管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで 2007年04月
 イートレードが値下げするとのニュースがありました。ご存知の方も多いと思いますが記事にしてみます。

 私は、現在松井証券で取引していますが、デルタニュートラル戦略とそれ以外の戦略を分ける為と先物デイトレ用の2つの目的で取引口座をもうひとつ作ろうと思っていました。
 先日、オリックスとGMOの口座開設申し込みを行い、GMOは開設済み、オリックスは開設手続き中なのですが、その2つは松井に代わる口座としては証拠金計算がいまいちだったりして不満がありました。そんなところにこのニュースがあり期待は大きいです。これで、第2口座はほぼイートレードに決まりです。イートレードの現状の先物・OP取引は、画面がブラウザベースで使い勝手が良くないことや、注文・約定のスピードが遅いといわれていることなどがあり不満があります。しかし、今後は期待できます。できれば、先物・OPもハイパーイートレードで取引できるようになることを期待します。そうなれば、きっと使い勝手が向上すると思います。
 それと、イートレード値下げをきっかけに、証券会社間の値下げ競争を期待したいですね。先物は大分競争が激しくなっていて、手数料が安くなっていますが、OPはほとんど競争がない状態だったので、この値下げ競争は大歓迎です。
 まだ、イートレイドに口座を持っていない方は、この機会に作っておくとよいかもしれません。ということで、下にアフェリエイトを置いておきます。
────────────────────────────────────
SBIイー・トレード、国内株以外も手数料下げ、先物取引など8品目。2007/04/30, 日本経済新聞 朝刊, 3ページ,  , 442文字

 SBIイー・トレード証券は五月十四日から、先物取引や中国株など八品目の売買手数料を引き下げる。国内株では業界最低水準の手数料を維持してきたが、国内株以外でも手数料を下げて優位性をアピールする。インターネット専業証券の手数料競争の範囲が一段と広がりそうだ。
 先物では売買が急増している「ミニ日経225先物」の手数料を、取引単位である一枚に対し現在の二百十円から半額の百五円に、「日経225オプション」は売買代金の〇・七三五%を〇・二一%に引き下げる。中国株も売買代金の〇・五二五%から〇・四〇九五%にする。一般信用取引の金利は五月十四日―六月十五日の期間限定で三・三%を三%に、外国為替保証金取引は同じ期間で手数料をゼロにする。
 国内株以外の手数料もネット証券の中で最低水準になるとみており、値下げをテコに顧客層と収益を広げてきた戦略を一層強化する。株式業務への依存度が高いネット証券各社は収益多様化を急いでいるが、値下げ競争が他の商品にも波及すれば収益にも影響を与える可能性がある。



スポンサーサイト
現在、デルタニュートラルの実験中です。
高IVのOTMプットを売り、低IVのOTMコールを買って、先物でデルタヘッジを行いデルタを0にして、利益を得ようという戦略です。

この戦略のもとになっている考え方は下記記事です。
オプションは買うべき?それとも売るべき?
上記記事によれば、ファーOTMプットを売り、デルタニュートラルを保てば、利益になる確率が高いです。しかし、OTMプット売りは、いくらデルタニュートラルに保っていたとしても暴落があればとても危険な戦略です。それを回避する方法として、この戦略ではOTMコール買いを行うことによりヘッジをしています。

■現在のポジションとそれを6月SQまで保有した時の予想損益
※プレミアムは2/27の清算値を使用。損益計算はカブドットコムのオプションシミュレータを使い、原資産17400で計算

●現在のポジションとリスク指標
 現在のポジションは、下記表の1をご参照ください。表に書き忘れていますが、デルタヘッジ用の先物は、3.5枚の売建です。
 リスク指標は下記です(これは、松井証券の計算を利用)
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200706   0.01     0.120    5.18     10.27
 現在のポジションでの証拠金は、2,273,070円です。

●オプションシミュレータを利用し、現時点でIVが変化した際のプレミアム
 下記表の2をご参照ください

●フューチャーボラティリティ毎の損益計算
 下記表の3をご参照ください
 (この計算は、銘柄毎のIVが一定と仮定した場合の計算となっています)
 フューチャーボラティリティの期待値は17%なので、それをもとにするとこのポジションを6月SQまで保有すれば、1,023,000円の利益を得られる計算になります。

 計算


■現在のポジションの損益曲線
 下記につけてみました。
 損益分析


■この戦略の欠点
①暴落に弱い
 上記、損益曲線を見てもわかりますが、原資産が大きく下落した時に損益が悪化します。
 理由のひとつは、コール買いでガンマをプラスにしてガンマリスクをヘッジしているのですが、原資産が下落するとコール買いの影響が薄れ、プット売りの影響が強くなり、ガンマがマイナスに変化してしまうことがあげられます。
 もうひとつの理由は、損益曲線に現れないのですが、大暴落時には、OTMプットのIVが急上昇します。プット売りをしているのでその分の損失も加算されてしまいます。

②じり高に弱い
 相場が安定し、ゆっくりと上昇する場合、一般的にコール側OTMのIVが低下します。その分、コールOTM買いのプレミアムが減少し、損益が悪化します。

③原資産に変動がなくても、毎日デルタヘッジが必要
 ?、と思うかもしれません。この実験ポジションは、ファーOTMプット売りとファーOTMコール買いです。ファーOTMなので、原資産に変動がない場合、タイムディケイの影響を受けプレミアムが低下します。同時にデルタも減少します。現在のポジションでは、先物3.5枚売りのデルタヘッジですが、これが、毎日0.2程度プラス側に傾いていきます。
 私の場合、このことを考慮して、大引け直前にデルタを+0.2になるようにデルタを調整しています。(こうしておけば、原資産に変動がない場合翌朝のデルタはだいたい0になっています。

④ざらば中のデルタコントロールも難しい
 ざらば中に、デルタ0になっていると仮定します。現在のポジションはガンマがプラスです。この場合、原資産がどっちらに動いても値洗いが良くなり、利益になるハズです。ところが、原資産が上昇すれば、値洗いが悪化するのです。
 先物が売りポジションなので、原資産が上昇すれば、先物はリニアに反応し値洗いがマイナスになります。それに対してオプションはファーOTMなので、原資産の変動に連動しないのです。したがって、リスク指標通りの動きをすれば、原資産上昇で利益になるのですが、実際の動きは損失になっています。
 また、それに加えて、原資産が上昇した場合に、コールOTMのIVが下がる傾向があるようです。したがって、原資産が上昇しても、コールOTMのプレミアムの上昇が遅く、値洗いが良くならないのだと考えています。
 上記を考慮すると、現在のポジションでは、デルタを+0.4程度にしておけば、値洗いの体感値から考えるデルタニュートラルになっているといえそうです。
 デルタニュートラル戦略なので、本当にデルタ0としておくのか、上記を考えて、デルタをややプラスにしておくのか、どっちが良いか難しいです。現時点での答えは出ていません。

⑤計算通りの損益がでない(と思う)
 原資産が変動ない場合、SQが近づくにつれてプットOTMのIVが上昇し、コールITMのIVは低下します。つまり、私の実験的ポジションに対して不利に働きます。

⑥証拠金の増減が激しい
 これは、もう少し様子を見てみます。実験を始めて、2週間経っていないですが、その間にも結構ポジションを変更しました。その影響もあり証拠金が激しく増減しています。証拠金増減の感覚をうまくつかんでおきたいです。

■今後の戦略

●売りと買いの比率の調整
 原資産が下落すれば、現在の実験的ポジションは、プット売りの色彩が強くなり、原資産が上昇すれば、コール買いの色彩が強くなります。これを原資産の上下に合わせて居心地が良い比率に変更をしていきます。
 居心地の良い比率は、
 ・ガンマがプラスであること
 ・プット売りの比率を下げすぎないこと
  (セータが0あたりが良いかなと思っています)
と考えています。

 ※この比率の調整も、この戦略に不利に働きやすいです。
  原資産が上昇し、IVが低下している時に売りを行い、
  逆に原資産が低下し、IVが上昇している時に買いを行うことになります。

●仕込みと利益確定
 IVが低下した場合は、コール買いを仕込むかプット売りの返済買いで利確をします。IVが上昇した場合は、プット売りを仕込むかコール買いの返済売りで利確をします。

 ※う~ん、上記の「売りと買いの比率の調整」と矛盾する行動になる可能性が
  高いですね。この戦略は難しいです。あまり、頻繁な売買をしない方が、
  良さそうです。余分な手数料やスリッページコストが発生しそうです。

●ざら場中のデルタ調整
 このポジションは、ボラティリティが高いほど、利益があがります。ということで、ざらば中の天井と底をうまくとらえ、積極的なデルタヘッジを行っていきます。
 上の方の、「この戦略の欠点」にも書きましたが、完全なデルタニュートラルに保つのが良いか、多少デルタをプラスに振っておくのが良いか難しいところです。今後のことを考えるとできるだけシンプルな戦略が望ましいです。ということで、できるだけ完全なデルタニュートラルを保つように心がけてみようと思います。

■結論のようなもの
 まだ実験中ですが、この戦略は思った以上に難しいです。
 売りと買いの比率調整、と、仕込みと利確、に矛盾がある戦略で、どうすればよいのか頭をかかえています。今後、試行錯誤してみようと思います。
 デルタの調整も難しいです。これも試行錯誤ですね。
今月は新たな試みを始めました。
IVが高いOTMプットを売り、IVが低いOTMコールを買い、先物でデルタヘッジをして、デルタニュートラルで利益を狙う戦略です。
4月17日にポジションを組みかえましたが、4/18日以降は、約13万円の損失となっています。今のところ良い成果が出せていない状況です。始めたばっかりなので、この戦略で利益が出せるか、実験を続ける予定です。

           TOTAL評価損益  月間評価損益
───────────────────────────
2007年04月末  +4,585,989円  +1,013,464円
2007年03月末  +3,572,525円  -1,716,327円
2007年02月末  +5,288,852円  +1,475,031円
2007年01月末  +3,813,821円   -577,749円
2006年12月末  +4,391,570円  +2,816,048円
2006年11月末  +1,575,522円  +1,575,522円
2006年11月27日開始(資金100万円)
───────────────────────────
★ざら場の記録
 下の方にあるリンク [2007XXXXの記録]の続きを読む、をご覧ください

■本日の日経225 17400.41(-28.76)

■本日の評価損益
 -120,852円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,585,989円

■本日の売買記録
 以下を決済売
   0705限C-180 買建 3枚(@175) →決済売(@ 35)
   0705限C-180 買建 2枚(@170) →決済売(@ 30)
 以下を新規買
   0706限ミニ先 買建 2枚(@17395)
 以下を新規売
   0706限P-160 売建 2枚(@ 65)
   0706限P-160 売建 6枚(@ 60)
   0706限P-160 売建 3枚(@ 55)
   0706限P-160 売建 4枚(@ 50)

■現在のポジション
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0705限C-180 買建 3枚(@175) ←決済
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65) ←決済

   0706限P-155 売建 5枚(@ 55)
   0706限P-160 売建 2枚(@ 65) ←新規
   0706限P-160 売建 6枚(@ 60) ←新規
   0706限P-160 売建 3枚(@ 55) ←新規
   0706限P-160 売建 4枚(@ 50) ←新規
   0706限C-185 買建 3枚(@105)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 90)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 75)
   0706限C-185 買建 3枚(@ 70)
   0706限C-185 買建 3枚(@ 60)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 55)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 50)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 45)

   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限先物 売建 1枚(@17300)
   0706限先物 売建 1枚(@17380)
   0706限ミニ先 買建 3枚(@17400)
   0706限ミニ先 買建 2枚(@17395) ←新規

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   0.19     -0.080   -17.19    11.25
  200706   0.01     0.120    5.18     10.27
  合計     0.20     0.040    -12.01    21.52

  必要証拠金額 4,022,910円
  
 証拠金が大幅に増えています。昨日はデルタヘッジに失敗したことの理由もあり、5P160がデルタヘッジされた形になっていましたが、今日はそのデルタヘッジが外れました。また、コール買いを減らしてプット買いを増やしたことも理由と考えられます。
 しかし、1日で証拠金がこんなに増減するとは、その管理が難しいです。今日現在の証拠金の額は、もはや実験的ポジションではないレベルになりました。今後の増減には特に注意が必要になってきます。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 さて、連日のように弱い日経平均ですが、今日も、NY株堅調とは対照的に弱さを感じさせる動きの一日でした。来週はGW、その次の週はSQです。まだ、軟調な日々が続きそうです。毎日のように書いていますが、押し目があれば、コール買いのチャンスだと思っています。慎重に狙っていきたいと思います。
 実験中のデルタニュートラルの方は、昨日の予告通り、コール買いを減らしプット売りを増やしました。ほぼ、バランスの良い比率になったと思います。しばらくは、このポジションで続けてみようと思います。
 ざら場の記録にも書きましたが、このポジションは、リスク指標のデルタの管理が難しいです。たとえば、デルタがプラスになっていて、その時に先物が上昇していっても、値洗いは悪化していきます。理由は、
 ・ファーOTMは、原資産の価格変動に鈍感である。
  (先物は売りポジになっているので、原資産が上昇すれば、先物の値洗いは悪化し、
   オプションは価格変動に鈍感なので値が変わらない。なのでデルタと値洗いが
   反対の動きをしているように見える)
 ・原資産が上昇すると、コール側IVは下がり、プット側IVは上がる。つまり、
  このポジションにとっては、原資産上昇は値洗いに不利に働いてしまう。
あたりだと考えています。おそらくデルタをややプラスにしておくと、原資産の上下に対して、値洗いの上下が連動する形になるのだと思います。この辺の管理は本当に難しいです。どうすればよいのかは、この手法を試しながら考えていこうと思います。
★ざら場の記録
 下の方にあるリンク [2007XXXXの記録]の続きを読む、をご覧ください

■本日の日経225 17429.17(+193.01)

■本日の評価損益
 +286,425円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,706,841円

■本日の売買記録
 以下を新規買
   0706限ミニ先 買建 4枚(@17400)
 以下を新規売
   0706限先物 売建 1枚(@17380)
 以下を決済売
   0706限ミニ先 買建 2枚(@17480) →決済売(@17470)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17480) →決済売(@17520)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17340) →決済売(@17520)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17400) →決済売(@17465)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17370) →決済売(@17465)

■現在のポジション
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65)

   0706限P-155 売建 5枚(@ 55)
   0706限C-185 買建 3枚(@105)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 90)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 75)
   0706限C-185 買建 3枚(@ 70)
   0706限C-185 買建 3枚(@ 60)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 55)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 50)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 45)

   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限先物 売建 1枚(@17300)
   0706限先物 売建 1枚(@17380) ←新規
   0706限ミニ先 買建 3枚(@17400) ←本日売買を繰り返した結果の最終残

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   0.96     0.090    3.42     5.81
  200706   -1.24     0.368   188.77    -31.85
  合計     -0.28     0.458   192.19    -26.04

  必要証拠金額 1,282,150円
  
 証拠金が大幅に減りました。原資産が上昇し、ポジションの中で買いの比率が高まったことと、5P160の20枚の売りがネイキッド売りでなくなたことが理由と思われます※

※ざら場の記録にも書いているのですが、本日の最終のデルタヘッジを発注ミスで失敗してしまいました。5P160はネイキッド売りとして保有しておきたかったのですが、デルタヘッジのミスで、ヘッジされた形になってしまいました。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 日経225は、NYダウの史上最高値更新につられて、高くなりました。しかし、まだ自律反発という域には達していないようです。まだしばらく軟調な展開が続きそうな気がします。
 ということで、コール買いチャンスとなる押し目をまっています。NYダウが13000を超えたので、こういう風に待っている間に、日経225が急伸ということもあり得ます。判断が難しいところです。

 実験中デルタニュートラルですが、本日はデルタヘッジに失敗し、デルタニュートラルでなくなってしまいました(悲)
 このポジションは、
  ①OTMプット売り+デルタヘッジ
  ②OTMコール買い+デルタヘッジ
に分解されますが、現在は②の要素が強くなっています。
 利益の源泉は①で、②はリスクヘッジが目的なのですが、②の要素が強いということは、リスクがないのにリスクヘッジばかりをしているという状態です。
 この実験ポジションを始めて今時点の損益はほぼ±0となっています。ということで、②はノーコストでリスクヘッジを行う手段として機能していることが検証できていると考えます。
 利益を出すためには、①の比率を増やしていく必要があります。IVが低下している今は、売りを増やすのは気がひけるのですが、利益の源泉なしでは儲けになりません。ということで、明日はプット売りの比率を高めていきます。コール買いの一部を手仕舞い、IVが20%を超えている6P160を積極的に売っていこうと考えています。
★ざら場の記録
 下の方にあるリンク [2007XXXXの記録]の続きを読む、をご覧ください

■本日の日経225 17236.16(-215.61)

■本日の評価損益
 -273,508円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,420,416円

■本日の売買記録
 以下を新規買
   0706限C-185 買建 3枚(@ 60)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 55)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 50)
   0706限C-185 買建 2枚(@ 45)

■現在のポジション
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65)

   0706限P-155 売建 5枚(@ 55)
   0706限C-185 買建 3枚(@105)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 90)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 75)
   0706限C-185 買建 3枚(@ 70)
   0706限C-185 買建 3枚(@ 60) ←新規
   0706限C-185 買建 2枚(@ 55) ←新規
   0706限C-185 買建 2枚(@ 50) ←新規
   0706限C-185 買建 2枚(@ 45) ←新規

   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限先物 売建 1枚(@17300)
   0706限ミニ先 買建 3枚(@17480)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17370) 
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17340) 

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   1.40     -0.122   -49.41    40.03
  200706   -0.55     0.265   128.97    -19.52
  合計     0.85     0.143    79.56    20.51

  必要証拠金額 2,864,560円
  
 証拠金が増えています。5P160の20枚の売りがネイキッド売りになった影響なのでしょうか。証拠金管理も楽ではありません。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 NYダウの好調とは対照的に日経平均が弱いですね。決算発表待ちと連休前で需給が悪化していることが原因と考えます。中期的上昇トレンドは崩れていないと考えているので、コール買いのチャンスと思っています。ただ、ここのところ需給が悪いので、押し目と思って買ったとたんにもうひと押しがありそうで怖いです。日経225が17000を割って、小動きになれば確実に買って良いタイミングだと思うのですが、そこまでは下げないような気がします。相場とにらめっこしながら、買いのタイミングをはかっていきたいと考えています。

 さて、実験中のデルタニュートラルですが、引け値のブレもあり大幅にマイナスになりました。それを除いても、若干のマイナスと考えられます。簡単にはいかないようです。
 現時点での問題点
 ・昨日も書きましたが、ファーOTMのプレミアムが原資産の上下にほとんど
  反応しません。デルタの計算から、ファーOTMを除外するようにしました。
  (これにより、ファーOTMプットの大量売りはネイキッド売り扱いです。
   ポジションのリスクが高まっていることの注意が必要と感じています。)
 ・この実験中のデルタニュートラルですが、OTMコール買い中心のポジションでは
  理論的優位がありませんが、IVが低いことを理由に買いを増やしたので、
  結果的にそうなってしまいました。
  IVが高いOTMプットの売りを増やさないと利益がとれません。
  参考記事
   ・オプションは買うべき?それとも売るべき?
   ・デルタニュートラル戦略、想定ポジションと予想利益
 ということで、今後の戦略ですが、プット売りの比率を徐々にあげていきたいと思います。(とはいっても、IVが低い今、買いを入れるのは気がひけます) 明日あたりにIVが上昇してくれればよいのですが…(そんなんに都合がよくいくとは思っていません。300円クラスの大幅下落があれば、IVがあがるかもしれませんが、そうなれば、ファーOTMが大量にあるため、証拠金が苦しくなるような気がしています。)
 この実験中の戦略は、想像以上にポジション管理が難しそうです。とはいうものの、始めたばかりなので、しばらくはこれで頑張ってみます。
★ざら場の記録
 下の方にあるリンク [2007XXXXの記録]の続きを読む、をご覧ください

■本日の日経225 17451.77 (-3.60)

■本日の評価損益
 -122,019円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,693,924円

■本日の売買記録
 以下を決済売
   0705限C-185 買建 10枚(@ 45) →決済売(@ 5)
 以下を新規買
   0706限C-185 買建 1枚(@ 75)
   0706限C-185 買建 3枚(@ 70)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17370)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17340)

■現在のポジション
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65)
   0705限C-185 買建10枚(@ 45) ←決済
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0706限C-185 買建 3枚(@105)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 90)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 75) ←新規
   0706限C-185 買建 3枚(@ 70) ←新規
   0706限P-155 売建 5枚(@ 55)
   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限先物 売建 1枚(@17300)
   0706限ミニ先 買建 3枚(@17480)
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17370) ←新規
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17340) ←新規

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   1.27     0.074    -4.31    12.37
  200706   -1.13     0.158    76.99   -10.83
  合計     0.14     0.232    72.68    1.54

  必要証拠金額 1,601,344円

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 昨夜のNY株は下がりました。そして、日本株も前場はその流れを引き継ぎ安く始まったのですが、後場は前日終値付近まで値を戻しました。底堅さを感じる動きだといえるでしょう。とはいっても上値を追う展開ではなく、まだしばらくは様子見だと思います。

 昨日も書きましたが、もう一段下げるようだと絶好のコール買い場になると考えています。あせらずにチャンスを待ちたいと思っています。

 現在、実験中のデルタニュートラル戦略ですが、その難しさを感じた日となりました。リスク指標のデルタと実際の相場の動きが異なっているのです。デルタニュートラルにもかかわらず、原資産上昇で値洗いが悪化、原資産下落で値洗い上昇、という感じです。つまり、デルタがマイナスの動きです。体感のデルタは-1近い感じでした。
 これは、ファーOTMの05P160、05C185が、原資産の上下に反応しなくなっていることに原因があると思われます。ということで、05C185買建は、プレミアムがなくなってしまう前にと思い、本日決済売りをしました。また、05P160売建はネイキッド売りと考えて、明日よりその分のデルタは無視することにします。つまり、デルタニュートラルに保つ際にその分のデルタ(約+0.62)は、全体のデルタから差し引いて計算をすることにしました。このことにより、もし大暴落があった場合のリスクが増えることになりますが、5月SQ時に16500を大きく下回る可能性はかなり低いと考えているので、それで良しということにします。
 今日の評価損益は、ポジションの割には大きな損失になりました。理由は次の2点にあると考えます。
 ・コール側OTMのIVの低下(05C180:-1.3%、05C185:-0.4%、06C185:-0.3%)
  が、結構きついです。
 ・上記にも書きましたが、数値上はデルタニュートラルであっても、体感するデルタは、
  マイナスの値でした。今日の後場からの原資産上昇で値洗い悪化になりました。
  (このことがあったので、ファーOTMが原資産と連動しないことに気がつきました。)
IVはほぼ最低水準にまで、下がりきったと思います。まだ、多少評価損がでるかもしれませんが、それほど大きなものではないと思います。また、デルタの問題については、上記に書いたように明日から対策を打ちます。
 明日の戦略ですが、IVが低下している今は絶好の買いのチャンスです。デルタヘッジでデルタをプラスに傾ける際は、先物を使わず、6C185買いを使っていこうと考えています。その他の銘柄については現状を維持する予定です。
★ざら場の記録
 下の方にあるリンク [2007XXXXの記録]の続きを読む、をご覧ください

■本日の日経225 17455.37(+2.75)

■本日の評価損益
 +61,320円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,815,942円

■本日の売買記録
 以下を決済買
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17385) →決済買(@17650)
 以下を新規買
   0706限ミニ先 買建 1枚(@17480)
 以下を日掛り
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17655) →決済買(@17630)
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17620) →決済買(@17570)
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17655) →決済買(@17570)
   0706限ミニ先 売建 3枚(@17620) →決済買(@17545)

■現在のポジション
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65)
   0705限C-185 買建10枚(@ 45)
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0706限C-185 買建 3枚(@105)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 90) 
   0706限P-155 売建 5枚(@ 55)
   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限先物 売建 1枚(@17300)
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17385) ←決済
   0706限ミニ先 買建 3枚(@17480) ←新規

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   1.84     0.223    34.82    -6.75
  200706   -1.79    0.058    24.59    -2.15
  合計     0.05     0.281    59.41    -8.90

  必要証拠金額 1,569,412円

  今日は、最終のデルタ調整がうまくいき、ほぼ0となりました。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 世界の株は堅調ですが、なぜだか日本株だけは軟調な日々が続いています。今日のように前日のNY株が堅調な日ですら、寄付きこそ高く始まったものの大引けではほぼ前日終値とかわらない水準まで下がっています。出来高も少ないようで、需給がよくないです。決算発表待ちということですが、しばらくは、一進一退の相場が続くのでしょうか?
 日経225は中期的な上昇過程にあるとの私の考えに変更はありません。下値の目途は、25日移動平均線17425.78円、一目均衡表の雲の上17416.65円、雲の下17196.90円あたりだと思います。明日、明後日ともう一段下げるようだと、IVの低下している今は絶好のコール買い場になると考えています。6C175か6C180買いあたりを狙ってみたいところです。あるいは、コールOTMのカレンダーも狙い目だと思っています。デルタニュートラル実験中ですが、状況をみつつ、買いを入れてみようと思います。
 実験中のデルタニュートラルは、しばらくこのままでデルタヘッジだけを続ける予定です。ただ、5月限のOTMコール、OTMプットともにプレミアムがはげて来ています。もう少しはげてきたあたりで、決済をして別の銘柄に乗り換えることも考えたいと思います。
★ざら場の記録
 下の方にあるリンク [2007XXXXの記録]の続きを読む、をご覧ください

■本日の日経225 17452.62 (+80.65)

■本日の評価損益
 +24,047円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,754,622円

■本日の売買記録
 以下を決済買
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17570) →決済買(@17500)
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17625) →決済買(@17460)
   0706限ミニ先 売建 3枚(@17385) →決済買(@17460)
   0706限P-155 売建 5枚(@ 55) →決済買(@ 45)
 以下を新規買
   0706限C-185 買建 3枚(@105)
   0706限C-185 買建 1枚(@ 90)

■現在のポジション
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65)
   0705限C-185 買建10枚(@ 45)
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0706限C-185 買建 3枚(@105) ←新規
   0706限C-185 買建 1枚(@ 90) ←新規 
   0706限P-155 売建 5枚(@ 55) ←10枚中5枚を決済
   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限先物 売建 1枚(@17300)
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17625) ←決済
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17570) ←決済
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17385) ←4枚中3枚を決済


■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   1.94     0.173    12.86    8.41
  200706   -2.18     0.056    20.71   -0.63
  合計     -0.24     0.229    33.57    7.78

  必要証拠金額 1,728,248円

 デルタですが、本日大引け時点では、+0.25だったのですが、大証の清算値段反映後は、マイナスになっています。明日の日経先物が今日の終値と同じ価格で始まると仮定した場合、今日終値時点のデルタから始まるのか、大証清算値段反映後のデルタで始まるのか、どっちなんでしょう。それがわからなければ、デルタニュートラルを保つのは困難です。困ったものです。これも、この方法を試しながら、身につけていくものなんでしょうか?
 6P155を返済買いして、6C185を新規買いしたことにより、必要証拠金が大幅に減りました。試験運用を行う規模としては、適正になったと思います。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今日の日経225&先物は小高く始まったあとはほとんど動きなしでした。日経225の出来高も少なく、エネルギーが感じられません。決算発表待ちという話です。もうひと押しあれば、絶好の買い場になりそうだと考えています。
 さて、今後の戦略ですが、しばらく今のポジションのままデルタニュートラルを保ってみようと思います。ロングガンマになっているので、相場が大きく動いてほしいところです。 
■本日の日経225 17371.97(-295.36)

■本日の評価損益
 -86,398円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,730,575円

■本日の売買記録
 以下を決済買
   0706限ミニ先 売建 4枚(@17630) →決済買(@17525)
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17570) →決済買(@17525)
 以下を新規売
   0706限ミニ先 売建 4枚(@17385)
   0706限先物 売建 1枚(@17300)
   0706限P-155 売建10枚(@ 55)
 以下を新規買
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65)

■現在のポジション
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@ 65) ←新規
   0705限C-185 買建10枚(@ 45)
   0705限P-160 売建20枚(@ 15) 
   0706限P-155 売建10枚(@ 55) ←新規
   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限先物 売建 1枚(@17300) ←新規
   0706限ミニ先 売建 4枚(@17630) ←決済
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17625)
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17570) ←2枚中1枚を決済
   0706限ミニ先 売建 4枚(@17385) ←新規

 今日は大幅に日経225が下落したためIVが上昇、ここはチャンスと思い6P155を売りました。(が、売ったタイミングでは、実はIVは昨日とほとんど同じ、引けにかけてIVが増加、それに伴い値洗いも悪化しました。失敗です。急落時は、期近のIVがまず上昇し、その後期先が上昇する傾向があるようです。今後は注意しようと思います。)
 また、6P155売りで、ガンマがショートになったので、補正のために5P180の買いを追加しました。

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   2.67     0.100    -6.99    19.07
  200706   -2.92    -0.100    -93.71    20.84
  合計     -0.25     0.000    -100.70   39.91

  必要証拠金額 3,098,330円

 5P155の売り建てを追加したことと、日経225が大幅に下がったことが理由だと思いますが、証拠金の額が急増しました。今後の証拠金の額には注意が必要です(黄色信号です) また、6P155を売ったことにより、リスク指標が変化しています。ガンマは見掛け上0ですが、日経225の下落に伴いマイナス値が増加していきます。またベガがマイナスになりました。デルタおよびガンマともにニュートラルですが、大暴落に弱いポジションになっています。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 なかなか相場が安定しません。今日もちょっとした悪材料(円安、中国株の下落)で、大きく相場が下落しました。また、案の定というか、こういう下落の日は、クレディスイスが先物を大きく売っています(7097枚)。また、ひと波乱があるのでしょうか?今現在のCME、SGXの日経先物は17300を割っています。まだひと押しありそうです。神経質な展開が想定されます。
 今後の戦略です。今日、こういう相場状況の中で、6P155を売ったのは失敗だったかなと思っています。
 とりあえず、明日の朝寄りで、6P155 5枚返済買い&6C185 3枚新規買いの成り行き注文を入れました。(今日の終値付近で寄り付けば、デルタはほぼ変わらない比率です。また、この対応でベガはプラスになります。大暴落に弱いポジションには変わりませんが、大分緩和されるハズです。)
 また、今後しばらくは、デルタヘッジで、デルタをプラス側に補正する場合は、6月限のなかでIVが低い6C185を買うことを考えます。(これにより、デルタ補正に加えて、ガンマとベガをプラスに補正することができます。暴落に弱いポジションを補強することができます)
 
困りました。
毎日ブログにアップしています通算評価損益ですが、どうもずれている気がしてきました。
誰か助けてください。きっとわかる方がこのブログを見てくださっているという期待をしてこの記事を書いています。どうかお助けください。

何がしたいかということですが、私の松井証券の口座の資産残高を計算したいのです。

下記画面は、松井証券のネットストックハイスピードの「先物OP証拠金余力」です。
証拠金余力

ヘルプのURLものせてみます。左側にある余力情報をクリック→先物OP証拠金余力をクリック、で画面のヘルプになります。
http://www.matsui.co.jp/help/nshs/



本日終値時点の資産の残高の計算ですが、次の計算でできると考えています。

①オプションの価値の総額 + ②松井証券の口座の現金残高

それで、まず①の計算ですが、現在の私のポジションと本日終値を下記に記述します。
   0705限C-180 買建 3枚(@125)
   0705限C-185 買建10枚(@ 35)
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
で、①を計算すると
   (3枚×@125 + 10枚×@35 - 20枚×@15) ×1000 = 425,000円
となります。

②は、画面の「受入証拠金総額」=4,391,973円 だと思います。
※証拠金はすべて現金で預けていて、株式の代用は行っていません。

とすると、今日の終値時点での資産の残高は、
①+② = 425,000円 + 4,391,973円 = 4,816,973円
となります。

上記の計算で、本日終値時点の資産の残高の計算ができると思っています。でも、自信がありません。誰かお助けください。私の計算はあっていますか?
■本日の日経225 17667.33(+139.88)

■本日の評価損益
 +97,950円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,816,973円
※過去のどこかで計算ミスがあり、本日発覚しました。その金額246,800円。本日の通算評価損益=昨日の通算評価損益+本日の評価損益+計算ミス分加算、で補正しています。

■本日の売買記録
 以下を決済買
   0706限ミニ先 売建 3枚(@17720) →決済買(@17585)
 以下を新規売
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17625)

■現在のポジション
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-185 買建10枚(@ 45)
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0706限先物 売建 2枚(@17730)
   0706限ミニ先 売建 3枚(@17720) ←決済
   0706限ミニ先 売建 4枚(@17630)
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17625) ←新規
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17570)

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705   2.68     0.306    61.87    -8.86
  200706   -2.80     0.000    0.00     0.00
  合計     -0.12     0.306    61.87    -8.86

  必要証拠金額 572,420円

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 相場観ですが、中期的には上昇の予想に変更なしです。しばらくもたつくかもしれませんが、17500を下回れば買いだと思っています。ただ、急激な上昇は期待できないかもしれないので、コール買いだとタイムディケイに負けるかも。17500を下回った場合、タイムディケイに負けないようにC180でカレンダーを組みたいところです。(デルタニュートラル実験中ですが、別の口座で建ててみようかな。)
 そのデルタニュートラル戦略ですが、今日はデルタ調整しかしていないのにリスク指標と証拠金が大きく変化しました。ガンマが0.160→0.306、ベガが20.92→61.87、セータが5.72→-8.86、証拠金が1,266,230円→572,420円、です。多分日経225が上昇した為にポジションに占めるコール買いの影響が強くなりプット売りの影が薄くなったのだと思います。先物が前日比+50円でそれほど大きな変化でないのにこんなにも変わってしまうとは…。1日でこんなに変わってしまうとなると今後のポジション調整は結構難しいものになるかもしれません。とりあえず、ガンマが大きくなっているので、プット売りを追加したいと考えています。明日、IVが上昇すればよいのですが、そんなに都合よくはいかないような気がします。どうしたものか…。
■本日の日経225 17527.45(-100.85)
 激しい値動きでしたね。朝時点では、CME日経先物が17885円で、昨日大証終値比 +235円でした。今日は17900越えもあるかと思っていましたが、先物の高値は朝寄り直後の17810円、ざら場の安値は17470円、そして終値は17610円でした。相場のヨミは難しいことをあらためて実感しました。

■本日の評価損益
 +177,974円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,472,223円

■本日の売買記録
 以下を決済売
   0705限C-175 買建 3枚(@250) →決済売(@470)
   0705限C-175 買建 1枚(@250) →決済売(@440)
   0705限C-180 買建 2枚(@155) →決済売(@180)
 以下を決済買
   0705限C-185 売建 3枚(@ 60) →決済買(@ 50)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35) →決済買(@ 10)
 以下を新規買
   0705限C-185 買建10枚(@ 45)
 以下を新規売
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0706限先物  売建 2枚(@17730)
   0706限ミニ先 売建 3枚(@17720)
   0706限ミニ先 売建 4枚(@17630)
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17570)
 以下を日掛り
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17720) →決済買(@17555)
   0706限ミニ先 売建 1枚(@17630) →決済買(@17555)

■現在のポジション
   0705限C-175 買建 4枚(@250) ←決済
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155) ←決済
   0705限C-185 売建 3枚(@ 60) ←決済
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35) ←決済
   0705限C-185 買建10枚(@ 45)
   0705限P-160 売建20枚(@ 15)
   0706限先物  売建 2枚(@17730)
   0706限ミニ先 売建 3枚(@17720)
   0706限ミニ先 売建 4枚(@17630)
   0706限ミニ先 売建 2枚(@17570)

 昨日の予告通り、ポジションを大幅に入れ替えて、デルタニュートラル戦略に変更しました。本日の激しい価格変動の中でポジションを組んだので、執行ロスが結構ありました。反省です。手際よく注文をしていかないと、その間にも相場が動いているので損失が膨らんでいきます。今後はうまくやっていきたいです。

■リスク指標など
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705  2.76    0.160   20.92    5.72
  200706  -2.90    0.000   0.00    0.00
  合計    -0.14    0.160   20.92   5.72

  必要証拠金額 1,266,230円

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今後の相場ですが、全くわかりませんね。中期的には上昇トレンドだと思うのですが、NY株高、円安、CME日経先物高の好材料にもかかわらず、本日は下げました。
 こんな日は、クレディスイスが先物を売っているのではと思い、売買手口をみたら、やはり4176枚の売りでした。私にはその売買目的が理解できませんが、クレディスイスが売りを始めたら、相場は軟調になりやすいようです。この辺の相関関係を調べておけば、今後のトレードに役立てそうです。
 さて、私の戦略は、今日よりデルタニュートラルで、高いIVを売り、低いIVを買う戦略に転換しました。しばらく、このやり方を運用してみてどういう成果がでるかを検証してみます。今日時点のポジションはロングガンマになっているので、もう少しプット売りを増やしても良いと思っています。IVが高い日を狙って実行しようと考えています。デルタが少しマイナスになっていますが、意味はありません。今日の15:08頃には、ほぼ0だったんです。で、大引け後にみるとマイナスになっていました。おそらく、5P160のプレミアムが大引けで上がったことによりデルタが変化したのではないかと考えてみます。こういうことがあると完全にデルタニュートラルを保つのはなかなか困難になります。こういったことも今後の運用の中で、突然にデルタが変化する理由やその傾向をつかんでいきたいと考えてます。
明日より、ポジションを大きく組み替え、デルタニュートラル戦略でしばらくやっていこうと思います。
先日の記事(オプションは買うべき?それとも売るべき?)に基づく戦略です。
安いボラティリティを買い、高いボラティリティを売り、デルタニュートラルのポジションを構築します。デルタニュートラルを保つことによりインプライドボラティリティとフューチャーボラティリティの差が損益になるはずです。

以下、数値はカブドットコムを使用。ギリシャ文字計算はドリームバイザーのオプションモデルを使用しました。
●銘柄のピックアップ
 まず、高いIVは売りですが、その対象銘柄のピックアップです。プット側で、ファーOTMになるほどIVは高くなりますが、10円未満の低プレミアムを選んでも仕方ないので、ある程度の価格(本日終値20円、IV22.48%)がついている、5P160を売ることにします。
 そして、低いIVは買いですが、IVが一番低い5C180を選択します(本日終値125円、IV14.40%)

●売りと買いの比率
 以下を考慮します。
 ・現在は、IVが比較的低い時期であること→売りは少なめにする
 ・万が一大暴落があった場合のリスクを低くする→ガンマロングにする
 上記を考慮して
   5C180買い:5P160売り = 1:5
とすることにします。
 そして、デルタヘッジですが、デルタを0にするためにだいたいミニ先5枚売りとなります。
 上記より明日、建てようとするポジションの1セットは、
   5C180買い:1枚、5P160売り:5枚、ミニ先売り:5枚
となります。
 その時のリスク指標は、
  デルタ0.03 ガンマ0.005 ベガ-6.25 セータ5.05
となります。
 また1セットあたりの証拠金は、354,300です。

●期待利益計算
 まず、5P160の売りです。下表は原資産価格17700の時の、ボラテリティ、その時の理論価格、現在IV22%として5月SQまでデルタヘッジを続けた場合のフューチャーボラティリティ毎の損益になっています。
 ボラ(%) 理論価格 損益
    10    0    15
    12    0    15
    14    1    14
    16    2    13
    18    4    11
    20    8    7
    22    15    0
    24    24    -9
    26    33    -18
    28    46    -31
    30    61    -46

 同様に、5C180買いを計算します。現在IV14%として損益計算しています。
 ボラ(%) 理論価格 損益
    10    73    -65
    12    103    -35
    14    138    0
    16    173    35
    18    205    67
    20    241    103
    22    276    138
    24    312    174
    26    348    210
    28    385    247
    30    421    283

 1セット(5C180買い:5P160売り=1:5)あたりの利益は上記2つの表から計算できます。下記表はフューチャーボラティリティ毎の損益です。
 ボラ(%) 損益
    10    10
    12    40
    14    70
    16    100
    18    122
    20    138
    22    138
    24    129
    26    120
    28    92
    30    53
 最大利益は、フューチャーボラティリティが20%強の時に、1セットあたり14万円弱の計算です。売買手数料、デルタヘッジの手数料はかなり適当な計算で5000円未満と思います。
 買建の金額-売建の金額+証拠金+手数料が約40万です。このポジションを5月SQまで維持すれば、最大で13万強の利益が期待できます。そして、損失になる可能性は、極端にボラが高くなるか低くなるかのどちらかの場合なので、リスクは小さそうです。
※おいしすぎる話です。計算ミスはないのだろうか?落とし穴なないのだろうか?不安です。でも、実際に運用すれば、落とし穴などは見えてくると思います。

●運用規模について
 明日より、5セットで運用を開始してみようと思います。運用資金約200万は大体適切な規模と考えます。(今日現在、全体資金は約500万なので、将来の証拠金増加リスクを考えても大丈夫だと思います)
 また、現在たまたま都合良く5C180買建を5枚保有しているので、その意味でも丁度良いです。

●最後にひとこと
 机上シミュレーションでは、かなり良い成績が出せました。あとは実際に運用してみるのみです。気がつかない落とし穴があるかもしれない不安はありますが、成果が楽しみです。
■本日の日経225 17628.30(+264.35)

■本日の評価損益
 +769,160円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,294,249円

■本日の売買記録
 以下を決済売
   0705限C-175 買建 1枚(@250) →決済売(@400) 

■現在のポジション
   0705限C-175 買建 4枚(@250) ←5枚中1枚を決済
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155)
   0705限C-185 売建 3枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705  3.38    0.354   112.07   -34.78
  合計    3.38    0.354   112.07   -34.78

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今日は大きく上げました。先週末のNY株式市場の好調、G7での円安容認などが理由のようです。今日のアジア株も堅調です。このままいけば、今晩のNY市場は堅調、明日の日経225も高く始まると思います。
 さて、私の今後の戦略ですが、デルタニュートラル戦略を試してみることにしました。先日の記事(オプションは買うべき?それとも売るべき?)に基づく戦略です。高いIVのプットOTMを売り、ガンマヘッジで低いIVのコールOTMを買い、先物売りでデルタをニュートラルにします。フューチャーボラティリティとインプライドボラティリティの差のさや取り戦略です。
 明日は、寄り付きあたりで現在のポジションを整理し、その後、5C180買い(IV=14.3)、5P160売り(IV=22.0)、先物売りのポジションを構築する予定です。ポジションのサイズは、この後考えてみます。
新規に先物・オプション口座を開設します。
手数料が安いところを探すと、オリックス証券、GMOインターネット証券があったので、この2つの口座を開設しようと思い、申込を行いました。

利用目的は今のところ次のような感じです。
・先日の記事(オプションは買うべき?それとも売るべき?)でデルタニュートラルの戦略について書きましたが、それを試してみたくなりました。今までやっているような取引とデルタニュートラル戦略を同一口座でやると、非常にややこしいことになるので、口座を分けて試したいと思います。
・松井の画面が使いづらいので、手数料が安い別の証券会社で良いところがあれば乗り換えたいと考えています。
・先物のデイトレをやってみたいと思います。まずはミニ1枚から練習してみようと思います。

この証券会社を使っている方がいらっしゃいましたら、その評価などをコメントしていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。




■本日の日経225 17363.95(-176.47)

■本日の評価損益
 -610,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,525,089円

■本日の売買記録
 売買なし
 
■現在のポジション
 変更なし、左側参照
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705  2.93    0.398   136.59   -37.40
  合計    2.93    0.398   136.59   -37.40


■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今日は大きく下げました。理由はなにでしょうか? NY市場は堅調です。SQは多分波乱なく通過しました。下げる理由がわかりません。以下考えてみます。
 ①週末のG7の様子をみて動きたいので、買いを手控えている
 ②為替が多少円高に振れている
 ③今後、本格化していく決算発表を待って、買いを手控えている
 ④先物市場での投機的な動き
  (昨日、クレディスイスは5947枚の売り、今日は4919枚の売り)
NY市場が堅調だっただけに、①~③の要因でここまで下げることはあまり考えられないと思います。すると、④が原因なのでしょうか。
 今日、日経225は大きく下げたことで、一目均衡表の雲を下抜きました。17400を保っていれば、上昇基調継続との話がありましたが、上昇基調が崩れた可能性があります。作戦変更を視野に入れる必要が出てきました。
 さて、今後の戦略です。まだ決めかねています。ただ、昨日まで考えていた案は、上昇基調を前提とした案でした。なので下落を想定した戦略も考える必要がでてきたと思います。週明けの月曜日の様子を見て判断したいと思います。昨日デルタニュートラルに関する記事を書きましたが、(オプションは買うべき?それとも売るべき?)、この戦略を試してみたくもあります。週末~来週月曜日にかけて、いろいろ検討して判断をしたいと思います。
ボラティリティの観点で、オプション買いが有利なのかオプション売りが優位なのかを検討してみました。

先に結論だけ書くと、
「ファーOTMのプットを売るのが、賢いトレーダーのやり方です。」
となります。

え~ぇ、そんな~ぁ、それって一番危険でやっちゃいけない典型例じゃ~ん。という感じなんですが、データを冷静にみるとそういうことなんです。

続きは、
[オプションは買うべき?それとも売るべき?]の続きを読む
のリンクをクリックしてください。
■本日の日経225 17540.42(-129.65)

■本日の評価損益
 -675,147円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,135,089円

■本日の売買記録
 以下を決済買い
   0704限C-180 売建 2枚(@ 65) →決済買(@ 3)
   0704限C-180 売建 3枚(@ 45) →決済買(@ 3)
 
■現在のポジション
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65) ←決済買い
   0704限C-180 売建 2枚(@ 45) ←決済買い
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155)
   0705限C-185 売建 3枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)

 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200705  3.60    0.363   136.39   -37.68
  合計    3.60    0.363   136.39   -37.68

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今日は、大きく下げました。NY市況が軟調だったうえに、SQ前日の投機的な動きが重なったと考えます。今日の先物の値動きを見ていると明日のSQは17500を下回って決着しそうな気がします。どうなるでしょうか。
 今日は下げましたが、中期的な上昇トレンドに変化はないと思います。SQ通過後の値動きを見ればある程度想像できると思います。その点で明日の値動きは注目です。
 さて、私の今後の戦略ですが、まだ未定です。昨日いくつかの候補をあげていますが、SQ通過後の値動きを見て週末に考えてみたいと思います。明日も相場が低迷するようならば、C180でカレンダーをたてて、しばらくは様子をみる、という手が有力になりそうです。
■本日の日経225 17670.07(+5.38)

■本日の評価損益
 +160,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,810,236円

日経225がほとんど動かない割には、評価益が増えています。なぜだかわかりませんが、買建の5C175、5C180のIVがあがり、その銘柄のプレミアムが上がりました。その他の銘柄のIVも軒並みあがっています。通常は、今日のように値動きがない日はIVは低下する傾向にあるのですが不思議な現象です。SQ前の異変なのでしょうか?

■本日の売買記録
 売買なし
 
■現在のポジション
 変更なし、左側参照
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.35   -0.306   -8.80   37.16
  200705  4.05    0.307   132.54  -38.73
  合計    3.70   0.001   123.74  -1.57

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 株価がこう着状態になりました。日本だけでなく世界的な傾向の模様です。上昇トレンド継続中だとは思っているのですが、株価を上昇させるだけの好材料がないということでしょうか。あるいは、SQやG7を控え、様子見の状態ということでしょうか?
 明日はいよいよSQ前日です。4C180売-5C180買のカレンダースプレッドを解消予定です。4C180だけを決済するのか、それとも、5C180も合わせて決済するのかはまだ決めかねています。明日の相場の動きを見ながら考えようと思います。明日、大幅に日経225が上昇して17900ぐらいになれば、躊躇なく両方を決済するのですがどうなるでしょうか?
 SQ後の戦略をそろそろ考える時期にきているのですが、決めかねています。来週頭頃には仕込みをしたいと考えているのですが…。次のような戦略を検討中です。
・5C175買いを決済し、6C180買へ乗り換える
・5C180売-6C180買、か、5C185売-6C185買のカレンダーを建てる
・5P165買-6P165売のリバースカレンダーを建てる
・プット側でレシオ(6P170か6P165を起点に1:0:-4の売り多めのレシオ)で小銭稼ぎをする
本命は、6C180買いで、買いコストを下げるために、5Cか6CのファーOTMをタイミングを見て売っていく戦略です。しかし、日経225が18000を超えた場合上値が重くなり、買い戦略だとタイムディケイにやられてしまいそうなことを懸念しています。
■本日の日経225 17664.69(-79.07)

■本日の評価損益
 -225,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,650,236円

■本日の売買記録
 売買なし
 
■現在のポジション
 変更なし、左側参照
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.59   -0.356   -15.73   45.46
  200705  4.04    0.321   135.22   -36.23
  合計    3.45   -0.035   119.49    9.23

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 昨夜の米国株式市場は予想より軟調でした。米雇用統計が良かっただけに、米国株は大幅高になるのではと期待したのですが、期待はずれでした。日本株ですが、昨夜の米国株が思ったほど強くなかったことを受けて、今日は軟調になりました。明日以降はどうなるでしょうか?基本的に上昇トレンドに入っていると考えますが、SQを控えて明日明後日は様子見ムードが強いかもしれません。
 さて、今後の戦略ですが、昨日から変更なしです。希望は相場が上昇して、5C175買を高値で決済売りしたいところです。
■本日の日経225 17731.05(+246.27)

 本日は先週末の米雇用統計が良かったことを受けて大幅高になりました。おかげで、今日は大幅に評価益がUP↑。嬉しいです。にっこり

■本日の評価損益
 +853,761円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,875,236円

■本日の売買記録
 以下を決済売
   0705限C-175 買建 1枚(@240) →決済売(@450)
 以下を決済買い
   0705限C-185 売建 2枚(@ 60) →決済買(@ 70)

 5C175買の決済売りは予定していたものです。残り5枚ありますが、プレミアムが50円上がる毎に順次決済していく予定です。
 5C185売は、5C175買とペアで考えていました。(5月SQが18500を超える可能性が多少あると思っていたからです) 5C175より5C185の枚数が多くなるのはまずいのと、明日の相場もギャップアップの可能性があることを想定して、事前に一部を決済することにしました。
 
■現在のポジション
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65)
   0704限C-180 売建 2枚(@ 45)
   0705限C-175 買建 1枚(@240) ←決済
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155)
   0705限C-185 売建 3枚(@ 60) ←5枚中2枚を決済
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -1.08   -0.461   -27.16   58.39
  200705  4.27    0.290   127.37   -33.32
  合計    3.19   -0.171   100.2    25.07

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 2月末から3月にかけての世界同時株安の大きな原因は、米国経済の先行きの不安が発端になったと言われています。先週末に米雇用統計が発表され市場予想より良かったことにより、為替はドル高に振れ、日本の株式市場も大幅高となりました。今度は世界同時株高になるのでしょうか?その鍵は、今晩のNY株式市場になると思います。
 さて、今後の戦略です。相場が上昇トレンドを明確にしたと想定して次の戦略をとって行きます。まずは、残りが5枚になった5C175買ですが、予定通りプレミアムが50円UPする毎に決済売をしていきます。その際は、あわせて5C185売の決済も検討します。4C180売-5C180買のカレンダースプレッドですが、SQを目前にして相場が良い方向に動きだしてくれました。日経225が18000になった時点で決済の予定です。18000に到達しなくても、SQ前日に決済をします。
 相場が下げた場合ですが、暴落にならない限り、今週中は現在のポジションを維持する予定です。4C180のプレミアムがはげて5円以下になれば決済の予定です。
新PCのセットアップが大分終わり、もう少しでとりあえず使える状態にまでなりました。明日からは新PCでトレード予定です。
(昨日接続トラブルがあり、たくみさんに助けていただきなんとかここまでこぎつけました。大感謝です。たくみさん、ありがとうございました。)

ちょっとうれしいので、新PCの紹介します。
最大の特徴は、24インチの大画面(1920x1200(WUXGA))、にしたことです。まずは、下記写真をご覧ください。
新PC

比較のために新旧PCを並べてみました。
右側はもともとのノートPCです。たぶん14インチです。画面表示は、HYPER E*TRADEです。
左側は、新PCのモニタです。画面表示は、左上に、トレイダーズの板情報、左下に、自作EXCEL(RSSを使ってオプション価格とIVのをリアルタイムで監視する為のものです)、右上に、HYPER E*TRADE(ノートPCに表示させているのと同じ画面)、右下に、マーケットスピードを表示しています。
モニタが大きくなり、画面に表示できる情報量が3倍以上になりました。

その他のスペックものせてみます(多少余裕をもった構成にしました)
基本構成:DELL Dimension 9200C テレビ鑑賞パッケージ
OS :Windows Vista Home Premium
CPU:インテル Viiv テクノロジー Core 2 Duo プロセッサーE6300
    (そこそこ性能の良いCPUらしいです)
メモリ:2GBへ増強
HDD:320GB
ビデオコントローラー:ATI RADEON X1300 Pro 256MB DDR(DVI/TV-Out付)というやつを増強

旧PCは、ソフトを大量に立ち上げると動作が遅くなりイライラしていましたので、新PC導入でストレスなく取引ができそうです。
今日、待ちにまった新PCが配送されてきました。
24インチの大モニタを付けたもので、今までのノートから比べると、性能UP&画面サイズUPで格段に使いやすくなるハズです。なんですが…

早速、接続したのですが、OS起動の途中で止まってしまい、うまく立ち上がらないのです。
エラー画面

マニュアルを見ると筐体を開けて接続を確認しろとあり、開けるだけ開けてみたのですが、素人には何をどのように確認すればよいか全くわかりません。
きっと簡単なミスだとは思うのですが、行き詰まってしまいました。

ということで、神頼みでこのブログにUPしてみます。もしわかる方がいらっしゃれば、助けてください。

ちなみに、関連しそうな情報としては、
ハード:Dell、Dimension9200C
OS:Windows Vista Home Premium
ビデオコントローラー:ATI RADEON X1300 Pro 256MB DDR(DVI/TV-Out付)

今日明日でうまく解決しない場合は、月曜にサポートセンターに電話してみる予定です。単純な接続ミスなどが原因で、ハード交換のように大変なことにならなければ良いと願っているところです。
■本日の日経225 17484.78(-6.64)
 
■本日の評価損益
 -30,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,021,475円

■本日の売買記録
 売買なし
 
■現在のポジション
 変更なし、左側参照
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.22   -0.156   -11.08   9.65
  200705  3.70    0.346   151.19   -33.51
  合計    3.48    0.190   140.11   -23.86

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今日の日経225は、小動きでした。上げるにしても下げるにしても、材料不足の様相です。今晩はNY市場も休みです。来週月曜日も似たような展開が続くのでしょうか? ここいらでスカッと急上昇、を願いたいものです。
 さて、今後の戦略です。来週は、SQです。基本的には現ポジションをHOLDなんですが、そろそろSQをにらんだ対策を考えたいと思います。
 まず、4C180売-5C180買のカレンダーです。日経225が低迷すれば4C180のプレミアムが急激にはげることが想定されます。4C180が5円程度になれば、決済買いをしたいと思います。すると片側の5C180が残りままになるのですが、日経225が17400を下回らずに推移すれば、来週いっぱいぐらいはHOLDしたいと考えています。
 その他は、日経225に大幅変動がなければ、基本的にはHOLD予定です。5C175買玉は、SQを超えれば当月限となり、タイムディケイの影響が大きくなってくるので、どこかで決済するのが良いです。来週日経225が大きく上昇して、18000に近づけば心置きなく利確ができるのですが、なかなかうまくいかないでしょう。上昇がなければ、来週いっぱいぐらいはHOLDで我慢の予定です。
■本日の日経225 17491.42(-52.67 )
 
■本日の評価損益
 -195,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,051,475円

■本日の売買記録
 売買なし
 
■現在のポジション
 変更なし、左側参照
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.54   -0.232   -23.91   23.16
  200705  3.73    0.319   149.57   -33.60
  合計    3.19    0.087   125.66   -10.44

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 何を書こうかな。ネタが少ない…
 昨日、大幅上昇をして17000~17500のBOX圏相場を抜け出したかに見えた日経225ですが、本日は反落。やはりBOX圏相場は続くのか? 米国株をはじめ、世界の株価は安定してきたように見えます。不安定だった為替も安定の兆しです。私としては、BOX圏を抜け出し高値を目指して欲しいのですが、どうでしょうか。あまり好材料がなさそうです。あるとすれば、為替安定&円安、そして、米国株高あたりでしょうか。外国頼みの相場のような気がします。
 来週はSQです。最近の傾向だとSQ前は軟調になっています。ここのところ出来高が少ないので、仕掛的な先物の売買があれば、株価は乱高下しやすい状況といえそうです。そろそろ注意が必要な時期になったと思います。
 さて、今後の戦略です。といっても、何かするわけではなくしばらく現ポジションをHOLDの予定です。株価下落で17000を目指しそうな展開になれば、コール買玉を全決済。株価上昇で17600を超えていくようだと、5C175を少しずつ決済して利確していきます。
 来週あたり、SQ前の波乱で株価が急上昇すれば良いのになぁ。そんな風に考えているのは私だけでしょうか?
■本日の日経225 17544.09(+300.04)

すぅっご~ぉぃ上げ幅ですにっこり
おかげさまで、今日は、利益が大分のりました。3月の大損も取り返しつつあります。この調子でどんどん上げて欲しいものです。
 
■本日の評価損益
 +984,160円
■通算評価損益(from20061127)
 +4,246,475円

■本日の売買記録
 以下を決済売
   0705限C-175 買建 1枚(@240) →決済売(@400)
 
■現在のポジション
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65)
   0704限C-180 売建 2枚(@ 45)
   0705限C-175 買建 1枚(@240) ←2枚中1枚を決済売り
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155)
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.77   -0.274   -32.65   28.76
  200705  3.77    0.273   135.76   -30.60
  合計    3.00    -0.001   103.11   -1.84

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今日の大幅な上げで、日経225は3/26の終値での直近高値17521.96を抜きました。ここから上値の目標株価は2/26ざらばの高値18300.39になります。下値の目処は、今週月曜の安値17000だと考えています。
 しかし、今週月曜の大幅な下げはなんだったんでしょうね。昨日、今日の2日間で、500円以上の大幅な上昇になりました。米国経済の不安が解消されていたということでしょうか?為替はまだ不安定だと思うので、まだ株価が乱高下する可能性が充分にあると思います。
 今後の戦略ですが、まずは、5C175を徐々に売っていきたいと思います。400円、450円、500円、…、と50円刻みで指値を入れています。今日は早速400円が約定しました。(まさか、今日約定するとは思っていませんでした) また、明日も大幅に値を上げるようならば、5C190の売りを入れたいと考えています。明日、下げた場合は、特になにもしない予定です。明日、明後日と連続で下げるようならば、5C185売りの買い戻しを検討します。
■本日の日経225 17244.05(+215.64)

 昨日は、あまりの下げに熱がでました。(熱がでたのはホントです。38.5℃まであがりました) 今日は値を戻して一安心です。熱も下がりました。
 
■本日の評価損益
 +460,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,262,315円

■本日の売買記録
 売買なし
 
■現在のポジション
 変更なし、左側参照
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.22   -0.110   -13.49   10.26
  200705  3.30    0.352   171.33   -36.67
  合計    3.08    0.242   157.84   -26.41

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 昨日は、インド株安が理由だとかで、大きくさげましたが、今日は大分値をもどしました。そして、25日移動平均線、5日移動平均線を越えてきました。上昇相場継続と見ます。本日は、現在のところアジア株の主要指標は全勝です。また、為替も円安に振れて、日経225にはプラスに作用しそうです。米国経済の不安はまだ解消されていませんが、日経225の下値不安は解消されたと考えます。今後、17000~17500のBOX圏相場で動くのか、17500を超えていくのかが注目だと考えています。明日の相場はそういった点でも注目だと考えます。
 さて、私の今後の戦略です。今のところ現在のポジションをホールド予定です。17000を下回るか、17500を超えてくるかどちらかの状況で動き出したいと考えています。
■本日の日経225 17028.41(-259.24)

 ひぇ~ぇ!です。今日は前場だけ確認して、午後からは所要で外出していたのですが…、帰ってきたらびっくりするほどの下げです。何があったのでしょう??

■本日の評価損益
 -770,210円
■通算評価損益(from20061127)
 +2,802,315円

■本日の売買記録
 以下を決済買い
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20) →決済買(@ 2)
 
■現在のポジション
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65)
   0704限C-180 売建 2枚(@ 45)
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20) ←決済
   0705限C-175 買建 2枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155)
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)
 
■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.19   -0.079   -12.22   9.95
  200705  2.62    0.304   156.87   -34.34
  合計   2.43    0.225   144.65   -24.39

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 さて、今日は大きく下げました。私の相場感は、上昇トレンド継続中、なんですが…。需給が悪そうです。17000割れも考えられそうです。先日の大暴落から相場の雰囲気があまりよくないですが、まだ不信感が続いているのかなと思います。
 明日、17000割れをするようだと、コール買建をすべて決済し様子を見ようと思います。そのうえで、更に下げそうであればプット買い、下げ止まりそうであれば、プット売りを考えたいと思います。(今の状況は、IVが上昇しているので、売り戦略が優位です。場合によっては、売りをしたうえで、デルタヘッジをすることも考えます。)