。更に、じり下げにも強く、大暴落にも強いように保険ポジを入れているのですが、保険が本ポジの利益をくってしまわないかちょっと心配な状況ではあります。しばらくこの状態で運用しつつ、データ取得も並行にすすめつつ、ポジを発展させていきたいと思ってます。
■本日の日経225
 終値7945.96 (-26.21)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -10,392円

■通算評価損益(since20061127)
 +11,949,079円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -159,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 730,970円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 636,570円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 4,377,109円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7882.91
  デルタ : 0.00
  ガンマ : 0.022
  セータ : -5.55
  ベガ  : 8.80

■相場感やトレードについて
  さて、昨日の予告通り、ポジの全クローズを行いました。残ったポジは、バックの保険ポジだけとなってます。来週にむけて、新たな戦略を考えようと思います。
■本日の日経225
 終値7972.17 (+23.04)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -101,000円

■通算評価損益(since20061127)
 +11,959,471円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -1,496,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 5,606,070円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 4,927,130円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 850,766円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7891.13
  デルタ : 0.29
  ガンマ : 0.310
  セータ : -30.38
  ベガ  : 50.29

■相場感やトレードについて
 今日の日経225はざら場ではありますが、8000越えを達成しました。私の相場感ではこの後のシナリオば次のどちらかなんじゃないかと思っています。
 シナリオ①:まだまだ上昇は続きます。来週いっぱい連騰しつづけます。ただ、上昇スピードは落ちて、来週末に8500程度が目標。
 シナリオ②:上昇相場を続けるもののしばらく停滞します。来週にかけては、8000あたりを行ったりきたり。
 ま、そんな想定をしていてもあまりあたらないのですが、シナリオ②の方が可能性が強いかなぐらいには思っています。
 さて、私の現在のポジですが、相当な悪手のようです。連日、値洗いのマイナスが続いています。全決済しようと考えてるのですが、今日はタイミングが悪いような気がして明日に持ち越すことにしました。明日は全決済するつもりでいます。
 今後の戦略については、今週末に考えてみます(今週末は用事が立て込んでるので、考える時間が少ないのですが、とっかかりのポジぐらいは構想を建てれると思ってます。)
■本日の日経225
 終値7949.13(+244.98)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -80,315円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,060,471円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -1,304,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 5,236,550円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 4,610,030円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 1,129,286円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7823.67
  デルタ : 0.37
  ガンマ : 0.251
  セータ : -31.13
  ベガ  : 45.97

■相場感やトレードについて
 今日も相場が上昇しました(ここは私の相場感と一致してるのですが・・・)。しかし、今日も値洗いが悪化しています(私は、なにをやってるんだろう…)。
 書いてはいなかったのですが、昨日の朝、コール買いをしてデルタをプラスに傾けてたんです。でも、昨日終わってみると、相場が上昇しガンマプラスだったにもかかわらずデルタがフラットになってました(せっかく上昇相場に備えたのに、それ以上に本ポジが悪さしています)。で、今朝はデルタがマイナスに傾いていたので、朝の時点ででるたをプラスに振りました。今日、終わってみると、ガンマプラスで相場上昇なのに、値洗いはマイナスです(本ポジがいかに悪手なのかがわかります)。
 原因はわかってます。相場上昇にもかかわらず、OTMのコールが反応してないんです。相場上昇とともにIVも上昇している稀な相場であるのですが、売りポジの損失が膨らんでいるのに、買いポジは利益になっていません。だから、デルタロング、ガンマロング、ベガロングの3拍子そろったリスク指標にもかかわらず、損失が膨らんでいるのです(リスク指標だけを信じてトレードしても、実際はそのとおりに動かない良い例だと思います)。
 今日したことは、一時的にマイナスに傾いたデルタをミニ先買いでプラスにしただけです。他のポジについては昨日のままです。現在のポジ的は、おそらく日経7800~7900円ぐらいが一番居心地が悪いんではないかと想像します。この状態でもう1日か2日か辛抱してみます。明日こそは、値洗いが改善しますように。
 それと、今回のドローダウンを反省して、ポジの組みかたを変えてみようと思います。幸い、最近相場データの取得をはじめて、データがたまってきているので、分析につかえると思っています。
■本日の日経225
 終値7704.15 (+134.87)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -107,596円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,140,786円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -1,178,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 5,019,002円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 4,382,685円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 1,300,834円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7795.31
  デルタ : 0.06
  ガンマ : 0.206
  セータ : -23.47
  ベガ  : 38.41

■相場感やトレードについて
 今日も値洗いが大幅マイナスです。後場終了時点では散々な状態でしたが、夕場で少し戻したのでほっとしてます。
 値洗い悪化に対応して、ポジの積み増しで対処したいところなんですが、すでに証拠金がかなり圧迫されている状況なので、微調整のみでほとんどポジをさわっていません。明日の値洗い良化を期待したいところです。おそらく明日こそは値洗いが少しは回復することでしょう。どっちかというと、激しい変動を期待してます。
 で、今回の上昇相場で、今のポジの欠点がいろいろと見えてきました。データもとれたので、暇を見つけて戦略を練り直してみようと思います。
■本日の日経225
 終値7569.28(371.03)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -340,458円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,248,382円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -729,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 4,646,090円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 3,986,530円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 1,331,502円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7618.66
  デルタ : -0.03
  ガンマ : 0.269
  セータ : -32.45
  ベガ  : 49.69

■相場感やトレードについて
 いよいよ相場反転か!という動きです。本当にこのまま上昇するのかどうかはちょっと疑わしさもあるのですが、IVの動きをみるとわかる事実があります。それは、相場が上昇すればIVも上昇するという珍現象が起きていることです。今のところIVの上昇はATMあたりが中心で、FOTMはあまり反応していません。つまり想像するに、相場が上昇することは意外性がありの状態だけど、恐怖というほどではないということだと思います。これが恐怖に変わる時にはFOTMのIVまで反応するのではないかと思います。
 さて、トレードの方ですが、寄りでプット売りのデイトレ(IV下がると思って売ったんだけどIV上昇傾向があったので少しずつ撤退、最終損益はマイナス)、プットバックの一部縮小、傾いたデルタの調整、夕場で隣どおしのコールのIVに極端な差があった(と思ったので)裁定のつもりのレシオスプレッド、ぐらいです。本ポジに関しては、ほとんど触ってません。正確に言うと、本ポジの値洗いが非常に悪く、また証拠金も圧迫されている状態なので、積み増すこともできず、仕方なく耐えることを選びました。相場が上昇するにしろ下落するにしろ、月曜には少しは改善されるのではないかと淡い期待を持ってます。
■本日の日経225
 終値7111.4(-177.87)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 +122,204円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,588,840円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -446,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 1,873,468円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,629,495円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 4,161,477円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7111.42
  デルタ : 0.06
  ガンマ : -0.032
  セータ : -8.27
  ベガ  : 2.71

■相場感やトレードについて
 昨日書きましたが、シナリオは、②一旦、日経7000ぐらいまで押してから、相場上昇で5連騰ぐらいする の方なのかもしれません。どっちでもいいんですけど(本当はそうじゃないんだけど)、昨日の夕場で建てたコール買いは失敗に終わりました。で、今朝、ロングストラングルを建てたんですけど、これも失敗に終わりました(利確のチャンスはあったんですけど、相場変動がほとんどないのなら仕方ないところです。それにしても、短期トレードは失敗続きでめげてしまいそうです)
 メインポジはまずまずの動きでした。悪くないです。なんですが、久々のミストレードをして反省してます。デルタヘッジで、ミニ先を売らなければならなかったところを、買ってしまいました。夕場で調整をしたのですが、変な動きがなくて助かりました。気をつけなければなりません。
■本日の日経225
 終値7376.12(+321.14)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -8,038円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,466,636円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -640,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 1,309,440円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,163,840円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 4,797,406円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7444.90
  デルタ : 0.17
  ガンマ : 0.184
  セータ : -34.99
  ベガ  : 7.66

■相場感やトレードについて
 NY市場が反転した模様です。日経も釣られて大幅上昇となりました。いよいよ株式市場が底をうって反転に向かうとするとここからのシナリオは次のどちらかの可能性が強いと思ってます。
 ①一気に相場上昇、5連騰ぐらいする
 ②一旦、日経7000ぐらいまで押してから、相場上昇で5連騰ぐらいする
で、私は②の可能性の方が強いと思ってるのですが、いずれにしても、しばらくは相場の動きが大きいんじゃないかと思います。
 という前提でしばらく遊びのトレードをしてみようと思います。本日は、前場に期近P725-C750のロングストラングルをたてて相場変動を待ってみましたが、動かず。仕方がないので夕場に持ち越し。夕場もしばらくは動きがなかったもののIVが上昇したところで、LSは決済。わずかばかりの利益になりました。その後、相場上昇の動きがでてきたので、C750を買いでエントリー。そのC750に含みがあるうちに、C775も買いでエントリー。相場が下落こう着したので、C750は同値で全面撤収(ちょっと下手でした)。C775も2枚を残して同値で撤収。結果、C775を2枚持ち越しとなってます。
 本ポジの方は調子が悪いです。こんなに調子が悪いと主力には適さないような気がしてきました。別途、考察を行い、戦略を練り直してみようと思います。
■本日の日経225
 終値7054.98 (-31.05)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -164,630円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,474,674円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -661,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 3,163,951円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 2,721,241円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 2,971,723円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 7115.98
  デルタ : -0.09
  ガンマ : 0.051
  セータ : 7.54
  ベガ  : -8.34

■相場感やトレードについて
 日経もNY市場も連日底値を探っている状況のようです。そんな状況にもかかわらず相場は安定的に見えるしIVも上がっていません。先日から、いよいよ底からの反転開始じゃないかと思って、コール買いをしては失敗を繰り返しているのですが…。本日の前場も強い動きになったところでコール買いを行い後場まで持ち越したのですが失敗と考えて撤退しました。夕場もコール買いの指値をするところまでは行ったのですが、刺さる直前に撤退してます。負けが少しずつ積み上がってる状態ですが、どっかで取り返したい気持ちでいっぱいな今日この頃です。
 遊びのコール買いはさておき、本ポジの方の調子がいまいちです。悪い戦略ではないと思ってますので、観察を続けながらより良くしていけるように変化させていきたいと思ってます。
■本日の日経225
 終値7086.03 (-87.07)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 +140,790円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,639,304円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -617,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 3,169,380円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 2,743,940円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 3,086,924円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■リスク指標など(夕場終了時点)
  先物  : 6967.28
  デルタ : 0.33
  ガンマ : -0.053
  セータ : 17.15
  ベガ  : -0.65

■相場感やトレードについて
 今日からリスク指標を書くようにしました。
 で、相場の雲行きがかなり怪しい状況です。夕場の先物価格は7000を下回りました。NYしだいでは、日経の安値更新の可能性も高くなってきています。
 さて、ポジの方は、本日はほとんど変更なし。微調整だけしています。いまのポジに対してはあまり手を加える余地がなさそうなので、相場変動がなければ、2~3日は今の状態を保ってみようと思います。
■本日の日経225
 終値7173.10(-260.39)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -116,932円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,498,514円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -798,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 2,708,551円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 2,386,633円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 3,587,963円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■相場感やトレードについて
 相場上昇を期待して買っていたコール買いは、失敗トレードとなり損切りをしました。相場観を入れたトレードは、それが失敗した時に損失となるのは仕方ありません。懲りずに次回チャンスを狙っていきたいと思います。
 それにしても値洗いが悪いです。その理由の大半が、ヘッジとして建てているプットバックスプレッドが原因となっています。ま、そういうわけでして、昨日、プットバックスプレッドのヘッジにプットレシオスプレッドを建てようと思い、本日実行にうつしてみました。そんなことをするぐらいなら、プットバックスプレッドそのものを縮小すればいいんじゃないかという話もあると思いますが、限月、権利行使価格、売りと買いの比率の選び方を工夫すれば、小さなプットバックスプレッドよりも、大きなプットバックスプレッド+小さなプットレシオスプレッドの方が優位性があるんじゃないかなんて思っています。どちらがいいか本当のところはわからないのですが、運用実績を積みながら結論を出していこうと思っています。
■本日の日経225
 終値7433.49(+142.53)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -7,341円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,615,446円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -865,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 2,356,950円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 2,120,370円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 4,124,231円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■相場感やトレードについて
 昨日はそろそろ日経が底を打って反転するのではないかという希望のもと、3C800単純コール買い持ちをしました。今日の前場ぐらいまでは好調に相場上昇してくれたのですが、そこで頭打ちとなってしまいました。もし、相場が反転するならば3日間ぐらいは強烈な上昇相場が来ると思います。今がその時期かどうかがわかりまんが、そうあってほしいと今は願ってます。で、その単純コール買いですが、相場が上げなければ撤退の予定。相場上昇すれば、上昇具合をみながら作戦を考えます(希望はC825を売って、デビットスプレッドのフリートレードにすることです)
 上記のコール買いは遊びのポジですが、本ポジの方はいまいち調子がよくありません。そうば状況をみながらですが、期近プット側で建ててみたいポジがありますので、それを狙っていきたいと思ってます。
■本日の日経225
 終値7290.96 (+61.24)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 +60,435円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,622,787円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -649,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 1,591,990円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 1,453,930円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 4,680,217円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■相場感やトレードについて
 日経が底堅く思えます。NY市場が安値更新しているにもかかわらず、日経225は下がらない状態です。そろそろ底かな、なんて思いました。外部要因(NY市場、外国為替、など)で、下がる可能性は否定しないものの、おそらくもうこれ以上さがらないんじゃないかと思いました。で、今日の後場、日経がギャップを空けて反発しましたが、そこでコール買いをしました。先週は、コール買い失敗して、翌日には撤退したのですが、今度はリベンジを果たしたいと思ってます。
 今日は一部のポジを手仕舞いしました(残念ながら損切りです)。その為、証拠金に余裕ができてます。あす以降、様子をみながら新たなポジを積み上げていこうと思います。
■本日の日経225
 終値7229.72
(-50.43
)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -117,045


■通算評価損益(since20061127)
 +12,562,352


■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -1,086,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 3,620,460円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 3,214,440円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 3,027,892円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■相場感やトレードについて
 NYが安値を更新したわりには、底堅く落ち着いた相場でした。まだしばらくは緊張状態が続く相場だと思いますので、そのつもりでポジを調整していこうと思います。
 連日のドローダウンは結構こたえます。やってることは正しいということを信じて続けていけば見えてくるものがあると思っているので、しばらくは続けてみます。また、現在やっている戦略とは別に、新たなさやとり戦略を思いつきました。現状、データがとれてないので、データをとりつつ使える戦略かどうかの観察を続けていきたいと思います。
■本日の日経225
 終値7280.15(-288.27)

■本日の評価損益(夕場終了時点)
 -215,840円

■通算評価損益(since20061127)
 +12,679,397円

■資産状況
  ネット・オプション価値総額(夕場の終値で計算)  -841,000円
  必要証拠金額(SPAN証拠金×120%-ネット・オプション価値の総額) 3,777,800円
  維持証拠金(SPAN証拠金額×100%-ネット・オプション価値の総額) 3,300,649円
  証拠金余力(受入証拠金-必要証拠金) 2,743,227円
  ※証券口座より利益の一部を銀行口座へ移しています

■相場感やトレードについて
 これを書くのが遅くなり、もう朝になってますが、NYは暴落してます。現在のパラメは、デルタロング、ガンマショートです。保険のプットバックがあるのですが、これが効いてくれるかどうかはわかりません。保険が効くように祈りたいです。