管理者ページ
日経225オプション取引で1億円を稼ぐまで 2007年03月
先日、「ボラティリティ売買ちょい研究 その1」と題した記事を書いています。
前回記事では、検証用データが不足していて網羅的な検証が不十分でした。ACさんより検証用データをいただいたので、検証資料を作成しました。この記事では、効率の良い権利行使価格の選択について網羅的な検証をしています。

続きは、
[ボラティリティ売買ちょい研究 その1 続編]の続きを読む
のリンクをクリックしてください。
[ボラティリティ売買ちょい研究 その1 続編]の続きを読む
スポンサーサイト
今月はオプショントレードを始めて以来、最悪の月になりました。

敗因の主な理由としては、
・2/28の大暴落後の後処理の失敗(撤退の遅れ)…-1,665,420円
・3/9高値決着のSQの際に際してコール売りが権利行使されてしまったことによる損失…-1,526,773円
の2点が上げられます。

いずれも防げたミスだと思っています。リスクとリターンを天秤にかけず、欲を出した為に撤退が遅れてしまいました。

過ぎたことは仕方ないし、良い経験にもなったと思います。
今回の反省を生かしつつ、失敗に懲りずに積極果敢に攻めていきたいと思っています。

           TOTAL評価損益  月間評価損益
───────────────────────────
2007年03月末  +3,572,525円  -1,716,327円
2007年02月末  +5,288,852円  +1,475,031円
2007年01月末  +3,813,821円   -577,749円
2006年12月末  +4,391,570円  +2,816,048円
2006年11月末  +1,575,522円  +1,575,522円
2006年11月27日開始(資金100万円)
───────────────────────────
■本日の日経225 17287.65(+23.71)

■本日の評価損益
 -55,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,572,525円

※なんで評価損益マイナスなの?
 今のポジションのデルタは、プラス3弱です。今日は、日経225が23.17円、日経225先物が40円高となりました。デルタから考えれば、評価益プラス10万円ぐらいになるハズですが…
 セータがマイナス1万円余りになっています。タイムディケイにやられています。それでも評価益がマイナスになる理由にはなりません。
 原因はIVの低下です。昨日時点のベガが13万円程度。本日は私のポジションの銘柄のIVが1近く低下しました。これで10万円あまりの損失になったと思われます。
 冷静に考えれば、リスク指標通りの損益になっています。買い戦略は儲けになるのが難しいといわれています。まさに、その通りの評価損ですね。コール買持ちで、相場上昇にもかかわらず、タイムディケイとIVの低下やられました。買い戦略が利益になり難い典型的なパターンだったと思います。なき

■本日の売買記録
 売買なし

■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.48   -0.184   -31.25   16.72
  200705  3.48    0.316   175.63   -34.97
  合計    3.00    0.132   144.38   -18.25


■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今日は、あまり書くことないです。相変わらず、上値が重い展開が続いています。日経225の相場は為替との相関が高く動いている印象を受けます。基本的には上昇相場だと思うのですが、なかなか薄日がみえてこないですね。
 今後の戦略も昨日から変わらずです。以下昨日のものを転記。
さて、今後の戦略ですが、しばらく静観の予定です。オーバートレード気味なので、5C175の決済売りをしたいところですが、2日連続大幅高ぐらいになってくれないとあまり売る気がしません。また、コールの外側を売ってセータを稼ぎたいのですが…、4C185はもうプレミアムがほとんど剥げてしまいました。5C190も安いです。6月限に手を出すにはまだ早いと思います。ということで、コールの外側を売るにしてもやはり、2日連続大幅高とかにならなければあまり売る気がしません。もし大幅に値を下げるようなら、コール買いか先物買いのデイトレをするぐらいかなと思っています。
■本日の日経225 17263.94(+9.21)

■本日の評価損益
 +185,191円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,627,525円

■本日の売買記録
 以下を決済売り
   0704限C-175 買建 3枚(@165) →決済売(@125)
 以下新規買い&決済売り(結果的にデイトレ)
   0705限C-175 買建 3枚(@265) →決済売(@340)
 以下新規売り
   0704限C-180 売建 2枚(@ 45)

 今朝の米国株安&CME日経先物安をみて、ショックを受けました。昨日デイトレと思って買った4C175とカレンダーの片割れだけになった5C180買建が合計5枚。それなりの損害になっていたハズです。今朝の状況からは、今日の株価上昇は見込めないために、長期戦を覚悟しました。4C175を長期戦で持ちままにするとタイムディケイが堪えます。既にオーバートレード状態だったのですが更に資金投入し、前場の寄りで4C175買を決済売りし、5C175買いへ乗り換えました。朝の時点では期待すらしていなかったのですが、後場より株価は急進。5C175買いに利益がのったので、決済売りをしました。また、昨日未完成だったC180カレンダーも、4C180を売り、完成させました。ラッキーな面がありましたが、今日のトレード結果は満足しています。
 
■現在のポジション
   0704限C-175 買建 3枚(@165) ←決済売り
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65)
   0704限C-180 売建 2枚(@ 45) ←新規
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20)
   0705限C-175 買建 2枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155)
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)

■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.64   -0.209   -41.59   22.74
  200705  3.40    0.279   169.01   -35.15
  合計    2.76    0.070   127.42   -12.41

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 まず、相場感です。本日は下値試しとなりました。今日の様子をみれば、17000割れの可能性は少なそうです。懸念点は、米国株の弱さと為替の不安定ですが、そんな日々が続いています。それがしっかりしないことには、上値も重いと考えます。そろそろ薄日がでてくる頃かとも思いますが、どうでしょうね。
 さて、今後の戦略ですが、しばらく静観の予定です。オーバートレード気味なので、5C175の決済売りをしたいところですが、2日連続大幅高ぐらいになってくれないとあまり売る気がしません。また、コールの外側を売ってセータを稼ぎたいのですが…、4C185はもうプレミアムがほとんど剥げてしまいました。5C190も安いです。6月限に手を出すにはまだ早いと思います。ということで、コールの外側を売るにしてもやはり、2日連続大幅高とかにならなければあまり売る気がしません。もし大幅に値を下げるようなら、コール買いか先物買いのデイトレをするぐらいかなと思っています。
■本日の日経225 17254.73(-110.32)

■本日の評価損益
 -401,691円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,442,334円

■本日の売買記録
 以下新規買い
   0704限C-175 買建 3枚(@165)
   0705限C-180 買建 2枚(@155)
 さえないトレードでした。後場、下げてきたので買い発動したのですが、その後、さらに下げてしまいました。判断が早すぎました。5C180買は、4C180売とあわせてカレンダーにする予定でしたが、片側だけの約定になってしまいました。明日にでも完成させる予定です。4C175はデイトレのつもりでしたが、買いのタイミングが良くなく利がのらなかった為、明日に持ち越すことにしました。
 

■現在のポジション
   0704限C-175 買建 3枚(@165) ←新規
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65)
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20)
   0705限C-175 買建 2枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-180 買建 3枚(@175)
   0705限C-180 買建 2枚(@155) ←新規
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)

■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704   0.57   0.029    6.87    -4.07
  200705   3.36   0.271   168.52    -34.37
  合計     3.93   0.300   175.39   -38.44

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 昨日、私の相場感が少し強気に傾いたと書きましたが、もとに戻します。相場感は、「中期的には強気ですが、短期的にはもみあい」に戻りました。理由としては、昨夜の米国株の弱さ、本日の日本株の弱さです。日経225は、25日移動平均線を下回りました。一目均衡表は、雲の中にあります。しばらくは、弱含みでもみ合うのでしょうか。
 今晩FRB議長証言があるそうです。発言内容が好材料になれば、今晩の米国株堅調&ドル高→明日の日経225堅調の好循環が期待できそうです。
 今後の戦略です。まずは、今日買った04C175の返済と、05C180のカレンダーの完成を優先します。その他の戦略については、様子をみながら考えます。
■本日の日経225 17365.05(-156.91)

■本日の評価損益
 -10,828円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,844,025円

■本日の売買記録
 以下を決済買
   0704限C-175 売建 3枚(@135) →決済買(@260)
 以下を決済売
   0705限C-175 買建 3枚(@240) →決済売(@425)
 以下新規売り
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65)
 以下新規買い
   0705限C-180 買建 3枚(@175)

 C175のカレンダーを解消し、C180のカレンダーを新規に建てました。
 後述しますが、昨夜のNY株式の動きをみて、株価は底堅いと判断しました。前場終了時の日経225は17500を超えていてこのまま株価が上昇を続けた場合、C175のカレンダーは損失になるので後場の寄付あたりで決済することにしました。しかし後場に入って株価は急落、ここは買いのチャンスと判断し、C180を少しだけ新規に建てました。

■現在のポジション
   0704限C-175 売建 3枚(@135) ←決済
   0704限C-180 売建 3枚(@ 65) ←新規
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20)
   0705限C-175 買建 2枚(@240) ←5枚中3枚を決済
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-180 買建 3枚(@175) ←新規
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)

■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -0.80   -0.197    -48.87   25.71
  200705  3.08    0.174    122.04   -26.44
  合計    2.28   -0.023     73.17   -0.73

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 私の相場感が少し強気に傾きました。
 その理由は、昨夜のNY株式市場の動きです。前日終値あたりではじまったのですが、株価は急落。2月末よりあった大暴落が再びあるかのような急落ぶりでした。しかし、その後は株価は持ち直し、じりじりと値をあげ、NYダウは小幅安、NASDAQは小幅高で引けました。勝手な想像ですが、株価が下がれば押し目買いが入っているのでしょう。NY株式市場は底堅いと感じます。
 そのNY市場を受けた日経225の動きですが、今日の動きはちょっと判断に困っています。前場は強い動きだったのですが、後場は権利落ち翌日の特殊要因もあってか弱い動きとなりました。それでも大引けにかけては持ち直し、先物はかなり上昇しています。テクニカル的には、25日移動平均線を維持したものの、一目均衡表は雲の中に入りました。NY市場が堅調であれば、日経225が大崩することはないと思うものの、まだしばらくはもみあう可能性があると思っています。下値の目処は、一目均衡表は雲の下限だと思いますが、雲が上昇カーブになっていますので、下値も限られていそうだと考えています。
 さて、今後の戦略ですが、株価が上昇すれば、4C185あたりを売ろうと思います。株価が下落すれば、C180のカレンダーを追加しようと思います。ただ、資金の余裕が少なくなってきているので、5C175の決済売りも視野にいれておきたいと思っています。
■本日の日経225 17521.96 (+41.35 )

■本日の評価損益
 +9,633円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,854,852円

■本日の売買記録
 以下新規売り
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35)
 先週末から、売ろうと思っていた銘柄です。相場が膠着状態になりそうなので、セータをプラスにすることを目的に売建をしました。

■現在のポジション
   0704限C-175 売建 3枚(@135)
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20)
   0705限C-175 買建 5枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)
   0705限C-190 売建 5枚(@ 35) ←新規

■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -1.91   -0.311    -71.65   31.04
  200705   4.04    0.208    123.96   -22.21
  合計    2.13   -0.103     52.31    8.83

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 先週末のCMEも17,535円と高かったのですが、またも、本日の先物の始値は17450と低くはじまりました。先週金曜日も同じようなパターンでした。また、本日の日経225の約15億株と低水準でした。以上の状況より、相場に勢いがないと感じています。しばらくは相場は膠着状態になりそうだと思っています。
 私の今後の売買ですが、3セットあるカレンダー(4C175売-5C175買)のポジションを解消する方向で考えたいと思います。私の資金力からすれば、全体ポジションが少し大きくなっているので、縮小の動きです。でも、あせる必要はないので、相場状況をみながら、相場が上がれば5C175を決済売、相場が下がれば、4C175を決済買いする動きにしたいと思います。また、その先の戦略としては、4C180売-5C180買のカレンダーを建てようかと考えています。(資金力と相場感を考えて対応するかどうかを検討する予定です)
ボラティティ売買について研究してみました。(検証不十分ではありますが…)

最近、ACさんのボラティリティ売買の手法に興味があります。しかし、ACさんの投資資金は、ン千万円。私のような小資金投資家には真似ができません。小資金で出来る投資方法を考えてみました。

続きは、
[ボラティリティ売買ちょい研究 その1]の続きを読む
のリンクをクリックしてください。
■本日の日経225 17480.61(+61.41)

■本日の評価損益
 +290,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,845,220円

■本日の売買記録
 売買なし
 相場が膠着状態になりそうな予感です。セータをプラスにするために、5C190を売ろうと思い指値を入れていましたが、約定ならず。残念。

■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704 -1.78   -0.296    -74.18    25.84
  200705  4.33    0.282    179.26   -29.93
  合計    2.55   -0.014    105.08    -4.09

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 今朝のCMEは大幅高、終値17,575円、高値はなんと17,650円でした。公示地価の全国平均がプラスに転じたことを好感したのが理由だとニュースかなにかで言っていたと思います。
 しかし、それに反して、日経225は小幅高で終わっています。出来高も少なく、力強さがありません。2/28の大暴落以降、日経225は、海外要因と為替で動いていました。今日の感じをみると海外からは影響されず株価が決まりだしたような気がします。しかしまだ、大暴落の余波が残っていそうです。出来高が少ないのはそういった影響でしょうか?
 ここ数日間で、日経225は大幅に上昇しました。そろそろ一服だと思います。基本的には、上昇相場だと思いますが、短期的には下値固めになる可能性もあります。
 そこで、私の戦略ですが、セータをプラスにしタイムディケイを狙えるようにポジションを多少変更しようと思います。主な狙いどころは5C190の売りです(今日、売建てようとしたんですが、指値が合わず失敗しました。) また、相場が反転し下値を試す展開になれば、逆に強気のポジションに変更しようと思います(売玉を決済し、デルタをプラスに傾けて勝負モードです。ただ、全力勝負は危険なので、5C175も多少決済してポジションを減らすこともあわせて実施しようと思います)
■本日の日経225 17419.20 (+256.00 )
 本日も大幅高です。昨日のFOMC声明文を受け、米国株式は大幅高。日本株もその流れを引き継ぎました。

■本日の評価損益
 +278,373円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,555,220円

■本日の売買記録
 以下を決済買
   0704限C-175 売建 2枚(@135) →決済買(@230)
   0704限C-175 売建 1枚(@135) →決済買(@215)
 以下新規売り
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20)

 日経225が17500に急接近してきました。ITMになりそうな4C175の売玉を外へ逃がす対策を昨日に引き続き実施しています。4C175の売玉は残り3枚です。明日以降も相場状況をみつつ対策を進めて行く予定です。

■現在のポジション
   0704限C-175 売建 3枚(@135) ←6枚中3枚を決済
   0704限C-185 売建 5枚(@ 20) ←新規
   0705限C-175 買建 5枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)

■リスク指標
  限月  デルタ ガンマ[100円当り] ベガ[千円] セータ[千円]
  200704  -1.65   -0.271   -73.68    25.49
  200705   4.06    0.286   178.58   -28.26
  合計    2.41    0.015   104.90    -2.77

※今回より、リスク指標をのせることにしました。自分の相場感にあったポジションになっているかを確かめる為にも、重要なことですよね。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 2/27の中国株安から全世界を駆け巡った世界同時株安ですが、終焉をむかえたようです。真犯人は米国経済の先行き不安であったようですが、昨晩発表されたFOMC声明文を好感して米国株価の先行きは安泰になったようです。日本株が不安定になっていた要因のひとつに上げられる為替も安定してきました。これまで出てきていた悪材料は、ひととおり払拭されたと考えます。
 本日の日経225は、3日連続の大幅上昇となり、急激なピッチで回復しています。はやくも終値で25日移動平均線を越えました。このペースは私が考えていたスピードを大幅に上回るものです。(なので、4C175売玉対策を急遽しなければならなくなってしまったのです)
 私の今後の相場感ですが、ここからは、一進一退を続けながらゆるやかに上昇し、18000を回復すると考えます。その為にはいくつかの条件があると思います。まずは、出来高です。この3日間は日経225が大きく上昇したにもかかわらず、出来高は低調です。下値不安と上値への警戒感がまだあると思います。出来高回復には好材料が必要と考えます。今現在は、悪材料が払拭されましたが、好材料はあまり出てきていません。今後期末に向かって行くにあたり、好調な企業決算の予想などがどんどん出てくると出来高も回復し株価も上向くと思います。
 さて、私の明日以降の戦略は、まずは、4C175の売玉対策です。そとに逃がす対策を行います。また、今後ゆるやかに相場が上昇するとの予測にたち、4C180売-5C180買のカレンダーを建ててみようかと考えています。どの対策を実施するにしてもあせらずにゆっくりと対策をしていきたいと考えています。
最近、ACさんの影響を受け、ボラティリティ売買に興味があります。
オプションの戦略として、どの戦略が優秀なのかは優劣をつけがたいですが、いろいろな戦略を身につけたうえで、相場感にあわせて利用していきたいと思います。

詳細は別途分析し、きちんと比較してみたいと思いますが、各戦略の特徴を簡単に比較してみます。

■各戦略の特徴
●買い戦略
 リスク:中程度
 リターン:特大
 資金:少額

 デルタ:コールなら+、プットなら-
 ガンマ:+
 セータ:-
 ベガ :+

●売り戦略
 リスク:特大
 リターン:中程度
 資金:多額

 デルタ:コールなら-、プットなら+
 ガンマ:-
 セータ:+
 ベガ :-

●ボラティリテリ売買
 リスク:中程度
 リターン:中程度
 資金:多額

 デルタ:0(売り、買い、先物を組み合わせ0に調整する)
 ガンマ:0(売り、買い、先物を組み合わせ0に調整する)
 セータ:ほぼ0
 ベガ :絶対値大(売り、買い、先物を組み合わせ調整する。
          IV上昇予想なら+、IV下落予想なら-)

■私の好み、各戦略の使い分け
 基本的には、買い戦略が好みです。売りは買いのコストを下げる為、そして、買いの弱点であるセータマイナスを緩和する為の手段として併用します。
 しかし、買い戦略が有効に機能しないタイミングが存在します。例えば、
  ・相場の暴落や急騰などで、IVが高くなっている時
  ・相場感を持てない時
などです。
 そんな時は、売り戦略やボラティリティ売買が有効です。特に、ボラティリティ売買は、売り戦略ほどのリスクはないにもかかわらず、それなりの収益をあげる手段として有効に機能すると考えています。
 ということで…、今後ボラティリティ売買を研究ししてみたいと考えています。小資金で有効なポジションの作り方、仕掛け方などの研究です。そして買い戦略や売り戦略と比較してみたいと思います。良い成果がでれば、このブログで記事にしたいと思っています。
■本日の日経225 17163.20 (+153.65)
 本日も大幅高です。ざらばの高値は17267.74。暴落後低迷していた株価が大分値を戻してきました。

■本日の評価損益
 +137,942円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,276,847円

■本日の売買記録
 以下を決済買
   0704限C-175 売建 2枚(@135) →決済買(@160)
   0704限C-175 売建 2枚(@135) →決済買(@180)
 以下新規売り
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60)

 昨日予告していたように、日経225が17200を超えてきたので、4C175の売玉を外へ逃がす対策を開始しました。でも4C175を@180で決済したのはちょっと早まったかな。前場の上昇に勢いがあったので、少し慌ててしまいました。昨日の記事には、「あせらず、ゆっくりと」と書いていたのですが、あせってしまいました。

■現在のポジション
   0704限C-175 売建 6枚(@135) ←10枚中4枚を決済
   0705限C-175 買建 5枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)
   0705限C-185 売建 5枚(@ 60) ←新規

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 昨日は、アジア、欧州、米国と主要な株価指数は全面高、本日も日本株は新興株も含めて上昇、アジア株も現時点はでは多くが上昇しています。2/27に中国株安に端を発し、米国経済の不安や円借取引の巻き戻し不安が原因となった、世界同時株安は落ち着きを取り戻したと考えられます。
 そんな背景や円安に振れたこともあり、本日の日経225は大幅に上昇し、一時的に17200を回復しました。しかし、出来高は18.5億株と低調です。まだ再下落への不安が残っていてる証なのかと思います。
 この不安が残っている間は急激に上昇し、17500回復や18000回復は難しいと思います。しばらくは17000の下値を固めつつ、時間をかけて不安解消がされるのだと思います。なお、再度暴落し16500を底抜ける可能性はかなり減ったと思います。不安要因は為替で、その値動きもかなり激しいですが、1ドル115円以上の円高に振れる可能性は低くなったと考えます。この水準が保たれていれば、日本経済への打撃は軽微と考えています。
 さて、今後の戦略です。4月SQを17500超えで通過する可能性が高くなってきたと考えます。昨日も予告したように、4C175売-5C175買のカレンダースプレッドの解消を開始しました。4C175の売玉を外に逃がす対策です。安全を考えて、4C185、5C185、5C190あたりを売って行く予定です。(5C185は5月SQでITMとなる可能性が多少あると考えているので、買玉の数を超えての売りはしない予定です)。いつものように逆張り売買で、日経225が上昇すれば売り、下落すれば4C175の買戻しをしていく予定です。
■本日の日経225 17009.55(+265.4)
 本日は大幅高です。日経225、日経225先物そろって、17000台を回復しました。

■本日の評価損益
 +100,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,138,905円

■本日の売買記録
 売買なし

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 現状の相場の鍵は、米国経済と米国株、そして為替だと思っています。その思いは先週から変わっていません。
 本日は、週末の米国株安にもかかわらず、日経225は大幅高となり17000台を回復しました。大きな理由としては、円安に振れたことが理由だと思います。
 しかし、日経225の出来高は低水準です。また、新興株はさえない展開でした。まだまだ、本格回復という感じではないと思います。ここ暫くは、米国株価や為替の動向の様子を見ながら一進一退を続けるのではないでしょうか。2月末から世界同時株安の原因になった米国経済への不安感が完全に払拭されるまでには、もう暫くの時間が必要だと考えています。
 ところで、最近注目している外国株ですが、本日のアジアの主要株価指数は、いまのところ全勝です。この調子でいくと、今晩の欧州株、米国株も上昇しそうです。
 そうなると、私のポジションの4C175売建がITMになる可能性が高まってきます。そろそろ対策が必要な時期になってきたかもしれません。明日も日経225が大幅高になり、17200を超えるようだと対策を開始します。
 対策は、4C175売建を外に逃がす方向で考えます。つまり、4C175売建を決済買いし、さらにOTMを売ることを考えます。いま考えている銘柄は、4C185(@15)、5C185(@55)、5C190(@25)あたりです。日経225が上昇すれば、外側のコール売り、下落すれば、4C175決済買いを繰り返しながら、徐々に外側に逃がしていくるもりです。
 上記に対策を開始すると書きましたが、17500あたりまではテクニカル上の節目がたくさんあるので、一気に17500奪回は難しいと考えています。(下記の数値は先週末終値時点) 対策はあせらずにゆっくりと実施していこうと思います。
   25日移動平均  17442
   一目基準線   17415
   一目雲上限   17315
   3/13-3/14窓埋め 17090

トレンド分析図を新しくしました。

前回記事は、
今後の日経225予測-私のトレンド分析 20070310

ラインは、前回と同じです。今回は、日足の図もつけてみました。
図1、図2共通で、
Aのライン:下値支持線
Bのライン:上値抵抗線
です。

●この1週間の振り返り
 この1週間も値動きが激しい週でした。
 3/12のざら場の高値は、17325.45
 3/14には大暴落があり、終値が前日比で-501.95、またこの日のざら場安値は、16628.85
 3/16も1日の価格変動が激しく乱高下し、ざら場の安値は16643.76

 下値を試す日が続いていますが、なんとか支持線のあたりで踏みとどまっています。

●私の今後の相場感
 現在、相場をとりまく環境は非常に悪いです。米国景気軟着陸シナリオへの不安、米国株安、円高ドル安などの悪材料があります。
 日本景気のファンダメンタルズそのものが変化したわけではないと思いますが、日本の株価は外部要因に左右され上下をしている様子です。
 今後の相場の方向ですが、図の指示線はなんとか維持しつつしばらくもみあいを続け、その後再び上昇トレンドに向かうと考えています。
 支持線を突き抜けて、下落トレンドに入る可能性も否定はできないのですが、現在いろいろと上がってきた不安要素に加えて新たな材料が必要と考えています。例えば、極端な例としては、1ドル110円以上の円高や、米国景気の崩壊が現実になることです。

●今後の私の戦略
 現在の私のポジションは、コールのカレンダースプレッドです。
  0704限C-175 売建10枚(@135)
  0705限C-175 買建10枚(平均@245)
 トレンド分析より、日経225が今以上に下落する可能性は少なく上昇する方向と考えているので、現状のポジションをしばらく維持する予定です。下落方向へのトレンド転換が明確になった場合や、現状のもみあいが終わり、上昇トレンドが明確になった場合などは、戦略の変更を検討したいと思います。


図1:週足のトレンド分析図
20070318_1_日経225トレンド分析_週次

図2:日足のトレンド分析図
20070318_1_日経225トレンド分析_日次

先週末のシミュレーションの結果振り返りです。
3/15に一度振り返りをしていますが、この1週間を再度振り返ってみます。

シミュレーション内容は下記参照
http://nikkei225indexoption.blog86.fc2.com/blog-entry-103.html
3/15の振り返り内容は下記参照
http://nikkei225indexoption.blog86.fc2.com/blog-entry-109.html

シミュレーションしたポジションは、IV上昇を狙ったポジションでした。そして、今週たまたま大暴落が起こり、IVが急騰、現在は多少落ち着きました。
この1週間を振り返ってみます。(IVはACさんのブログのものを参照しています)

■シミュレーションで想定した3/9終値のポジション(IV 19.34%)
   04P170 売建 4枚 @375
   05P170 買建 5枚 @495
   04C175 売建 2枚 @220
   05C175 買建 3枚 @345
 ・買建合計金額-売建合計金額=157万円
 ・証拠金…不要
 ・ベガ100,030円
 ・セータ1,870円

■3/14の終値(IV 25.70%)
   04P170 売建 4枚 @735
   05P170 買建 5枚 @855
   04C175 売建 2枚 @130
   05C175 買建 3枚 @230
 ・買建合計金額-売建合計金額=176.5万円

■3/16の終値(IV 23.43%)
   04P170 売建 4枚 @610
   05P170 買建 5枚 @735
   04C175 売建 2枚 @110
   05C175 買建 3枚 @210
 ・買建合計金額-売建合計金額=164.5万円

■利益計算
 ・3/9に建てたポジションを3/14で手仕舞えば、
  利益は、176.5万円-157万円=19.5万円 でした。
 ・仮に手仕舞いせず、今日まで持ち越せば、
  利益は、164.5万円-157万円=7.5万円 に減ってしまいます。
 ・では、3/14大引けでドテンしたらどうだったでしょうか?
   ドテン後のポジション
    04P170 買建 4枚
    05P170 売建 5枚
    04C175 買建 2枚
    05C175 売建 3枚
   証拠金は3/16終値時点で、2,883,464円(SPAN120%)
 利益は、(176.5万円-157万円)+(176.5万円-164.5万円)= 31.5万円 になります。

※ベガが約10万なのですが、IVが大きく変動したほどの利益が出ていません。ベガ通りの利益になっていたとすれば、3/9→3/14で60万以上、3/14→3/16で20万以上の利益になっていたハズです。これは単一銘柄でなく複数銘柄の組み合わせになっている影響と考えられます。

■振り返り
 このシミュレーションのポジションは、日経225の価格変動にはほとんど左右されず、IVの変動で利益を得る作戦でした。期せずしてこの1週間は、大暴落があり急激なIVの上下があった週でした。
 この投資手法を用いることにより、約300万円の投資で10%以上の利益を得たことになりました。
 IVの上下が予想される時は、非常に有効な投資方法といえます。オプション投資としては、リスクの低い投資方法でありながら、リターンはそれなりにあります。
 この手法はちゃんと研究して自分の手法として身につけたいと思います。投資資金がそれなりに必要なので、資金が増えた時に使ってみたいと思います。
■本日の日経225 16744.15 (-116.24)

■本日の評価損益
 -50,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,038,905円

■本日の売買記録
 売買なし

 ポジションがカレンダーのみだと、値動きがあまりなくて面白くないです。今日の前場は大きく下げたので、後場に4C170買いを仕込もうと様子を見ていました。そしたら、日経225は急上昇、残念ながら買うタイミングを逃してしまいました。その後、再度日経225は急反落。4C170買いを260円で指値で注文しました。結局あと10円のところで約定ならず。残念。

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 現状の相場の鍵は、米国経済と米国株、そして為替だと思っています。
 昨日の米国株は、一応プラスとなったもののまだまだ不安定な動きを続けています。一方、為替ですが、円高ドル安に振れました。どちらもなかなか安定しませんね。しばらくはこんな状態が続くのでしょうか。
 本日の日経225も、上記の不安を反映してなのか、変動が激しい相場になりました。前場の急落は、為替が円高に振れたことが引き金だと思いますが、ほんの少しの円高なのに、日経225は、いっきに150円の下落です。相場全般に下値不安があるのだと思います。この低迷からの脱出には時間がかかりそうです。

 さて私の戦略ですが、昨日と変更なしです。以下、昨日より転記


 しばらくは現状のカレンダースプレッドを維持します。カレンダーは、日々の収益変動が少ないですが、地道にさやを稼いでくれると思います。そう期待しています。
 ただ、それだけだと、つまらないんですよね。しばらくは17000前後での小動きになると思いますが、チャンスがあれば何らかの取引をしたいと思っています。明日あたりに再度下落して、それでも底堅いようならば、コール買いのチャンスになるかと思います。また、アジア株全般が軟調ならばプット買いのチャンスになると思います。チャンスがあれば、2~3日以内の短期取引を狙ってみたいと思っています。
■本日の日経225 16860.39 (+183.5)

■本日の評価損益
 +50,000円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,088,905円

■本日の売買記録
 売買なし

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 米国株ですが、昨日の下値試しで、ようやく底固めができたのでしょうか?
 まだ、米国経済の軟着陸シナリオへの不信が完全に拭えたわけではないと思います。安心感が台頭してくるまでは、株価低迷、底値固めといった感じでしょうか。
 為替の不安定傾向も続いています。円借取引の巻き戻しもあるでしょうが、米国経済への弱気な見通しも、ドル安円高の地合いになる理由だと思います。
 日本株は、米国株価と米国経済にかなりの影響を受けています。米国株が復活しなければ日本株も低迷を続けるでしょう。ただ、昨日の米国株と日本株の大暴落を受けて、底値固めはほぼできたと考えられるので、先日の下値よりさらに下落する可能性は和らいだと考えています。
 さて、私の戦略ですが、しばらくは現状のカレンダースプレッドを維持します。カレンダーは、日々の収益変動が少ないですが、地道にさやを稼いでくれると思います。そう期待しています。
 ただ、それだけだと、つまらないんですよね。しばらくは17000前後での小動きになると思いますが、チャンスがあれば何らかの取引をしたいと思っています。明日あたりに再度下落して、それでも底堅いようならば、コール買いのチャンスになるかと思います。また、アジア株全般が軟調ならばプット買いのチャンスになると思います。チャンスがあれば、2~3日以内の短期取引を狙ってみたいと思っています。
先週末のシミュレーションの結果振り返りです。
シミュレーション内容は下記参照
http://nikkei225indexoption.blog86.fc2.com/blog-entry-103.html

シミュレーションのポジションは、暴落や暴騰などでIVが上昇することを狙ったポジションでした。期せずして、昨日大暴落が起き、IVが上昇しました。(IVの上昇は正確に把握できていないのですが、大体2~3程度の上昇だったと思います。

■シミュレーションで想定した3/9終値のポジション
   04P170 売建 4枚 @375
   05P170 買建 5枚 @495
   04C175 売建 2枚 @220
   05C175 買建 3枚 @345
 ・買建合計金額-売建合計金額=157万円
 ・証拠金…不要
 ・ベガ100,030円
 ・セータ1,870円

■3/14の終値
   04P170 売建 4枚 @735
   05P170 買建 5枚 @855
   04C175 売建 2枚 @130
   05C175 買建 3枚 @230
 ・買建合計金額-売建合計金額=176.5万円

■損益は?
 19.5万円の利益

■感想
 作戦大成功です。シミュレーションのポジションはIVの変動で利益を狙うローリスクミドルリターンの戦法でしたが、見事に利益を得ました。オプションならではの戦略だと思います。結構使えるポジションだったと考えます。
 このポジションを組むにはそれなりの資金力が必要になってきます。将来的に資金的な余裕がでてきたら、使ってみたいと思います。
■本日の日経225 16676.89 (-501.95)

またしても、大暴落です。
今回は、米国発です。
小売売上高の不振、サブプライムローンの不安あたりが原因だそうです。
円借取引の巻き返しもあり、円高も進みました。

■本日の評価損益
 -218,789円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,038,905円

■本日の売買記録
 以下を決済売買
   0704限C-170 買建 1枚(@305) →決済売(@305)
   0704限C-185 売建4枚(@35) →決済買(@20)
 以下新規売り
   0704限C-175 売建10枚(@135)
 以下新規買い
   0705限C-175 買建 5枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)

 決済売買は、本日の暴落への対処です。朝の寄付で決済しました。ここのところ、米国株が軟調だったことを理由に、昨日までポジション縮小の動きをとっていたことが幸いしました。損失は少額で収まりました。

 新規でカレンダースプレッド(04C175売-05C175買)を10組建てました。(カレンダーの狙いは後述します) 10組中5組は後場の寄付で、残り5組は後場のざらば中に建てました。後場に入って先物が上がりだしたので、05C175を慌てて買ったのですが、買ったあたり後場の天井でした。もうちょっと我慢していれば良かったと思い残念です。05C175を高値買いしたので、04C175を高く売りたかったのですが、高く売れず、大引け直前に損切りに近い形で約定させました。ざらば中にスプレッドを組むのはなかなか難しいですね。一気に組みたい時は、寄付を狙って組むのが無難だと思いました。

■現在のポジション
   0704限C-170 買建 1枚(@305) →決済売り
   0704限C-185 売建 4枚(@ 35) →決済買い

   0704限C-175 売建10枚(@135)
   0705限C-175 買建 5枚(@240)
   0705限C-175 買建 5枚(@250)

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 本日は、米国発の大暴落により大幅に値を下げました。まずは下値目処ですが、終値で以下が参考になります。
 NYダウ  3/5 12050.41
 NASDAQ  3/5  2340.68
 日経225 3/5 16642.25
昨日のNYダウは:12075.96、NASDAQは:2350.57、本日の日経225は:16676.89、でした。本日は、3/5安値とほぼ同水準まで下げたことになります。更に下げるかどうかは、米国しだいだと思いますが、米国株の雰囲気が悪いので可能性はあると思っています。

 では、どこまで下げるかですが、私は楽観的です。3/5安値を大幅に下回り、今までの上昇基調から下げ基調に変わる可能性は低いと考えています。理由は、
 ・米国経済の軟着陸シナリオが崩れたわけではない
  (現に、米国雇用統計などは、それなりの数値が出ている)
 ・日本経済のファンダメンタルズは良好である。
とはいっても、米国経済への不信感も強いようで、経済指標に一喜一憂しそれが米株価の上下につながっていると思います。日本株も、米国株の上下と円高をにらみつつ、一喜一憂し、株価が上下していると思います。

 今後の日経225ですが、しばらくは、米国株と円高の状況をにらみながら一進一退を繰り返し、17000あたりでのもみ合いが続くのではないかと思います。決算発表の時期になれば、今期は上ぶれが期待されているので、株価は上昇すると考えています。

 上記の相場感より、4C175売-5C175買のカレンダースプレッドの戦略をとることにしました。相場が大きく下落した今日は、それを建てるチャンスと考えました。
 ちなみに現在のポジションを4月SQ前日(4/12)まで、保有した場合は、(IV一定、手数料抜きとして)
   損益範囲 16695円~18368円で利益
   最大利益 17505円で、2,067,829円
   最大損失 1,100,000円
利益になる範囲は、結構広いです。 また、最大損失も限定されているので、安心感も高いです。

 このポジションで3月終盤からの株価上昇局面をじっくりと待ちたいと思います。(ここのところ、戦績が不振続きなので、うまくいけば再浮上のチャンスです。皮算用で、4月SQを17500以下で迎え、それ以降に日経225が18000になれば、約500万円の利益になります。そんなにうまくいくかどうかわかりませんが、じっくりとチャンスを待ちたいと思います)

P.S.
誰か教えてください
カレンダーなのに証拠金が発生しました。少額ですが、その額、271,000円です。
今まで、私の認識では、カレンダーでは証拠金が発生しないと思っていたのですが、なぜ発生したのでしょう? 今週から証拠金のパラメータが変わったからなのでしょうか?
わかる方がいらっしゃいましたら、教えていただければとおもいます。
よろしくお願いします。
またしても、暴落です。
寄付で一旦手仕舞いをしました。

■本日の評価損益(途中経過)
 -110,809円
■通算評価損益(from20061127)(途中経過)
 +3,146,885円

■本日の売買記録(途中経過)
 以下を決済売買
  0704限C-170 買建 1枚(@305) →決済売(@305)
  0704限C-185 売建4枚(@35) →決済買(@20)
  
■現在のポジション (途中経過)
 ノーポジ


●今回の暴落は、米国発です。
小売売上高の不振、サブプライムローンの不安あたりが原因だそうです。
円借取引の巻き返しなのか、円高も進んでいます。

●今の心境
 また、やられてしまいました。
 今回は、ほとんど手仕舞いしていたので、オプションの損失は軽微です。でも、株、中国株、投信でかなりの評価損がでそうです。仕方ないですが、憂鬱です。

●今後の戦略
 しばらく様子を見て、対策を練ります。
 いまのところ、前から予定していたカレンダー(04C175売、05C175買)を仕込もうかと考えています。
 米国株のチャート研究でもしてみようかな。今週末は米国株のSQだそうです(間違っていたらごめんなさい) SQ前の不安をついて、投機筋が仕掛けているのかもしれません。とにかく、米国株がどのあたりで下げ止まりそうなのかをある程度把握していることが、オプションの今後の戦略を練るうえで大切だと思っています。
■本日の日経225 17178.84 (-113.55)

■本日の評価損益
 -81,355円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,257,694円

■本日の売買記録
 以下を決済売買
   0704限C-170 買建 1枚(@305) →決済売(@505)
   0704限C-185 売建 4枚(@35) →決済買(@35)

 4C170は注文ミスです。指値を間違い、注文即決済になりました。4C185は、最近の売買の基本方針(逆張りでの売買)に従った売買です。本日は、日経225が下落したので、コールを買いました。
  
■現在のポジション
   0704限C-170 買建 1枚(@305) →2枚中1枚を決済
   0704限C-185 売建 4枚(@ 35) →8枚中4枚を決済

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 まず、世界の株価状況です。軟調気味だった米国株が持ち直してきました。先日の大暴落から更に下値を探る不安感は大分和らいできたと思います。まだ、安心とはいえないので今週いっぱいぐらいは様子見相場が続くのかなと思います。
 為替市場ですが、再び円高方向へ振れました。こちらの方はまだ安定を取り戻すには時間がかかるかもしれません。
 さて、日経225ですが、本日は軟調な動きとなりました。円高傾向に振れたこと、材料が少なく様子見相場になったことが理由に挙げられています。
 オプションのIVのほうですが、そろそろ下がるかなと思っているのですがなかなか下がりません。先月末からの激しい値動きの記憶がまだ残っているのでしょうか。落ち着きを取り戻すには、もう少しかかりそうです。逆に本日は、IVが多少上がりました。日経225が下がったこと理由なのだと思います。
 私の相場感ですが、現状の不安定な状況が落ち着けば、相場は再び上昇に向かうと思います。これから、配当の権利とり、決算速報・発表、来期業績予想と、株価へ与える材料が出てきます。決算発表では、上方修正の企業が多くなりそうです(円高に振れましたが、1ドル117円程度では大きな打撃にはならないでしょう)。
 上記相場感を踏まえて、日経225が更に下げるか、IVが落ち着いてくれば、デルタをプラスに傾けるポジションにしようと思います。ただ、相場はゆっくりとした上昇になると思うので、カレンダー(4C175売-5C175買、か、4C180売-5C180買)あたりのポジションにしようと現在は思っています。
また、やってしまいました。発注ミス。

04C170の決済売り注文を指値で出したのですが、指値を間違ってしまいました。
505円の安値決済になってしまいました。

先日も売りと買いの注文を逆に出して、失敗したばっかり。

油断があるのかな。注文は注意してださなければ…
自戒を込めて、ブログに記録を残しておきます。
■本日の日経225 17,292.39(+128.35)

■本日の評価損益
 +203,908円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,339,048円

■本日の売買記録
 以下を決済売
   0704限C-170 買建 1枚(@305) →決済売(@520)

 最近の売買の基本方針(逆張りでの売買)に従った売買です。本日は、日経225が上昇したので、コールを売りました。
  
■現在のポジション
   0704限C-170 買建 2枚(@305) →3枚中1枚を決済
   0704限C-185 売建 8枚(@ 35)

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 まずは、世界の株価状況です。先週金曜の世界相場は、アジア軟調、欧州堅調、米国は微妙、といった感じでした。本日のアジア株は堅調で、現時点で主要な指数は全勝です。米国を除き世界の株価は、上昇傾向にありそうです。この状況が続くかの鍵はやはり米国が握っていると思います。
 さて、私の戦略はしばらく様子見を継続です。米国株は落ち着きを取り戻しているものの急な上昇はしばらくなさそうです。そうなれば、今週の日経225は底値固めになりそうです。現在IVは高止まりしていますが、株価が落ち着けば、IVが低下してくると思います。ポジションを積極的なものに変更するのはIVが低下してからと考えています。それまでは、現在のポジションを更に縮小していこうと考えています。
しばらくお休みにしていた売買シミュレーションを復活しました。
本来のルールは、下記URLですが、今週はルールを変えます。
http://nikkei225indexoption.blog86.fc2.com/blog-entry-67.html

今回は、来週を波乱待ちの週と想定したポジションを考えました。波乱をじっくり待つ面白いポジションになったと思います。
(このポジションは、このブログへのACさんのコメントよりヒントを得て考えたものです)
※このポジションが使えそうかどうか、ポジションを組む際に考慮したいことや欠点など、皆さんのご意見をお聞かせいただければと思います。よろしければ、コメントしてください。

続きは、『 [売買シミュレーション_20070225]の続きを読む 』をクリックしてご参照ください。
トレンド分析図を新しくしました。

前回記事は、今後の日経225予測-私のトレンド分析 20070226
前回コメントは、大きくハズレでした。2/28からの予想を超える大暴落になりました。ただ、トレンドラインを見ると、2/26時点で、相場の加熱感が非常に高いところにあったことがわかります。2/26時点では、ニュースなどでアナリストの勢いあるコメントが飛び出していた頃でした。日経225が23000円になるなどの発言があった時期でもあります。トレンドラインが変わってしまうほどのトレンド転換を起こすためには、よほど影響が大きい事件や業績変動などが必要なんだろうと思います。もう少しトレンドラインを信じて、ポジションを縮小するなどの対応を取っていれば、大暴落での損失を減らすことができたと思い、少し悔しい思いをしています。

前回までは、日足でラインを引いていましたが、今回は週足にしました。より長いスパンで見ると、昨年6月以降現在までは、ある一定の幅の中で相場が上下していると言えます。日本経済の足元が好調である現状ではこのトレンドが続くと考えて良いと思います。

図の説明
Aのライン:下値支持線
Bのライン:上値抵抗線

先日の大暴落の際は、上値抵抗線から下値支持線まで1週間で一気に下げました。この時も下値支持線が協力なサポートになったと思います。

今後のトレードの際に売玉を建てる際は、ラインの外側にあるOTMを基本としていくのが良いと思います。

20070310_1_日経225トレンド分析

■本日の日経225 17,164.04(+73.73)
 3月SQ値 17290.65

 なんといってもショックなのは、SQが高値で決定したことです。
 あ~ぁっ、大損してしまいました。泣きマーク
 参照:20070309 波乱のSQ速報 17290.65

■本日の評価損益
 -1,069,808円
■通算評価損益(from20061127)
 +3,135,140円

■本日の売買記録
 以下SQでの決済
   0703限C-170 売建 2枚(@ 95) →権利割当(@290.65)
   0703限C-170 売建 3枚(@100) →権利割当(@290.65)
   0703限C-170 売建 3枚(@105) →権利割当(@290.65)
 以下を決済売
   0704限C-170 買建 3枚(@320) →決済売(@430)
   0704限C-170 買建 2枚(@350) →決済売(@480)

 04C170を決済したのは、以下の2点の理由です。
 ・03C170で損失を出し、230万あまりの現金が必要になりました。
  口座には、100万程度しかなかったので、決済売りで現金化しました。
 ・現在の上昇相場の雲行きが怪しくなったと感じています。(後述)
  ポジションを縮小して、様子見です。
  
■現在のポジション
   0704限C-170 買建 3枚(@305)
   0704限C-185 売建 8枚(@ 35)

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 まず、現在の上昇相場が怪しくなってきていると感じています。
 ①最近、連日のようにウォッチしているアジア株ですが、本日は高安まちまち、
  どちらかというと軟調です。
 ②今日は、好材料が多く、もっと日経225が上昇しても良いのですが、
  思ったほどの上昇がない。
  好材料
  ・昨日の主要な株価指数はすべて上昇、米国株も上昇に転じた。
  ・為替が円安方向に振れている
  ・今朝発表された機械受注統計が上振れした。
  ・SQ通過で、重しがとれた。
 ③コールのIVの低下し始めました。特に、外側の低下が激しくなっています。
  市場評価は、上昇相場が終わりに近づきつつあることを示唆していると感じます。

 上記の相場感により、しばらくは様子見です。相場が動き出したら、その方向へポジションを傾けようと思います。相場が動かなければ、IVが低下したあたりで、なんらかのポジションを持ちたいと思います。どんなポジションにするかは市場の動向を見て決めたいと思います。
が~ん!

3月SQは、高値で決着。
速報値 17290.65 です。

私の以下のポジションが権利行使されてしまいました。
   0703限C-170 売建 2枚(@ 95)
   0703限C-170 売建 3枚(@100)
   0703限C-170 売建 3枚(@105)

損失額(手数料込み)
-1,526,773円

ショックです。

SQ速報でした。
■本日の日経225 17,090.31(+325.69)
 本日の日経225は、17000を超えて大幅高となりました。びっくりです。この展開を事前予想していた人はどれぐらいいるのでしょうか。

■本日の損益
 +479,412円
■通算損益(from20061127)
 +4,204,948円

■本日の売買記録
 以下新規売り
   0704限C-185 売建 8枚(@35)

■現在のポジション
   0703限C-170 売建 2枚(@ 95)
   0703限C-170 売建 3枚(@100)
   0703限C-170 売建 3枚(@105)
   0704限C-170 買建 3枚(@305)
   0704限C-170 買建 3枚(@320)
   0704限C-170 買建 2枚(@350)
   0704限C-185 売建 8枚(@ 35) ←新規

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 まず、最近、毎日注目しているアジア株ですが、本日は現在のところほぼ全勝です。(豪州全普通株指数のみが小幅安になっています。) 昨日の欧州市場も堅調、米国市場は軟調でした。米国の動向が気になりますが、世界同時株安はいったん底をつけたと考えられます。この後、世界市場および日本市場が急反発となるのか、底値あたりで低迷するのか、あるいは再び下落して2段底となるのかは、米国が鍵を握っていそうです。

 さて、本日の日経225ですが、びっくりするほどの上昇でした。まさか、17000を超えてくるとは想像外でした。理由の1つは円安が進んだことです。そしてもう1つ、SQ値で17000円以下を想定していた業者によるデルタヘッジの先物買いが上昇に弾みをつけているとのニュースもありました。(そのニュースを聞いて私も先物買いでリスクヘッジをする手もあったなと後で思いました。覚えておきたい方法ですね。)

 私の明日の希望は、SQが17000以下になり、その後ぐんぐん株価が上昇して17200ぐらいで終値を迎えるというストーリーです。SQが17000以下なら、3C170売建が権利消滅になり丸儲けになるのですが、17000を超えると3C170がITMになり権利行使されてしまいます。今日の株価の上昇をみると、明日のSQが17000以下になるのは難しいかなと思っています。ここは、普段は大嫌いな外人投資家に頑張ってもらって、SQ値を低く押さえて欲しいと希望しています。

 明日の私の戦略は、相場が上昇すれば、4C185の売り増しの予定です。明日のSQを通過すれば、3C170が消滅するので、私のポジションは、4C170買建-4C185売建のデビットスプレッドになります。4C185を更に8枚売れば、1:0:0:-2のレシオになります。

 現在のところの明日以降の戦略は以下の予定です。(もちろんうまくいけばです)
 ・日経225が17500ぐらいになるまでは、4C170買建は、HOLD。
 ・4C185の売り増しを続け、レシオの比率を1:0:0:-6あたりまで増やす。
 ・日経225が17500あたりで、4C170は利確する(徐々に利確していきます)
ここから先は、気が早いですが・・
 ・4C170の売却益で、4C175を買建する。
  4C175買建てと4C185売建てで、レシオとする。比率は1:0:4ぐらいか
 ・4C180売建-5C180買建のカレンダースプレッドを建て、5月限にそなえる。
反面、日経225が17000あたりで低迷するようであれば、来週中には見切りをつけ、4C170の買建は決済売りするつもりです。
■本日の日経225 16,764.62(-79.88)

■本日の損益
 -46,605円
■通算損益(from20061127)
 +3,725,536円

■本日の売買記録
 以下新規売り
   0703限C-170 売建 2枚(@95)
 以下新規買い
   0704限C-170 買建 2枚(@350)
 以下発注ミス、同値撤退(お恥ずかしい限りです)
   0703限C-170 買建 2枚(@95) →決済売(@95)

■現在のポジション
   0703限C-170 売建 2枚(@ 95) ←新規
   0703限C-170 売建 3枚(@100)
   0703限C-170 売建 3枚(@105)
   0704限C-170 買建 3枚(@305)
   0704限C-170 買建 3枚(@320)
   0704限C-170 買建 2枚(@350) ←新規

■現在の私の相場感と今後の戦略について
 世界同時株安がが終わり、反転が明確になってきました。昨日の世界の主要指標はすべて上昇しました。本日のアジア市場も日本を除きすべて上昇しています。円高の進行も一服です。(16:30追記:香港のハンセンとレッドチップが下落に転じています。H株は上昇です。また、ムンバイSENSEX30も下落に転じています)
 日本だけが下げているのは、SQ前の特殊事情なのでしょう。裁定買解消の動きやSQで17000を超えさせない為の投機的な動きがあると思われます。
 これから、来週末ぐらいにかけては、世界同時株高のトレンドになると思います。日本株も明日はSQ前日でまだ不明瞭ですが、明後日からは上昇トレンドになると思います。
 私のポジションですが、4C170買建を8枚持ち、上昇相場への準備完了です。反面、3C170売建8枚を持っているので、SQは17000以下になって欲しいところです。今日の相場の様子を見ているとその可能性が濃厚になっていると思います。
 さて、明日の戦略です。世界の株式相場が反転しているので、米国株も上昇、CME日経先物も高くなり、明日の寄り付きは、高く始まる可能性が高いと考えています。17000あたりで始まれば、4C185の売りを入れようと思います。16枚ぐらい売ろうかなと今のところ考えています。逆に下げるようであれば、更に4C170の仕込みを追加するかもしれません。(購入する場合は後場にアジア株の動向をみながら判断します。アジア株が下げている場合は何もしない予定です)
2/28の大暴落で、大きな痛手を被った方も多いと思います。私もその1人でした。自戒を込めて、やってはいけないことを挙げてみようと思います。

■即死の仕方(資金の全額以上を失う)
①OTMのプレミアムが低いプットを大量に売り込む(ファーOTMの大量売り)
→大暴落があれば、プレミアムが何倍、何十倍にもなってしまう。証拠金が足りなくなるどころではなく、全てを失ってしまう恐れが高い。

■瀕死の重傷の負い方(なんとか資金は残っているが…)
①売りが多いポジションで証拠金ギリギリで勝負する
→相場の大変動で、売建玉が高騰する。場合によってはITMになってしまう。もちろん証拠金も膨れあがるが、追証を入れるなどしては、更に損失を拡大してしまうだけである。仕方がないので損切りをせざるを得ない。そして資金の大半を失ってしまう。

■大怪我の仕方(資金の半分を失う)
①買いが多いポジションで、資金ぎりぎりで勝負する
→相場の大変動で、買建玉のプレミアムが急減してしまう。損切りせざるを得ないが資金は半分程になってしまう。

②相場の流れに逆らったポジションなのに資金限度いっぱいで勝負し、損切りのタイミングが遅れてしまう
→例えば、相場下落局面での、コール買建やプットの売建のポジションの場合である。自分のポジションにこだわるあまり、対処や損切りが遅れ損失が拡大してしまう。

■徐々に弱ってしまう(資金がジリ貧になっていく)
①相場変動がない時に、買い戦略のポジションを持ち続ける
→タイムディケイで資金がジリ貧になっていく。

②相場の見通しが甘く、ITMにならない権利行使価格の買建てをする
→プレミアムがほとんどなくなってから、損切りしても時既に遅しである。

③相場の見通しが甘く、ITMになってしまう権利行使価格の売建をする
→プレミアムが高騰してから、損切りしても時既に遅しである


※今回は、初版の前の暫定版です。自戒の為にと思って書いてみたのですが、いまいち面白くない記事になってしまいました。皆様の知識や経験から私の記述から漏れていることなどをコメントしていただければと思います。そして、その内容を記事に反映して使えるタブー集にしたいと思っています。是非是非、ご協力お願いします。